HOME > ジャンル > 泳がせの釣り方の基本とコツ(飲ませ釣り)

ジャンル

泳がせの釣り方の基本とコツ(飲ませ釣り)

泳がせの釣り方の基本とコツ(飲ませ釣り)

泳がせ釣りはルアーフィッシングのように難しいテクニックが必要ないためコツさえ掴めば初心者でも始めやすい釣りです。また、魚の引きに負けないタックルであればどんなロッドやリールでも釣りをすることが可能です。

今回は初心者でも簡単に始められる泳がせ釣りの釣り方の基本ともっと釣果を上げやすくなるためのコツをいくつかご紹介していきます。

ちなみに関西方面を中心に一部の地域では泳がせ釣りのことを飲ませ釣りと言うこともありますが意味は同じです。

泳がせの釣り方の基本

生き餌をつける

生き餌をつける

泳がせ釣りはまず生き餌をつける所から始まります。詳しいつけ方やつけ方のコツは「生き餌のつけ方(泳がせ釣り)」に記載させていただきましたので合わせて読んでいただきたいと思いますが、とにかく泳がせる魚を弱らせないようにつけるのが最大のコツです。

キャスト

キャスト

次はいよいよキャストですが、泳がせ釣りの場合はルアーフィッシングのように遠投する必要はありません。無理に遠投しようと強くロッドを振ってしまうと生き餌の身が切れて釣針から外れてしまう可能性があります。
また、泳がせ釣りで沖を攻めたい場合は無理に遠投するよりも潮の流れに魚を乗せたり、この後紹介するコツで魚を沖へと誘導した方が効率的です。うまく操作できるようになれば遠投しなくとも100m、150m沖へと流すことも可能です。

初めて泳がせ釣りをされる方は無理にキャストしようとせずに足元に落としてもいいですし、10m前後投げる程度で問題ありません。もちろん、慣れてきたら15m、20mと餌が切れないように遠投してもいいですが、やはり無理をすれば生き餌が弱りやすくなってしまう原因となりかねませんので無理は禁物です。

ラインをフリーにする

ラインをフリーにする

出典:シマノ

泳がせ釣りの仕掛け9選」に記載がある内のオモリやウキを使わない方法で泳がせ釣りをする場合には、着水後に生き餌が自由に泳げるようにラインが自由に出るようにしておく必要があります。
やり方としては主に2つあり、キャストする時のようにベールをあけておきラインを出す方法とドラグを緩めてラインを出す方法があります。

ただし、ベールをあける場合には注意が必要です。ラインが非常に出やすいため風や波に煽られただけでもラインが出てしまうため根掛かりや近くで釣りをしている人とトラブルの原因となってしまいかねません。
写真のようにラインを出しつつも指で軽く抑えておくとトラブルを避けることができます。

ドラグを緩める場合は風や波に合わせてラインが出すぎないように調整しておきましょう。

一方、オモリやウキを使った泳がせ釣りの場合には、オモリやウキなどの抵抗によって魚が広範囲に泳げないので糸ふけをとっておく程度で問題ありません。

後は待つだけ

後は待つだけ

生き餌が泳ぎだしたらは基本的にはアタリを待っているだけです。時折、ラインの出具合を確認したり、エサの位置を確認する程度で問題ありません。

ただし、定期的に魚の弱り具合を確認するようにしましょう。気づかずに死んでしまえば釣れる可能性は極端に低くなってしまいます。

アタリが出たらアワセる

アタリが出たらアワセる

アタリがあったらアワセを入れます。アワセを入れることでしっかりと釣針が魚にかかります。逆にアワセを入れなかったり弱かったりすると針が魚の口を貫通せずバラシの原因となりかねません。
特に沖を釣る場合には糸ふけなどが多くでますのでアワセが効きにくくなります。そんな時は1度だけでなく、2、3度連続的にアワセを入れるのも効果的です。(通称、追いアワセ)

後は寄せて取り込むだけ

後は寄せて取り込むだけ

しっかりと釣針がかかったら後は寄せて取り込むだけです。大きな魚を狙う場合にはランディングネットやギャフを持っていくようにしましょう。

泳がせ釣りで釣れる代表的なターゲットにブリやカンパチがいますが、そう言った青物は群れを作っているため、素早く次の生き餌を投げ入れると2、3匹と立て続けに釣れる可能性があります。
また、泳がせ釣りで狙うことができるヒラメなどは群れを作る習性などはありませんが、小魚を追って多数寄ってきている可能性もありますし、同じように活性が上がっていることもあるのでやはり素早く次の生き餌を泳がせることで連続して釣れる可能性があります。

