RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ショートロッドのメリット

ロングロッドにはないショートロッドのメリット

釣竿にはロングロッドと呼ばれる長い釣竿とショートロッドと呼ばれる短い釣竿がある。もちろんどちらにもメリットがありデメリットがある。
ロングロッドのメリット」はこちらに記載させていただいたので、ここではショートロッドのメリットについて紹介していく。

ブラックバスやシーバスはもちろんこと、メバリングやアジング、ショアジギングやヒラメ釣りなどどんな釣りでも同じことが言えるので自分の釣りに置き換えて読んでいただければと思う。

↓登場する釣り用語

メリット1:ショートロッドなら正確なキャストがしやすい

アキュラシー(正確性や精度のこと)と言った言葉が良く使われるが、狙った場所に正確にキャストしやすいのがショートロッドの最大のメリットと言っても過言ではない。
狙った場所に正確にキャストできることで釣果が変わってくることはもちろん、不要な根掛かりなども減らすことが可能になる。

↓登場する釣り用語

メリット2:ショートロッドは軽いので疲れにくい

ロッドは長くなればなるほど重く、短ければ短いほどロッドは軽くなる。ロッドが軽くなれば、キャストはしやすいし長時間釣りをしていても疲れにくい。
もちろん力のある方であればロングロッドで1日中釣りをすることも可能が、あまり力に自信のない人は軽いショートロッドの方が釣れにくいと言ったメリットが出てくる。

特にランガンスタイルで色々なポイントを移動しながら魚を探していくのを基本としている方はショートロッドの方が軽いうえに取り回しもしやすいのでおすすめだ。

↓登場する釣り用語

メリット3:ロングロッドよりもショートロッドは感度が良い

魚からのアタリはラインからロッドの先端を通じて手元まで伝わる。つまりロッドの先端と手元が近ければ近いほどアタリを感じやすい。
ショートロッドであればそういった細かいアタリもしっかりと感じ取ることができるためフッキングをしっかりと入れていくことができる。

また、魚が当たったのが障害物へ当たったのか分からない。と言った経験を一度でもしたことのあるアングラーが大半のはずだ。
ショートロッドは感度が良いため、どちらのアタリかを見極めやすいといったメリットもある。

↓登場する釣り用語

メリット4:価格が安い

ショートロッドはロングロッドよりも価格が安い。もちろん、メーカーやロッドの種類によっては同額のこともあるが、大半のロッドはショートロッドの方が安くなっている。

↓登場する釣り用語

メリット5:短いからこそ様々なキャスティングがしやすい

ショートロッドは正確性が高いだけでなく、様々なキャスティングがしやすい。といったメリットもある
基本的なオーバヘッドキャストやサイドキャストはショートロッドだけでなくロングロッドでも問題なくできる。しかし、ブラックバスを狙った釣りなどで多用されるフリップキャストなどはロングロッドでもできなくはないが、足場の低い地などではショートロッドの方がしやすい。
その他のキャスティングも同じように多彩なキャスティングがしやすいのもショートロッドのメリットと言える。

↓登場する釣り用語

メリット6:狭い場所でもショートロッドならキャストできる

ショアジギングやシーバスフィッシングなどソルトフィッシングと呼ばれる海での釣りではあまりそういったシチュエーションは少ないが、ブラックバスを釣り場合などでは狭い場所でキャストしたいことも多いだろう。
そういった時にもショートロッドならキャスティングしやすい。

ロングロッドのメリット

ショートロッドのメリット

ハイギアリールとローギアリールのメリット

登場する釣り用語

  • ショア・・・岸からの釣り
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと