RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

波が高い日、風が強い日のサーフでのヒラメの釣り方

波が高い日、風が強い日のサーフでのヒラメの釣り方

波が高い時や風が強い時のサーフでのヒラメ攻略法

サーフでヒラメを狙う場合、凪の日もあれば時化の日もある。また、無風の日もあれば強風の日もある。特に時化や強風の日はいつもと同じ釣り方では遠投できなかったり、ルアーが思ったように動いてくれない。また、場合によってはアタリに気づかずルアーに歯型だけがついてくることも多くなりやすい。

今回は波が高い日や強風の時のサーフでのヒラメの釣り方についていくつかポイントを紹介していく。

↓登場する釣り用語

風が強い日のヒラメの釣り方

↓登場する釣り用語

向かい風が強い時はキャストをライナー気味で投げる

アングラーの後ろから風が吹くような追い風の時は風がルアーを押してくれるので誰でもキャストがしやすくなる。しかし向かい風の場合は、ルアーが進む方向から風が吹くためルアーが失速しやすいだけなく飛行姿勢が崩れやすくなり飛距離がでにくい。

そんな時はできるだけライナー気味にキャストしよう。
地上付近を吹く風は海面や地面との摩擦により上空よりも風の力が弱い。そのためいつものように高さを出してしまうと上空の強い風に負けてしまい失速したり飛行姿勢を崩しやすい。また特に風が強い日は着水に近づくにつれてルアーが押し戻される前に着水させることができる。
普段よりも飛距離は落ちてしまうが、ライナー気味にキャストすることで風の中でもしっかりと距離を出していくことが可能となる。

角度などは風速によって変わってくるため一概に言えないが、少しずつ角度を変えその日に最も距離の出やすい角度を見つけることで遠投していくことが可能となる。

↓登場する釣り用語

横風のポイントはできるだけ避ける

風が強い日には横風となるポイントよりも向かい風または追い風となるポイントを選ぶのも攻略する上で重要だ。
横風はキャスト時にラインが風に煽られ糸ふけが多く出てしまいやすい。糸ふけが多く出てしまえばポイントにルアーを通すことが難しくなるだけでなく、糸ふけによってアタリなどの感触が手元まで伝わりにくいためアタリに気づきにくく、歯型だけがルアーに残ることも多くなる。
仮にアタリに気がつかなくてもヒラメがバイト後に反転し勝手に針がかかることもあるだろうが、そういった場合にはヒラメの口に針が根元まで貫通しておらずバラシの可能性が高くなる。
風が強い日にはできるだけ横風のポインを避け、向かい風や追い風となる場所を選ぶことでそう言ったことを減らすことができる。

ただし、地域によってはポイント全てが横風となってしまうこともあるだろう。そんな時は少しでも横風による糸ふけを抑えるために斜めにキャストすることが重要だ。
斜めにキャストすることで斜め後ろまたは斜め前から風を受けることになるため糸ふけを抑えることができる。

↓登場する釣り用語

追い風はアングラーにとって釣りがしやすく、向かい風はベイトが集まりやすい

追い風は飛距離ができやすいため普段届かない沖のブレイクなどを攻めることができるなどヒラメを狙うアングラーにとっては釣りがしやすい。
また、追い風により波の速度が遅くなりやすく、波のパワーも抑えられるため向かい風よりも波によるラインやルアーへの影響が小さくなりやすい。

一方、向かい風はアングラーにとっては釣りがしにくい状況となりやすいが、風によって表層付近は岸に向かって流れが強くでるため、遊泳力のない小魚などが集まりやすくヒラメが多く接岸してくる可能性が高い。
また、多くのアングラーが追い風のポイントに入りたがる傾向にあるため、向かい風のポイントは空いていることも多い。
さらに遠浅サーフなどではサーファーもオフショアと呼ばれる追い風の環境を好むため追い風のポイントよりも向かい風のポイントの方がサーファーも少ないことが多い。

↓登場する釣り用語

風が強い日にはフェザーリングでライントラブルを防ぐ

先程も記載したように風が強い日は糸ふけがいつもよりも多く出やすい。糸ふけが多く出れば突如結びコブができたり、ガイドにラインが絡まったりと様々なライントラブルの原因となる。
そう言ったライントラブルを避けるためにもフェザーリングを必ず行う必要がある。釣りを始めたばかりのアングラーにとっては少し難しく感じることもあるが、フェザーリングはライントラブルを抑えることはもちろん、ルアーの立ち上がりを早くしたり、ボトムを感知する上で欠かすことのできないテクニックであるため必ずマスターしておこう。

