RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

夏のヒラスズキ攻略

夏のヒラスズキ攻略

高水温となる夏のヒラスズキ攻略

4つある季節の内で最もヒラスズキが釣れにくいのが夏。高水温によりヒラスズキの活性が下がるだけでなく、水温の低い深場にいることが多くなるためショアから釣れる個体が少なくなる。
また、夏の暑さはアングラーにも応えるためヒラスズキのオフシーズンと考える方も多い。

しかしポイントや釣り方を覚えれば夏でもヒラスズキを釣ることはできる。
むしろ同サイズであれば冬の低活性時よりも強い引きが楽しめる時期でもある。
ここでは夏のヒラスズキ攻略の基本だけでなくヒラスズキの行動なども紹介していく。

↓登場する釣り用語

夏の高水温はヒラスズキの活性を下げる

夏になると気温と共に水温が上昇する。ヒラスズキの生息域は北限は関東、そして南限は鹿児島であるため比較的高水温に強い魚ではあるが、高水温になりすぎてしまえば水温の低く安定している沖の深場にいることが多くなり、接岸してくる個体は少なくなる。

さらに夏は日差しが強いこともあり、ヒラスズキが接岸してきても朝マズメが終わるとすぐに沖へと移動してしまうことが多くなる。

↓登場する釣り用語

初夏はまだまだ春パターン

ただし、夏に入ったからと言ってすぐに水温が上がるわけではない。特に初夏はまだまだ水温が上がりきっておらず、活性の高いヒラスズキが多数接岸してくる。そのため夏というよりも晩春の攻略パターンが当てはまりやすい。

↓登場する釣り用語

夏こそ朝マズメ

初夏が終わり夏が本格化すると高水温によりヒラスズキの活性が下がりだす。つまり多くのアングラーがイメージする夏のパターンとなる。しかし、日中に上がった水温も日没と同時に水温が低下しだし、水温が低下すればヒラスズキの活性も上がり接岸してくる個体が多くなる。そのためナイトゲームはもちろんのこと朝マズメはチャンスが訪れる可能性が高い。

春や秋と言ったハイシーズンも朝マズメは最も釣れる可能性が高い時間帯ではあるが、夏こそ朝マズメはヒラスズキを狙うべき時間帯となる。

↓登場する釣り用語

水深のある場所が夏の攻略の基本

夏でも朝マズメなどであれば接岸してくるヒラスズキも多くなる。そしてさらにその可能性や個体数が多くなるが水深のあるポイント。
磯はもちろん、サーフやゴロタ浜などでも急深と言われるような足元から水深がある場所は水深の浅い場所と比べ水温が低いことや水温が安定しているためヒラスズキがいる可能性が高い。
また、そう言ったポイントが近くにない場合でも、水中にある深く掘れたスリットや段差の大きなブレイクなど深くなっている場所に隣接しているシャローエリアであればヒラスズキが入っている可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

雨やくもりが続けば夏でもヒラスズキの活性が上がりやすい

雨やくもりの日が続けば水温が下がりヒラスズキの活性も上がりやすい。特に雨の日が続けば、雨により水温が下がることはもちろん、河川の増水により冷たい水が海に流れ込むことで河口付近はもちろん、周辺のサーフや磯の水温も下がりやすい。
1日程度の雨やくもりでは活性は上がりにくいが続けば続くほど接岸してくる可能性も高くなるし個体数も増えやすい。
また、雲により日差しが遮られるので、朝マズメが長く続くうえに、日中でも釣れる可能性が出てくる。

↓登場する釣り用語

濁りが出過ぎるとヒラスズキは釣れにくい

ヒラスズキはクリアな水質を好む魚。そのため濁りが出ると捕食のために接岸してこなくなる。もちろん、適度な濁りはヒラスズキの活性を上がることもあるが、底荒れと呼ばれるような必要以上の濁りは活性を下げてしまう。

また、上記でも記載したように河川の水が海に流れ込むことで水温は下がりやすいが、ニュースで取り上げられることも多いゲリラ豪雨など短期間に大量の雨が振ること、大量の濁った淡水が広範囲に広がりヒラスズキが姿を消してしまうことも多い。

全体的に濁りが出るような状況では難しいが、河川による濁りであれば、河川や河口が近くにないポイントに入ることで濁りを避けることは可能だ。

↓登場する釣り用語

ベイトのいる場所なら夏でも釣れやすい

季節に関係なくヒラスズキはある程度水深のある場所で普段は生息している。しかし、夜やマズメになるとベイトを捕食するために接岸してくる。そのため季節に関係なくベイトの接岸がヒラスズキ攻略のキーになる。
何度も記載したように夏は接岸してくる個体が少ないが、ベイトが接岸していなければさらにヒラスズキがよってくる可能性は低くなる。
そんな中でも普段からベイトの溜まりやすいポイントやアジやカタクチイワシの接岸しているポイントなどを選ぶことでヒラスズキに出会える確率は高くなる。

↓登場する釣り用語

夏はヒラスズキはすぐにリリースする

攻略法ではないが、夏は持ち帰らずリリースする場合はできるだけ早く離してやる必要がある。夏の強い日差しによって磯はもちろん、サーフの砂浜や漁港の堤防なども高温になりやすい。そのため釣り上げたヒラスズキをいつまでも岸に上げておくとすぐに弱ってしまう。
そのためすぐにリリースし生存確率を上げてやる必要がある。

また、リリース前の蘇生も重要だ。冬などはそのまま海に返しても返した瞬間から力強く泳ぐことも多いが、夏はしっかりと蘇生してからリリースしないとそのまま腹を上にし浮かんでしまうことが多くなる。
もちろん、荒れた海で蘇生を行えばアングラーが危険に晒されてしまうため注意する必要があるが、できるだけ波がこない安全な位置で蘇生を行い返してやると生存確率も上がるはずだ。

↓登場する釣り用語

季節別のヒラスズキ攻略

春のヒラスズキ攻略

夏のヒラスズキ攻略

秋のヒラスズキ攻略

冬のヒラスズキ攻略

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ショア・・・岸からの釣り
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • サーフ・・・海岸のこと
  • リリース・・・釣った魚をを再度放流すること