RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

メタルジグの種類

メタルジグの種類

メタルジグと一言で言っても形が大きく異なり、形が変わればアクションや特徴なども変わってくる。

メタルジグの種類を知ることでその日の状況に合ったアクションをさせることはもちろん、自分の通したいレンジ(水深)にメタルジグを泳がせたり、飛距離をアップさせることが可能となる。

ここでは最低限して覚えておくべきメタルジグの形状や特徴などから様々な種類を紹介していく。

↓登場する釣り用語

メタルジグの基本的な4種類の形状

メタルジグの基本的な4種類の形状

↓登場する釣り用語

標準タイプ

最もオーソドックスなメタルジグ。この後紹介する2種類のメタルジグに比べてフォールスピード(沈下速度)や飛距離も中間に位置するため、特に目立った特徴はないものの短所もない。どんな状況下でも使用し易いタイプなので必ずルアーケースに入れておきたい。

↓登場する釣り用語

スリムタイプ

細身のシルエットが特徴のメタルジグ。空気抵抗を受ける面が少ないため3つの形状の中で最も飛距離が出やすいタイプになる。ポイントが遠い場合や離れた場所でナブラが出ている時に使用すべきメタルジグ。

また、空気抵抗だけでなく、水の抵抗も小さいためフォールスピードも早い。早い動きに興味を示す活性の高いブリやカンパチと言った青物に特に向いているが、根魚などあまり遊泳力の高いとは言えない魚は動きが早くなるため向かないことが多い。

さらに細い形状から根の隙間などにも挟まりにくいため根掛かりが比較的しくい。

↓登場する釣り用語

スロータイプ

上記のメタルジグと違い平べったい種類のメタルジグ。飛距離は出にくいもののゆっくりフォールするため遊泳力の低い根魚などにもバイトチャンスを長く与えることができる。また、青物なども活性が下がると動きの早いベイト(小魚)やルアーを積極的に追わなくなる。そんなときにもスロータイプであればフォールで食わせの間を長く作ることができる。

水深のない遠浅のサーフなどでヒラメやマゴチと言ったフラットフィッシュを狙う際にもスリムタイプではすぐに着底し食わせの間が作りにくい。スロータイプであればフォールスピードが遅いので遠投しつつも食わせの間を作ることができる。

↓登場する釣り用語

専用メタルジグ

ターゲット別に上記のどの形状とも違う専用のメタルジグもある。専門性を高めることでターゲットをより攻めやすくなるだけでなく、針がかかりしやすくなるなど様々なメリットがある。
例えば、海底に張り付くように生息しているヒラメは上を通るベイトやルアーに下から食い上げるようにバイトしてくる。そのためヒラメのバイトしてきやすい位置にトレブルフック(トリプルフック)がつけられたヒラメ専用のメタルジグがある。

↓登場する釣り用語

目的別の種類

↓登場する釣り用語

オフショアジギング用のメタルジグ

船からメタルジグを使用した釣りであるオフショアジギング。基本的に船からの釣りでメタルジグをキャストすることはないためフォールなどを中心に意識して作られていることが多い。

↓登場する釣り用語

ショアジギング用のメタルジグ

岸からの釣りであるショアジギングはオフショアのようにフォールだけでなくキャストのことも意識し作られている。

↓登場する釣り用語

上記以外の形状の違いによるメタルジグの種類

上記で紹介した3種類の形状が横から見た時の違いであるのに対してこれから紹介するのは上から見た場合にも2種類の形状の違いがある。

↓登場する釣り用語

左右対称タイプ

基本的な形状となるのがこの左右で形状が同じ左右対称タイプ。スイミング時もフォール時も正面から受ける水の抵抗に差がないため安定した泳ぎとフォールをしてくれる。
もちろんただ巻きでも使えるしワンピッチジャークなどアクションを入れて使うこともできる。

↓登場する釣り用語

左右非対称タイプ

左右非対称タイプのメタルジグは左右対称タイプとは違い水の抵抗が左右で異なる。そのためスイミング時は激しく左右に振れるように泳ぐため広範囲にアピールすることができる。また、フォール時も水の抵抗によりフラフラと揺れながら泳ぐ。
ワンピッチジャークなどアクションを入れても使えるが、ただ巻きやストップアンドゴーなどスイミングを中心としたアクションに向いている。

