RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ヒラメやマゴチの釣れるサーフと釣れないサーフ

ヒラメやマゴチの釣れるサーフと釣れないサーフ

ヒラメやマゴチが釣れるサーフの見極め方

ヒラメやマゴチを狙うアングラーの中には自分だけのポイントを開拓したいと考えている方も多いかと思う。まだ他の人が知らないポイントを見つけられればゆっくり釣りをすることができるし、他のアングラーにヒラメやマゴチが抜かれることもない。

しかしサーフであればどこでも良いと言うわけではなない。ヒラメの釣れるサーフもあれば釣れないサーフもある(正確には釣れやすいサーフ、釣れにくいサーフ)。

ここでは新しいポイントを見つける上でどういった場所ならヒラメやマゴチが釣れやすいのかを見分けるポイントをいくつか紹介していく。

↓登場する釣り用語

潮の流れがあるサーフ

潮が流れているサーフにはヒラメがいる可能性は高い。潮が流れることでプランクトンが流れてくる。そのプランクトンを求め小魚が集まり、ヒラメも集まってくる。
また、潮が流れているということは常に新しい海水に入れ替わっているため、酸素量が豊富なことはもちろん、新鮮な海水に入れ替わっているためヒラメにとって快適な環境ということになる。
つまり潮が流れているサーフはヒラメが釣れる可能性の高いサーフと言うことになる。

特に潮の流れが強いサーフでは、満潮や満潮の中間地点になると波とは別に潮が流れているのが目で見て分かる。仮に目でみて分からなくても、ルアーを岸と垂直に投げても戻ってくるときには潮に流されアングラー左右どちらかから戻ってくる。

ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュがいる新しいポイントを探すのであれば潮の流れがしっかりとあるサーフを探してみよう。

↓登場する釣り用語

根のあるサーフは釣れやすい

サーフには基本的に小魚などが隠れる場所がない。そういった中で唯一といっていい隠れ場所となるのが根と呼ばれる岩だ。
根があることで小魚が長い時間サーフにとどまるので、ヒラメやマゴチと言ったフラットフィッシュも集まりやすくなり、釣れる可能性は高くなる。
一方、根のないサーフは一時的にヒラメやマゴチが入ることはあっても通年を通して釣れる可能性は低くなる。

根は必ずしも岸から届く範囲でなくても良い。100m、150mと言ったルアーの届かない場所に根があるサーフでもすぐそばまでヒラメが接岸しているのでヒラメが釣れる可能性は高い。

また、必ずしも岩でなくてもよい。テトラポットと呼ばれる消波ブロックや沖に突き出した堤防なども小魚が隠れる場所となるので釣れる可能性は高くなる。

↓登場する釣り用語

流れ込みのあるサーフ

大小関係なく流れ込みのあるサーフにはヒラメがいる可能性が高い。川から流れるプランクトンを求めて小魚が集まるのでヒラメやマゴチが釣れる。

特にヒラメやマゴチの適水温から離れてしまう冬や夏は、水温の違う川の流れによって流れ込み周辺はその他の場所よりもヒラメやマゴチにとって快適な温度になっていることが多い。

新たなサーフを探すのであれば流れ込みの有無も確認しよう。

↓登場する釣り用語

漁港が近くにあるサーフ

漁港は小魚の避難場所になっている。海が荒れれば遊泳力の低い小魚は漁港内に逃げ込んでくるし、夜になればヒラメやマゴチはもちろんシーバスや青物などのフィッシュイーターから逃れるため漁港内に入ってくる。
つまり、漁港へ出入りする小魚が岸沿いを回遊し近くのサーフを通る可能性は十分にあるためそういったサーフは釣れる可能性が高くなる。

特にそう言ったサーフを探すのであれば、漁港内でアジやイワシなど小物の釣果を確認しよう。そういった釣果がない漁港には小魚がいない可能性が高いため漁港が近くにあるサーフでもヒラメやマゴチが釣れない可能性が高い。

↓登場する釣り用語

海水浴場は釣れにくい

夏に海水浴場になるようなサーフは基本的に釣れにくい。海水浴場は水深が浅い場所や地形の変化が少ない場所、潮の流れが早くない場所となっていることが多い。そのためヒラメやマゴチが接岸してくる可能性は低く釣れる可能性も低い。

ただし、海水浴場があるサーフでも遊泳禁止区域などがすぐとなりにある場所などは地形の変化や流れが強いため釣れる可能性はある。

↓登場する釣り用語

シロギスを狙った釣り人がいるサーフ

サーフで釣れるのはヒラメやマゴチだけではない。サーフと言えば海の女王と呼ばれるシロギスも有名だ。シロギスはヒラメやマゴチの捕食対象魚であるためシロギスのいるサーフはヒラメやマゴチが釣れる可能性は高い。

夏や秋がハイシーズンになるシロギスだが、基本的には年中狙うことができるため、ハイシーズン以外にもシロギスアングラーがいるようなサーフにはヒラメやマゴチの魚影も濃い可能性がある。

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと