RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

サーフやゴロタ浜のヒラスズキ(砂ヒラ)を攻略するためのポイント

サーフやゴロタ浜のヒラスズキ(砂ヒラ)を攻略するためのポイント

サーフやゴロタ浜のヒラスズキ(砂ヒラ)のポイント

ヒラスズキと言うと磯のイメージが強いがサーフと呼ばれる海岸や大きな岩がゴロゴロと転がっているゴロタ浜などでもヒラスズキを狙うことができる。

サーフやゴロタ浜は磯に比べ足場が良いため釣りをしやすいことや、ランディングもしやすいこともあり、これからヒラスズキを狙っていきたいと言ったアングラーにはおすすめのポイントだ。特にサーフで釣れるヒラスズキは砂ヒラと呼ばれ、近年人気を集めている。

しかしサーフやゴロタ浜などによっては数キロ以上も同じような景色が続くこともあり、初めての方にはポイントを絞り込むのが難しく、ポイントを絞らず適当に投げてもヒラスズキはまず釣れない(安定した釣果は望めない)。

サーフはもちろん、ゴロタ浜の中でもヒラスズキがいるポイントをしっかりと知っておくことで砂ヒラやゴロタ浜のヒラスズキを攻略することができる

↓登場する釣り用語

マズメ以外ではナイトゲーム

ポイント紹介に入る前にまず知っておいていただきたいのがサーフやゴロタ浜でヒラスズキを狙う場合、基本はマズメであること。マズメとは日の出前後の朝マズメと日没前後の夕マズメの総称のことで、最もヒラスズキが釣れる可能性が高い時間帯のことだ。
もちろん、ヒラスズキゲームでなくても他の釣りを経験したことがある方ならご存知かと思うが、どんなフィッシュイーターを狙う場合もこの時間帯が最も釣れる可能性が高い。

もちろん、マズメの時間帯以外にも釣れる可能性はあるが、サーフやゴロタ浜の場合、日中のデイゲームよりも夜のナイトゲームの方が釣れやすい。もちろん日中に釣れないという訳ではないがヒラスズキは非常に警戒心が高いことから、身を隠す場所の少ないサーフやゴロタ浜に視認性が良くなる日中にはいることが少ない。

どちらかというとサーフやゴロタ浜はヒラスズキによってベイトを捕食するための捕食場所であり、マズメの時間帯以外では夜にしか近づいてこないことの方が多い。
そのためサーフやゴロタ浜でヒラスズキを狙うのであれば、マズメの時間帯以外ではナイトゲームが主体となる。

↓登場する釣り用語

離岸流

サーフでヒラメを狙う方ならご存知かも知れないが離岸流はヒラスズキにとっても高ポイントなる。沖に出ていく流れである離岸流はベイトの回遊ルートになっておりヒラスズキが近くに潜んでいる可能性が高い。また、離岸流内は水深が深くなっているため他の場所と比べると地形の変化ができている。特に波が砕け白波になっている場所と離岸流の境目付近にヒラスズキはいることが多い。

離岸流の見つけ方は「離岸流の見つけ方」に記載してある※。多少の経験を有するがサーフやゴロタ浜でヒラスズキを狙うのであれば見逃せない高ポイントになるので、見つけられるれるようになろう。

※リンク先の記事はヒラメやマゴチと言ったフラットフィッシュを狙うアングラー向けの内容になるが、離岸流の見つけ方としては同じであるので置き換えて読んでいただきたい。

↓登場する釣り用語

沈み根

ヒラスズキの基本的な釣り方とコツ」にも記載したが、ヒラスズキは根に身を隠し近くを通るベイトを捕食する。そのため根のある場所にヒラスズキはいる可能性が高い。サーフにある小さな沈み根はもちろん、ゴロタ浜などではまわりの石よりも大きな石の近くにヒラスズキは隠れている可能性が高い。

特にヒラスズキはもちろんのことベイトにとってもサーフは身を隠す場所が少なく、沈み根は唯一身を隠せる場所と言っても過言ではない。サーフで砂ヒラを狙うのであれば、沈み根の周辺にルアーを通すことで好釣果を期待することができる。

↓登場する釣り用語

ブレイク

急激に水深の変わるブレイクはヒラスズキの回遊ルートになっていることが多い。そのためブレイクに沿ってルアーを通すことで回遊してくるヒラスズキを狙うことができる。

また、ブレイクはヒラスズキにとって近づいてくるベイトから身を隠せる場所にもなるためサーフやゴロタ浜などでは高ポイントとなりやすい。

↓登場する釣り用語

河口や流れ込み

サーフやゴロタ浜などの河口や流れ込みも高ポイントになる。好んで生息するかどうかは別としてもヒラスズキはマルスズキ同様に汽水域や淡水域でも生息することができる。しかも流れ込みは上流からベイトが流されてくることはもちろん、プランクトンなどが流されてくるためベイトが集まりやすく、集まったベイトを捕食しようと多くのヒラスズキが集まってくる。
歩幅程度の流れ込みで同様にベイトが集まるので見逃すことのできないポイントだ。

↓登場する釣り用語

岬の先端

サーフはもちろんのことゴロタ浜も一直線に伸びている訳ではない。波などの影響により、岬状に飛び出たポイントもあれば、ワンド状にへこんでいるポイントもある。
そして岬状の先端は潮通しが良いためベイトやヒラスズキが集まりやすいポイントだ。
特にマズメなどでは潮通しの良い場所をベイトが通ることが多いため岬の先端にはヒラスズキが待ち構えていることが多い。

↓登場する釣り用語

ワンドの内

上記に続き、ナイトゲームではワンド内にベイトが入ってくることが多い。ベイトは遊泳力がないことや夜は比較的波の静かな場所にいることが多いためワンド内にいる。
そしてそのベイトを狙いにヒラスズキがワンドに入ってくる。

もちろんナイトゲームでも岬の先端でヒラスズキが釣れるし、マズメを含むデイゲームにワンド内にヒラスズキが入ってくることもある。
どちらにしてもサーフやゴロタ浜の岬の先端やワンドなど地形の変化している場所にはヒラスズキがいる可能性が高い。

磯のヒラスズキ(磯ヒラ)を攻略するためのポイント

サーフやゴロタ浜のヒラスズキ(砂ヒラ)を攻略するためのポイント

登場する釣り用語

  • サーフ・・・海岸のこと
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • 沈み根・・・水中に沈んでいる岩のこと。
  • 汽水・・・淡水と海水が混ざりあった水のこと。河口付近の水は海の水と川の水が混ざるため汽水域となる。
  • 潮通し・・・海水の流れのこと。海水の流れがある所を「潮通しが良い」という