↓登場する釣り用語

長さの違いによるメタルジグの種類

↓登場する釣り用語

ショートタイプ

長さが短いタイプのメタルジグ。ベイトが小さい場合などに使用することでマッチザベイトを実現することができる。

↓登場する釣り用語

ロングタイプ

長さのあるタイプのメタルジグ。長さにより目立たせることができる。

↓登場する釣り用語

メタルジグの材質の違い

メタルジグの材質の違い

メタルジグに使用されている材質は鉄だけではなく様々なものがある。材質ごとに比重が変わり比重の重いものは同重量であれば他の材質よりもサイズを小さく、比重が軽い物は同重量の他の材質よりもサイズを大きくできる。

下記に代表的な材質を紹介していく

↓登場する釣り用語

タングステン

現在各種メーカーから発売されている各材質の中で最も比重の重い素材であるタングステン。タングステンが使用されたメタルジグは同じ重さであれば他のものよりも小さくできるため遠投性能を高めることができる。
また、サイズが小さくなれば水中での抵抗も減るためフォールスピードも早くすることができる。
ただし、従来使用されていいたもの鉛などよりも高価なため価格は高くなりやすい。

↓登場する釣り用語

比較的多くのメタルジグで使用されている材質である鉄。タングステンよりも比重は軽く、この後紹介する鉛(なまり)よりも比重が重くなる。

↓登場する釣り用語

鉛(なまり)

鉄よりも比重が軽い鉛も鉄同様多くのメタルジグに使用されている材質。鉛自体の価格は安いためメタルジグの価格も安くすることができる。
ただし、鉛は柔らかい素材であるため、岩や堤防などにぶつけると傷がつきやすい

↓登場する釣り用語

亜鉛

メタルジグに使用される材質の中でも比較的比重の軽い種類の材質である亜鉛。材質が軽いことで同重量の他の材質のメタルジグよりも大きくできるためフォールスピードを遅くすることができるので、魚にルアーをゆっくりと長くみせることができるなどのメリットが出やすい。

その他にもシリコンや樹脂など様々な種類の素材があるが、比重によってルアーサイズが大きく変わり、遠投性能やフォールスピードと言った性能や特徴に違いが出てくる。
また、必ずしも一種類の素材で作られる訳ではなくコンポジットと言った2種類以上の素材を組み合わせて作られること多い。特に最近は比重の重いタングステン素材と他の材質を組み合わせたものが多く発売されている。

↓登場する釣り用語

重心の違いによるメタルジグの種類

重心の違いによるメタルジグの種類

メタルジグの重心はラインを結ぶアイの近くにあるフロントバランス(前方重心)と中央にあるセンターバランス(中央重心)、そして後方にあるリアバランス(後方重心)の三種類がある。重心が変わることで飛距離に違いがでたり、フォールスピードに違いがでる。

↓登場する釣り用語

リアバランス(後方重心)

重心がラインを結ぶアイの位置と反対の後ろ側にあるタイプのメタルジグ。飛行姿勢が安定するため最も飛距離が出やすいのが特徴。また、ジグの後方が下に向けて沈んでいくためフォールスピードが早くなりやすい特徴もある。
ただし、ルアーが少し立ったように泳ぐためスレやすい魚には見切られることもある。

↓登場する釣り用語

センターバランス(中央重心)

メタルジグの中心に重心があるタイプのメタルジグ。水平方向を保ったままフォールさせることができるので水の抵抗が大きくなりゆっくりと沈下させることができる。

↓登場する釣り用語

フロントバランス(前方重心)

前方に重心のあるタイプ。飛距離は後方重心よりも出にくくなるものの、ロッドアクションなどに対する反応が良くなるためアクションをさせるのに非常に向いている。
また、スイミング時の姿勢が実際のベイトと同じように平行になるため見切られにくくなる。さらにルアーの浮き上がりが良くなりやすい。

登場する釣り用語

  • レンジ・・・水深
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • サーフ・・・海岸のこと
  • トリプルフック・・・ハリが3本ついた釣り針
  • フック・・・釣り針のこと。
  • オフショア・・・船釣りのこと
  • ショア・・・岸からの釣り
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事