ランディングネット(タモ網)の使い方

ランディングネットの選び方

泳がせ釣りのコツ

上記で説明したように泳がせ釣りは釣り方さえ覚えてしまえばそれほど難しい釣りではありません。数回繰り返せば誰でもできるようになると思います。

ただしコツを知っているかどうかで釣果は大きく変わってきます。ここからは泳がせ釣りで釣果をアップさせるためのコツを何点が紹介していきます。

弱った生き餌を使い続けないのが最大のコツ

弱った生き餌を使い続けないのが最大のコツ

泳がせ釣りは「泳がせ」と言うように生きた餌を泳がせて魚を釣る釣りのことです。そのため生き餌を弱り泳がなくなってしまえば、アピールも弱くなってしまいます。
魚は目や鼻だけでなく側線と呼ばれる器官から水中に伝わる振動を感じ取りエサとなる魚の位置や方向を知ることができますが、エサが弱ってしまえば振動が小さくなり魚を寄せることができません。

また、ヒラメなどは生きているエサしか食べないため絶対に釣れないとまでは言い切れませんが、釣れる可能性はぐっと下がってしまいます。

30分など定期的に生き餌を状態を確認するようにして生き餌が弱ってきたなと感じたら、活きのいい生き餌に交換するのが釣果アップのコツです。

さらに「生き餌のつけ方(泳がせ釣り)」に記載してあるつけ方のコツなどを実践するだけも魚の弱り方は大きく変わってきますが、やはり弱ってしまった場合には新しい生き餌に交換するようにしましょう。

ラインを張りすぎない

ラインを張りすぎない

泳がせ釣りをする際はラインを張りすぎないのもコツの1つです。

ラインを張りすぎてしまうと生き餌を逃げようと常にがんばり弱りやすくなってしまいます。また、ラインを張りすぎてしまうと生き餌にバイトしてきた魚が違和感を感じてすぐに離してしまうこともあります。

そのため、魚が適度に泳げるようにラインは少し緩めるぐらいにしておくと生き餌を弱らせず、違和感も与えずらくなります。

潮に乗せて沖へと泳がせる

潮に乗せて沖へと泳がせる

海には波とは別に潮の流れがあります。満潮時に上がった潮位が干潮に向かうにつれて下がっていく時間帯は岸から沖方向へと潮は流れます。特に、漁港などは出入り口が狭くなっているため潮位が下がると漁港内の水が勢いよく外洋へと潮が流れます。この流れに生き餌を乗せれば潮の流れでエサを弱らせずに沖へと運ぶことができるようになります。

もちろん磯やサーフなど他の場所でもこういった沖への流れは発生していますのでうまく見極められれば100m以上沖を泳がせることも容易になります。

ロッド操作で魚を誘導する

ロッド操作で魚を誘導する

ロッド操作でも生き餌を操作することができます。右へとロッドを引っ張れば生き餌は抵抗しようと反対の左に泳ぎ、左に倒せば右と泳ぎます。そしてまっすぐ引けば沖へと逃げようとします。
うまく誘導できるようになれば潮の流れがなくても沖を泳がせることもできるようになりますし、魚がいそうなポイントに誘導することもできるようになります。

多少慣れが必要な部分もありますが、コツを掴めば無意識に誘導し魚のいるポイントを攻めることができるようになるはずです。

ただし、「ラインを張りすぎない」でも記載したようにあまり誘導しすぎると魚は弱ってしまうので注意しましょう。

横風を避ける

横風を避ける

横風を避けられる場所を選んで泳がせ釣りをすることも釣果アップのコツです。

泳がせ釣りに限らず横風を受けるとラインが煽られてしまいます。ラインが煽られてしまえばアタリが分かりにくくなり、分かっても合わせが遅れてしまう可能性も出てきます。
また、上記で記載したように風にラインが煽られれば生き餌は常に抵抗するため弱りやすくなりますし、誘導などもしづらくなるためポイントを外しやすくなります。

どちらにしても横からの風はアングラーにとってプラスになることはありません。

そのため泳がせ釣りをする時は追い風、または向かい風となるポイントに入ると釣りがしやすく釣果アップも期待することができます。

朝マズメ・夕マズメの時合いを逃さない

朝マズメ・夕マズメの時合いを逃さない

ヒラメやシーバス、根魚などの多くのフィッシュイーターは日の出前後の朝マズメと日没前後の夕マズメに捕食活動を行うことが多くみれます。ブリやカンパチなどの青物も同様にそういった時間帯に接岸し捕食活動を行います。また、マズメほどの大きな期待はできませんが、満潮と干潮の前後は潮止まり前や潮止まり後などと言われており、魚の活性が上がりやすい時間帯であるため日中でも釣れる可能性があります。

もちろんそういった時間帯以外は釣れないと言う訳ではありませんが、ただむやみに釣りをするよりも、マズメや潮の動きに合わせて泳がせ釣りをすることでよりよい釣果を期待することができるようになるはずです。

アタリが出てもすぐに合わせない

アタリが出てもすぐに合わせない

ルアーフィッシングは釣針がむき出しになっていることからアタリがあったらすぐに合わせるのが原則です。

しかし、泳がせ釣りは、アタリが出ても釣針がある箇所まで生き餌を飲み込んでいないことがあり、アタリに対してすぐに合わせ(通称、即合わせ)てしまうと釣針がかからずスッポ抜けてしまうことが多くなりがちです。
そのため生き餌をしっかりと飲み込む、またはくわえ込むまで待ってから合わせを入れるのが基本となります。

