RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

夏のブラックバス攻略

夏のブラックバス攻略

夏のブラックバス攻略の基本

夏の暑さはアングラーだけでなくブラックバスの活性も下げる。
しかし夏と一言で言っても夏の初めと終わりでは気温が大きく変わってくる。そのためブラックバスの行動も変わってくるため攻略方法も必然的に異なる。

夏だから水深のあるディープエリアやシェード(日陰)と決めつけず、その日の状況に合った攻略をしていくことで釣果を伸ばすことは可能だ。

ここではそんな夏のブラックバスの攻略の基本について紹介していく。

↓登場する釣り用語

アーリーサマーはブラックバスが釣れやすい

アーリーサマーはブラックバスが釣れやすい

夏と言っても大きく2つに分類することができる。1つ目はアーリーサマーと呼ばれる初夏だ。年によって異なるが、夏の暑さが本格化する前である梅雨明け前がアーリーサマー呼ばれることが多い。

アーリーサマーは水温が上昇しブラックバスの適水温と言われている15度から20度前後であることが多い。そのため、バスの活性も高く釣れやすい。
特に産卵を終え体力も徐々に回復してきているこの時期は餌を活発に捕食する。また、春のスポーニング中やアフタースポーニング直後とは違い、多くの個体が体力をある程度回復している状態なので、ルアーの早い動きにもついてこれる。
つまりスピナーベイトやバイブレーションなど手返しが良く、広範囲に探れるルアーを使用することが攻略のカギとなりやすい。もちろん、体力を回復するために様々な餌を捕食するので、ワームやラバージグといったルアーも有効となるが、どんなルアーをしようするにせよ手返し良く広範囲を攻めた方が釣果を伸ばしやすい。

↓登場する釣り用語

夏本番のミッドサマーの攻略はポイントを抑えることが重要

夏本番のミッドサマーの攻略はポイントを抑えることが重要

バスアングラーの多くが夏と言うとミッドサマーをイメージする方が多いと思う。ミッドサマーは上記のアーリーサマー後のことで夏の暑さが本格化した時期を指す。

アングラーが暑さを嫌がるのと同じようにブラックバスも暑さを嫌がるため比較的水温の低い場所などに移動する。そのため夏のブラックバスと言えばいかにミッドサマーを攻略できるかにかかってくる。

↓登場する釣り用語

夏のブラックバスはディープエリアに移動する

夏のブラックバスはディープエリアに移動する

ここからはミッドサマーである夏本番の攻略方法をいくつか紹介していく。その代表とも言えるのがディープエリアだ。
暖かい水ほど表層付近へ集まりやすく、冷たい水ほど深層付近に集まりやすい。そのためブラックバスも快適な水温に近い水深の深い場所であるディープエリアに集まりやすい。特にダム湖など比較的水深の深いエリアでは水深10m以上あるような深い場所にバスがいることも多い。またダム湖の場合は基本的に水をせき止めている部分が最も掘れている。そのため、そういった深くなっている場所まで届くルアーを選択肢しディープエリアを攻略してみよう。

↓登場する釣り用語

夏はバックウォーターや流れ込みを攻略する

夏はバックウォーターや流れ込みを攻略する

バックウォーターとはダムを形成するスジの上流部分のこと。ダムは川をせき止めて作られているため、どのダム湖にも必ずバックウォーターが存在する。
バックウォーターは山の水が流れ込んでくるため、ダム湖の中心部分の水温よりも低くなっていることが多い。そのため夏でも活性の高いバスが集まりやすいので攻略の基本となる。

また、バックウォーターだけでなく、ちょっとした流れ込みにもバスが集まりやすい。バックウォーターでなくても流れ込みがある場所は水温が下がりやすいためバスが居る可能性が高い。特に大きな流れ込みほどバスが多く集まり、流れ込み部分だけでなくその周辺の水温も下げてくれている可能性が高い。そういった場所は流れ込み部分だけでなく、その周辺にあるストラクチャーなどにもバスがついていることも多い。

↓登場する釣り用語

夏の攻略と言えばシェード

夏の攻略と言えばシェード

シェードとは日陰のこと。夏は水温の上昇に加え日差しも強くなってくる。そのためバスは少しでも水温が低く、直射日光の当たらないシェード部分にいることが多くなってくる。
シェードは至るところにあり、橋の下や浮いているゴミの下など様々な場所にできる。また、シェード攻略のメインとも言えるのが、岸際に生えた木などが水面まで覆いかぶさるように生えているハングオーバーと呼ばれる木の下にできるシェード。そういった場所は上から虫などが落ちてくることも多いため日中でも捕食体制に入っているバスがいることが多い。

↓登場する釣り用語

湧き水も夏のバス攻略のカギとなる

湧き水も夏のバス攻略のカギとなる

湧き水がでている場所も水温が下がりやすくブラックバスもつきやすい。特に湧き水は見た目では分かりにくいため他のアングラーが攻めていない可能性が高く、バスもプレッシャーを受けていないので釣れる可能性も高い。

↓登場する釣り用語

夏は朝マズメが一番釣れやすい

夏は朝マズメが一番釣れやすい

朝マズメは夏限定の攻略方法ではなく、年間を通して釣れやすい時間帯だ。
※朝マズメとは日の出の前後のこと。一方日没前後のことを夕マズメと言う。

夜間は太陽による水温上昇がなくなるだけでなく、気温の低下と共に水温も低下する。そのためバスの活性も上がりやすい。特に朝マズメは太陽が昇ってもすぐに水温が上昇する訳ではないので釣れる可能性が高い。

夏は日の出時刻が他の季節よりも早くなるため早起きが必要になるが、早く起きることで夏でも簡単にブラックバスを攻略することが可能だ。

↓登場する釣り用語

夏でも雨やくもりの日は攻略しやすい

夏でも雨やくもりの日は攻略しやすい

夏でも雨やくもりの日はバスが釣れやすい。雲により日差しが遮られローライトと呼ばれる状態になると、ポイント全体がシェードと同じ状況になり日中でも水温が上昇しにくい。

また雨によりバックウォーターや支流などから水温の低い水が流れ込むことでダムや池など全体の水温が下がるためバスの活性は高くなりやすい。特に大量に流れ込むと雨の上がった翌日でもすぐには水温が上昇しないためバスの活性も高いまま続きやすい。

さらに言えば、流れ込み部分は上流部にいた小魚や虫などが多く流されてくることもあり、より釣れやすい状況が出来上がる。

↓登場する釣り用語

夏は水中の溶存酸素量を考えることもバス攻略には必要

夏は水中の溶存酸素量を考えることもバス攻略には必要

真夏になるとさらに水温は上昇してくる。水温の上昇はブラックバスの適水温から大きく外れるだけでなく溶存酸素量が減少する。溶存酸素量とは水中に溶けている酸素量の事だが、水温が高いと酸素が水に溶けにくいため溶存酸素量が減りやすく、水温が低いと酸素が水に溶けやすいため溶存酸素量が増えやすい。ブラックバスをはじめ多くの魚は口から水を吸い込みエラでこの溶存酸素を取り込み呼吸している。つまり、水温が上がると酸欠状態になるためバスの活性は下がりやすい。

そういった状況の時は流れ込みのある場所など酸素量が多い場所にバスは集まりやすい。

↓登場する釣り用語

夏でも風があると攻略しやすい

夏でも風があると攻略しやすい

風はアングラーの敵となることが多い。風によりルアーが飛ばなくなることやラインが風に煽られてうまくルアーを動かせないことも多い。しかし夏のブラックバスにしてみると風により水面が波立てば酸素量が増えるしアングラーはもちろん鳥などからも姿を見えにくくしてくれるため警戒心が薄れやすい。さらに風により表層付近水温も下がりやすいためバスの活性が上がることが多い。

風がある日は釣りを諦めるアングラーも多いが、夏に風が吹いている時こそブラックバスを攻略しやすい。

↓登場する釣り用語

水草も夏の一級ポイント

水草も夏の一級ポイント

ウィードといった表現が良く用いられるが水草も夏バス攻略の一級ポイントとなる。夏は日差しが強く光合成しやすい水草は水中の二酸化炭素を吸収し酸素を放出する。そのため水草のある場所には溶存酸素量が豊富にある。
また、水草はシェードと同じように直射日光を遮ってくれるうえに、小魚などバスの餌となるベイトからバスの姿を隠してくれるためブラックバスにとっては快適な環境となりやすい。

夏を攻略するのであれば、シャードや流れ込みと同様に水草の生えている場所も攻めてみよう。

↓登場する釣り用語

夏の減水は年間を通した攻略の糸口が見つかるチャンス

夏の減水は年間を通した攻略の糸口が見つかるチャンス

夏に雨が降らないとダムや野池の水が減水する。ニュースなどで水不足など取り上げられるぐらいになると、それまで見ることができなかった底の地形が見えるほど減水する。

つまり普段であれば、ロッドに伝わる振動などから想像していた地形を間近に見ることができるようになる。普段は水中にある地形を直接見ることができれば、夏以外の通常の水量の場合でもどういった場所にバスがつきやすいのかを知ることができる。
場合によってはそれまで知らなかったバスのつきやすいストラクチャーがあるポイントや、カケアガリの角度なども知ることができる。

また、減水するとバスの生活域は極端に減少する。減水によって活性が下がることもあるが、ダム湖や池のブラックバスの密度が濃くなるうえに、バスはより水温の低い場所に溜まりやすいので、天候などの状況次第で釣れやすくなる。

↓登場する釣り用語

夏の攻略は野池とダム湖の使い分けも重要

夏は日差しや気温の影響で水温が上がりやすい。ただし、小さな野池と大きなダム湖ではその上昇の仕方は大きく異なる。

野池のように水量の少ない場所は水温が上がりやすく、ダム湖のように水量の大きい場所ほど水温は上がりにくい。また、雨などによって水温が低下する場合には小さいほど下がりやすく、大きいほど下がりにくい。

つまり、ちょっとした雨が降っただけであれば、野池のような規模の小さい場所の方がしっかりと温度が下がりやすく、大量の雨が降った後に再び日差しの強い日が続いてもダム湖のように大きい場所の方が水温が上がりにくい。
さらに言えば、冒頭で紹介したアーリーサマーはダム湖ほど長く続きやすい。

雨だから釣れやすいといった攻略だけではなく、そういった大きさや水量に合わせてポイントを変えることで他のアングラーよりも釣果を伸ばすことが可能となる。

↓登場する釣り用語

その他のシーズナルパターン

ブラックバスのシーズナルパターン

ブラックバスの春の産卵行動

春のプリスポーニングからアフタースポーンまでのブラックバス攻略

夏のブラックバス攻略

秋のブラックバス攻略

冬のブラックバス攻略

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事