RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

イカパターンのシーバス攻略

あまり知られていないイカパターン

↓登場する釣り用語

イカパターンとは

あまり知られていないベイトパターンにイカパターンがある。
主に5月から8月ごろに回遊してくるイカをシーバスがメインに狙うのがイカパターン。

真水を好まないイカは雨が降ると深場に移動してしまう。また海が荒れている時なども同様に深場に移動する。そのため、なかなか接岸する機会が少ないのが特徴。

しかし20cm~30cmの個体が多く回遊している時はシーバスもイカを捕食する。また、ベイトとしては比較的サイズが大きいため、釣れるシーバスも大きいのがこのパターンの特徴だ。運が良ければランカーシーバスが釣れることも少なくない。

漁港や港湾だけでなく、サーフなどにもイカは回遊してくる。特にサーフでは波によって浜にイカが打ち上げられることもあり、ポイントに入ると浜で「キュー、キュー」と泣いているのをみることができる。

ただし、回遊してくるのは基本的に夜となるためナイトゲームが中心だ。

↓登場する釣り用語

イカパターンのシーバス攻略方法

↓登場する釣り用語

いつも通りのルアーで釣れる

イカパターンだからと言って特別なルアーは必要ない。10cm~15cm前後のルアーをゆっくりと引くだけでシーバスのバイトを十分誘うことができる。

また、トゥイッチなどを入れてもよいが、基本はゆっくり目のストップアンドゴーなどでイカの動きをまねるだけでよい。

↓登場する釣り用語

常夜灯の下にもイカが集まる

イカは常夜灯の光に集まることが多いため、イカパターンの時期は漁港や港湾などにある常夜灯周りを狙おう。

↓登場する釣り用語

イカが回遊してくる場所としてこない場所がある

イカは回遊してくる場所と回遊してこない場所がはっきりと別れる。そのため毎年必ず回遊してくる場所もあれば、少し離れただけでまったく回遊してこない場所もある。

イカパターンでランカーシーバスを狙うのであれば、毎年接岸してくるポイントを探しておこう。

↓登場する釣り用語

富山湾のホタルイカパターン

富山湾では特別なイカパターンがある。

通常深海にいるホタルイカが3月から6月になると産卵のため浅場にやってくる。特に富山湾では多くのホタルイカが浅場によってくるため、ホタルイカを狙ってシーバスもあつまってくる。これが富山湾のホタルイカパターンだ。

特に新月の夜に接岸してくることが多く、サーフなどではホタルイカが大量に打ち上げられている。

ホタルイカは非常に小さいイカのためホタルイカパターンの場合は数センチ前後の小さいルアーが基本となる。またアクションもかなりゆっくり巻く方がシーバスの反応も良い。

↓登場する釣り用語

その他のシーズナルパターン

全14種類のシーバスのシーズナルパターン

ハクパターンのシーバス攻略

アミパターンのシーバス攻略

イカナゴパターンのシーバス攻略

イナッコパターンのシーバス攻略

イワシパターンのシーバス攻略

コノシロパターンのシーバス攻略

ハゼパターンのシーバス攻略

サヨリパターンのシーバス攻略

ハタハタパターンのシーバス攻略

バチ抜けパターンのシーバス攻略

マイクロベイトパターンのシーバス攻略

稚アユパターンのシーバス攻略

落ちアユパターンのシーバス攻略

ヒイラギパターンでのシーバス攻略

登場する釣り用語

  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。