ただし、待つ時間は魚種などによって違いがあります。
特にヒラメはアタリがあってから合わせるまでに待つ時間が長い魚と言われています。ヒラメはくわえた後すぐに飲み込まず魚が弱るまでくわえている習性があることから、「ヒラメ40」と言われアタリがあってから40秒後にアワセた方がのりやすいと言われています。人によっては1分以上待った方がよいと言う方も少なく、中には2分、3分と待つ方もいます。

シーバスや青物などを狙う場合はそこまで待つ必要はありませんが、やはり即アワセは厳禁です。

状況に応じて生き餌のサイズを変える

状況に応じて生き餌のサイズを変える

大きな生き餌を使えば大きな魚が釣れそうに思う方も多いと思いますが、必ずしもそうなるとは限りません。
仮にその場で大きな魚がいても捕食されている魚が小さければアタリもないまま終わってしまうこともあります。

ルアーフィッシングなどではよくマッチザベイトと言う言葉が使われますが、その時に捕食されている魚のサイズなどに使うルアーを合わせると釣果アップが期待できると言われていますが、泳がせ釣りでも同じことが言えます。

これから釣りを始めると言う方には最適なサイズを判断するのは難しいですが、SNSや釣具店で事前に釣れている魚種はもちろんのこと、生き餌として使われている魚のサイズなども事前に調べておくと完璧とはいかないまでも最適なサイズに近いサイズの生き餌を選択することが可能になるはずです。

生き餌が暴れるのを感じ取る

生き餌は捕食されそうになると逃げるために暴れだします。そのため慣れてくるとそういった動きをロッドやラインから感じ取ることができるようになるはずです。
感じ取ることができれば、ラインを送り出しより自然に近い形で泳がせることができるようになりますので違和感を与えずにかけることができるようになります。

魚のいるレンジを泳がせる

魚のいるレンジを泳がせる

根魚はもちろんヒラメなどは海底付近に生息しており、同じように海底付近を泳ぐ小魚を捕食しています。一方、青物などは表層から海底まで様々なレンジにいますが、朝マズメや夕マズメは表層付近、日中はボトム付近にいることが多いなど時間帯によっているレンジに偏りがあります。もちろん必ずしもそう言った時間帯に決まってレンジを泳いでいる訳ではありませんが、比較的そうなる可能性が高いと言われています。

そのため魚のいるレンジに合わせて生き餌を泳がせるのも釣果アップのコツであり、泳がせ釣りの基本です。

根掛かりが頻発する時はネムリ針

根掛かりが頻発する時はネムリ針

せっかく泳がせ釣りも根掛かりが頻発するようでは楽しくありませんし、釣果を期待することもできなくなってしまいます。
そういった根掛かりが頻発しそうな場所で泳がせ釣りをする場合にはネムリ針がおすすめです。

ネムリ針とは針先が内側に向いている釣針のことで、内側に向いているため岩や海藻に根掛かりする可能性が低くなります。また、ネムリ針は通常の釣針よりもバレにくいと言った特徴がある釣針です。
もちろん、絶対に根掛かりしない訳ではないので根(岩)などを避けて泳がせることなどを行っていく必要はありますが、ネムリ針をに変えるだけでも根掛かりを減らし泳がせ釣りを快適に行うことができるようになるはずです。

ただし、ネムリ針は針先が内側に向いていることから通常の釣針よりも針がかり(魚が釣針にかかること)は悪くなる傾向にありますので、状況に合わせて使い分けるようにしましょう。

釣れているポイントで釣りをする

釣れているポイントで釣りをする

出典:釣具のポイント

コツというよりも基本的なことですが、魚がいない場所でいくら生き餌を泳がせて釣れることはありません。そのため泳がせ釣りに限らず釣りをするのであれば魚のいる場所で釣りをする必要があります。

そう言った情報はネットなどでも探すことができますが、釣具店でも情報を仕入れることができます。特に釣具店では釣れているサイズや釣れる時間帯、その時期のアタリの出やすい生き餌の種類などその時に合った情報などが集まりやすいのでネットの情報などよりも精度が高い傾向にあります。

もちろん、ネットの情報が当てにならないと言っている訳ではありませんが、釣り場近くの釣具店で話を聞くと釣果につながりやすくなるはずです。

初めての方はウキを使用した泳がせ釣りがおすすめ

初めての方はウキを使用した泳がせ釣りがおすすめ

泳がせ釣りの仕掛けは「泳がせ釣りの仕掛け9選」で紹介したように様々な仕掛けがあります。しかし、慣れるまでは根掛かりが多く釣りにならなかったり、魚を自由に泳がせすぎて隣の釣り人の迷惑になってしまうこともあります。

その点、ウキ仕掛けは決めた水深以上に魚が潜れないことや、ウキが目印になるため生き餌の位置を把握しやすいなどのメリットがあります。また、ウキの動きでアタリはもちろん、生き餌の弱り具合も把握することができるようになりますので、はじめて泳がせ釣りをする方はウキ仕掛けがおすすめです。