RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

春のヒラスズキ攻略

春のヒラスズキ攻略

春のベストシーズンのヒラスズキ攻略

春はヒラスズキのベストシーズン。産卵により疲れ切っていたヒラスズキもベイトやルアーを追えるだけの体力が回復している時期になる。しかし完全に体力が回復している訳ではないためベイトを積極的に捕食していることが多く、数だけでなくランカーなどの大型が交じることも多い。
また、春になると水温の上昇と共にヒラスズキの活性もあがるだけでなく、ベイトの数も増えるため沖の深場にいたヒラスズキも多数接岸してくる。

ここでは春のヒラスズキ攻略の基本や春の特徴などについて紹介していく。

↓登場する釣り用語

春の大型アオリイカが釣れだすとヒラスズキも釣れだす

春といっても年によって水温が異なるためヒラスズキのシーズンインが早い年もあれば遅い年もある。そのため一概には言えないがゴールデンウィーク前後から本格的に始まることが多い。
また、もう一つ目安としてアオリイカの釣果がある。アオリイカは水温が15度以下の場合には沖の深場で大人しくしているが、15度を超えてくると産卵のために接岸してくる。
水温が15度を超えてくるとヒラスズキにとっても適水温に近づいてくるため接岸してくる個体も多くなる。
エギングなどでアオリイカの釣果が聞こえてきたら春のヒラスズキのシーズンインとなりやすい。

↓登場する釣り用語

初春は水温変化に注意

上記で記載したように仮に水温が15度を超えていてもヒラスズキの活性が高くなっているとは限らない。特に初春は寒い日もあれば暖かい日もある。気温が変化すれば当然水温も変化する。そのため前日が16度以上であったにも関わらず当日の水温が15度になるようではヒラスズキの活性は低くなりやすい。
あくまでも前日や前々日などの水温と相対的に比較することでヒラスズキの活性を予想することが大切だ。

↓登場する釣り用語

4月になれば全国的にヒラスズキの産卵が終わっている

冬に産卵するヒラスズキ。地域差があるため一概には言えないがおおよそ12月~1月ごろが産卵のピーク。中には遅く産卵する個体もいるがだいたい春前の3月頃にはほとんどのヒラスズキが産卵を終えている。そのため4月になるとアフターと呼ばれる産卵(スポーニング)を終えたヒラスズキが体力を回復しようと積極的にベイトを捕食する。

↓登場する釣り用語

春のヒラスズキにはスローアクションで攻略

「初春は水温変化に注意」でも記載したが春はまだまだ水温の低い日が続くことも多い。水温が低ければ、真冬ほどではないにしろヒラスズキの活性も下がりやすい。また、上記で記載したように産卵で体力がなくなった個体が多く、早く動くルアーを追いきれないことも多い。
そのため春にヒラスズキを攻略するのであればスローアクションが基本となる。

↓登場する釣り用語

タイトに狙えば早春に多いアフターのヒラスズキも攻略できる

体力のないヒラスズキはルアーを追いきれなくなると同時に捕食範囲が狭くなる。そのためシモリ(沈み根)から離れた位置にルアーを通してしまうとヒラスズキが下から食い上げてくることが極端に少なくなる。そのため春はサラシの下にあるシモリの近く、つまり狭くなったヒラスズキの捕食範囲にルアーを通してやる必要が出てくる。

↓登場する釣り用語

晩春になるとヒラスズキも活性が上がってくる

晩春になるとアフターでゲッソリと痩せていたヒラスズキも減り、多くのヒラスズキが体力を回復している。そうなると、スローアクションやピンポイントな攻略でなくてもヒラスズキのバイトが得られるようになり、比較的簡単にヒラスズキを釣ることができる。

↓登場する釣り用語

高活性な春はとにかくランガン

上記のように春のハイシーズンになるとヒラスズキは釣れやすくなるものの、多くのアングラーがヒラスズキを求め動き出すため、有名ポイントだけでなく普段は人影の少ないポイントでもヒラスズキアングラーが見かけるようになる。

そんな中、釣果を大きく左右する要因は広範囲を攻められたかどうかにかかってくる。
そもそもヒラスズキは1つのポイントに対して数投で決着がつくことが多く、先にポイントを攻めたもん勝ちの所がある。
そのため、他のアングラーが入っていないポイントに誰よりも先に入ったり、他のアングラーが少なくなるような遠いポイントなどをどんどんランガンし攻めることが重要となる。

↓登場する釣り用語

河口近くのポイントが春は釣れやすい

春は回遊性のあるベイトの接岸だけでなく、冬から春先に生まれた稚アユなどのベイトが河口付近に集まる時期。そのためベイトが増える河口付近はもちろん、河口が近くにあるサーフや磯などにもヒラスズキも多く接岸してくる。

また、アユが生息する河川がない地域でもボラの稚魚であるハクやイナッコなどが河口付近に集まるためヒラスズキが捕食をしに集まってくる。

↓登場する釣り用語

梅雨の時期はサラシができやすいが、濁りもでやすい

6月から7月ごろの梅雨の時期になると、低気圧が接近する機会が増えサラシができやすい。そのためヒラスズキ日和となる日が多くなる。
また、雨による増水で河川にいるベイトが流されてることもあり、ヒラスズキが多く接岸してくる。

ただし、増水により河口周辺は濁ることも多く、濁りがでてしまうと濁りを嫌うヒラスズキは接岸してこないか、濁りの少ない場所へと移動してしまう。

つまり春は天候などの状況変化に合わせてポイントなどを変えられるかどうかが釣果が大きく左右する。
普段から濁りが出やすいポイントや増水時に釣れやすいポイントなどを調べておくとどんな状況でもヒラスズキを安定して手にすることができる。

↓登場する釣り用語

季節別のヒラスズキ攻略

春のヒラスズキ攻略

夏のヒラスズキ攻略

秋のヒラスズキ攻略

冬のヒラスズキ攻略

登場する釣り用語

  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • 沈み根・・・水中に沈んでいる岩のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • サーフ・・・海岸のこと