RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

冬のシーバス攻略

産卵が鍵となる冬のシーバス攻略

冬はシーバスの産卵時期であり多くのシーバスが産卵のため沖へと移動する。そのためオフシーズンと言われることもあるが、ポイントを抑えれば十分釣ることができる。
むしろ、春や夏よりもランカーシーバスやメーターシーバスが狙える時期でもある。

ここでは冬のシーバスの攻略方法をいくつか紹介してく。

↓登場する釣り用語

冬のシーバス攻略のポイント

↓登場する釣り用語

12月下旬から2月頃に産卵する

冬のシーバスを攻略するならまず産卵の時期を知っておくべきだ。基本的にシーバスの産卵は12月下旬から2月頃と言われており、産卵場所である沖へと移動していく。
ただし地域、その年の気候などによっても時期はずれるし、個体差もあるため一概に何月とはいいにくい。
そのため早い地域や年では11月ごろから始まることもあれば、3月になっても産卵前のシーバスが釣れることもある。

↓登場する釣り用語

冬は温排水のまわりにシーバスがいる可能性が高い

工業用排水の多くが海水よりも温度の高い温排水であることが多い。そのため、温排水口のまわりの水温はその他のポイントよりも水温が高い。
水温が高いことでベイトも集まりやすいだけではなく、シーバスにとっても快適な環境となるため釣れる可能性が高くなる。

特に大量の温排水が出る場所や温排水口が多数ある場所は広範囲に水温が高くなっているためシーバスが多数集まっている可能性が高い。さらに言えば定期的に排水が止まる場所よりも常に温排水が手続けている場所は水温が高いだけでなく安定しているためシーバスがつきやすいポイントとなる。

↓登場する釣り用語

ボトム攻略が1つのカギ

海水の温度よりも気温の方が寒くなる冬のシーバスは、より水温の安定したボトムにいることが多くなる。
だからと言って熊のように冬眠するわけではないので、餌をしっかりと食べている。ボトム付近にいるベイトと言えば、ハゼやカニ。特にハゼは回遊性の魚ではないため、冬になっても深場へと移動することがない。また泳力に優れた魚では決してないため、活性の下がっているシーバスでも難なく捕食することが可能だ。

そのためバイブレーションやワームによるリフトアンドフォールでボトムをしっかりと攻めることでシーバスのバイトを誘うことができる。

ただしボトムから離しすぎるとシーバスはルアーを追ってこないことが多いためボトムを攻める際に注意しておきたい。

↓登場する釣り用語

冬の基本はスロー

活性が下がっていることもあり、秋のように素早い動きのルアーへは良い反応を示しにくい。そのため冬は基本的にスローの釣りになる。場合によってはリールのハンドルを1秒間に1回転もさせないデットスローが有効となってくる。

↓登場する釣り用語

雨の日の後は釣れやすい

冬はプランクトンが減少するため水中の透明度が増しやすく、普段は底が見えないような場所でも海底を見ることができるようになってくる。そのためシャローエリアではシーバスが釣れにくい。

しかし雨が降った日は川のにごった水が河口などに流れ込むため濁りがでることも多い。濁りがでれば深場にいた個体もシャローエリアに入ってくることが多くなる。

↓登場する釣り用語

コノシロがいれば釣れる可能性が高い

冬の唯一の表層ベイトとも言えるのがコノシロ。特に産卵前の個体にとっては体力をつけるための栄養源となるため、コノシロの群れにはシーバスがついてる可能性が高い。
もちろんサヨリなどが残っている地域もあるが、冬のコノシロは30cm前後の個体が多いためそれを捕食できるのは大型のシーバスに限られる。その群れに産卵の前の個体がついていればランカーシーバスの連発も期待できる。

↓登場する釣り用語

産卵の移動に合わせてポイントに入れば冬でも簡単に釣れる

産卵のためシーバスは沖に移動するが、今日まで河川にいたシーバスが次の日には沖にいる訳ではない。例えば東京湾などでは河川から河口、そして東京湾、内房、南房総と数日間をかけて徐々に移動していく。また、途中にいるベイトを捕食しながら移動している。
そのためシーバスの移動に合わせてポイントを変えることで産卵場所に向かうシーバスを狙うことができる。

また、産卵を終え戻ってくる個体も同様だ。南房総からはじまり、徐々に東京湾や河川へと戻っていく。
もちろん、必ずしも全ての個体が沿岸を通るわけではないが、そのことを知っているアングラーはタイミングを見ながら内房の漁港や磯などのポイントに入る。

↓登場する釣り用語

産卵せずに残る個体も多い

セイゴなどと呼ばれる小型のサイズは体が成熟していないため産卵できずに沖に出ることは少ない。
そういったセイゴやフッコクラスは、先程紹介したようにボトム付近や温排水まわりに多く残る。
また、人間に個性があるようにシーバスにも個性があり、大型の個体であってもその年には産卵しない個体もいる。
そのため、セイゴやフッコサイズの中にランカーシーバスが交じることも少なからずある。

↓登場する釣り用語

外洋が荒れた日は接岸してくることがある

外洋が荒れるとシーバスは沖に出るのを中断し接岸してくることがある。関東などでは海が荒れると内房のサーフや漁港内などに大型のシーバスが群れを作って休んでいることが多い。
特に大しけになると沖には出ずにその周辺にいることが多いため、ショアからでも大型のシーバスを狙うことが可能となってくる。

さらに太平洋側は南風、日本海側は北風が吹くと産卵に向かうシーバスが接岸することが多くなりシャローエリアからでも十分狙うことができるようになる。

↓登場する釣り用語

冬こそボートシーバスが熱い

産卵のため沖に出る個体は活性が低いかと言えばそうではない。特にプリスポーニング(プリ)と呼ばれる産卵前の個体ではあれば、産卵のためコノシロなどのベイトを積極的に捕食する。
群れが接岸してこないこともあるためショアから狙うことが厳しくなることも多いが、ボートシーバスでは沖にいるコノシロの群れにシーバスついていることが非常に多く。
釣れればランカー確定といった事も少なくない。

まだボートシーバスをしたことがないアングラーも友人と数人でチャーターボートを借りれば仲間だけで気兼ねなく釣りが楽しめるうえに、料金も1人1万円前後で利用することが可能だ。

↓登場する釣り用語

冬バチパターンはランカーシーバスが釣れやすい

バチ抜けパターンと言えば春のイメージが強い。またバチと言えば数釣りのイメージが強いアングラーも多いはず。しかし早い場所では年明け前の12月ごろからバチが抜ける。そのためアフターなど呼ばれる産卵後のシーバスがこのバチを捕食していることは非常に多く、バチ抜けパターンでもランカーシーバスが釣れることが非常に多い。
特に産卵から帰ってきた個体は川を遡上するだけの体力がない。また、逃げ惑うベイトを積極的に追い回すこともできない。そのためバチなど追わずに捕食することのできるベイトに強く偏食する。

また、この時期のバチは表層付近にでることもあるが、水温も低いため抜けた後に表層まで浮き上がらずボトム付近にいる、いわゆる底バチパターンとなることが多い。
しかしバチが抜けているポイントと時間を正確に把握しポイントに入ることでランカーシーバスを狙うことが十分にできる。

↓登場する釣り用語

冬のシーズナルパターン

コノシロパターンのシーバス攻略

ハゼパターンのシーバス攻略

ハタハタパターンのシーバス攻略

↓登場する釣り用語

季節ごとのシーバス攻略

春のシーバス攻略

夏のシーバス攻略

秋のシーバス攻略

冬のシーバス攻略

登場する釣り用語

  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ショア・・・岸からの釣り
  • サーフ・・・海岸のこと
  • 数釣り・・・魚のサイズではなく数をたくさん釣る釣りのこと