スピニングリールのフェザーリング(サミング)のやり方と必要性

↓登場する釣り用語

ロッドを下げ風の影響を少しでも下げる

ロッドを立ててしまうとリトリーブ中にもラインが風の影響を受けてしまい、糸ふけができやすい。糸ふけができれば先程記載したようにアタリに気づけなかったり、ライントラブルの原因にもなる。
できるだけロッドを寝かすことで風の影響を最小限に抑えることが可能だ。

ライントラブルの原因と11の防止対策(PEライン・スピニングリール)

↓登場する釣り用語

シルエットの小さいルアーは風の影響を受けにくい

強い風の影響を受けるのはラインだけではない。ルアーもその影響を強く受ける。そのため追い風の状況を除き横風や向かい風の場合にはシルエットの小さいルアーがおすすめだ。
シルエットを小さくすることで風の影響を抑え、飛距離を出すことができる。
ただしルアーのサイズが小さくなればアピール力が減る。キャスト回数やルアーアクションでアピール不足をカバーしていこう。

↓登場する釣り用語

波が高い日のヒラメの釣り方

波が高い日のヒラメの釣り方

↓登場する釣り用語

ロッドを立てて手間の波をかわす

風が強い日とは逆に波が高い日はロッドをできるだけ立てよう。波にラインが拐われると風が強い日と同様にラインが引っ張られ糸ふけができてしまう。
ロッドをできるだけ立てることで全ての波をかわすことは無理でもその被害を最小限に抑えることができる。

↓登場する釣り用語

リトリーブスピードを上げる

波によって影響を受けるのはラインだけではない。ルアーも波の影響を受けるため、波によってルアーが必要以上に浮いてしまったり、リトリーブスピードよりも波のスピードが早くルアーが本来のアクションをしてくれないこともある。
ルアーがアクションしてくれなければ、ゴミと同じでヒラメがバイトしてくることはない。波が強い時はいつもよりもリトリーブスピードを上げてしっかりとルアーをアクションさせよう。

↓登場する釣り用語

フローティングよりもシンキング、シンキングよりもベビーシンキングミノー

表層付近を泳がせやすいフローティングミノーは波の影響を強く受けやすい。そのためルアーがうまく泳いでくれないばかりか、波に乗って水面から飛び出してしまうことも少なくない。
そんな時はシンキングミノーの方が海面にできる波の下を泳がせることができるためそう言った現象を抑えることができる。
また、シンキングミノーよりもさらに比重の重いヘビーシンキングミノーであれば波の下を泳がせることができるだけでなく、ルアーの重さでラインがしっかりと張ることができるためライントラブルなども避けることが可能だ。

ミノー意外にメタルジグなども有効となるため波が高い日は比重の重いルアーを中心にローテションをすることでヒラメを釣りやすくなる。

↓登場する釣り用語

ゴミが溜まっていないサーフやポイントを探す

波が高くなった日のサーフには海藻などのゴミが溜まりやすい。多少のゴミであれば気にする必要はないが、多くのゴミが集まってしまうとヒラメがサーフからいなくなってしまうだけでなく、アングラーにとっても釣りをしにくい。

また、ゴミが溜まりやすいサーフとゴミが溜まりにくいサーフがある。さらに同じサーフ内でもゴミの溜まりやすいポイントと溜まりにくいポイントがある。地形や波の向きなどに影響するためどこに集まりやすいと明言しにくいが、普段からゴミの溜まりやすい場所を確認しておくことで波が高くゴミが多い日でもヒラメ釣りをしやすい場所に入ることができる。

↓登場する釣り用語

波により底荒れしているサーフを避ける

波が高くなると海底の砂などが巻き上げられ底荒れにより濁りがでやすい。適度な濁りはヒラメを釣る上でプラスの要素となるが、底荒れのような状態は多くのヒラメが沖にでてしまう。また、残っているヒラメも海底の砂の中に潜ってしまうためルアーなどにバイトしてくるはほぼなくなってしまう。

もちろんそう言った状況でもバイトしてくる活性の高いヒラメがいることもあるが、できるだけ底荒れのしていないサーフを探し釣りをした方が攻略はしやすい。

濁りがある時のヒラメの釣り方

↓登場する釣り用語

ランディングの際には引波に注意が必要

ヒラメを釣った経験があるアングラーの方はご存知だろうが、ヒラメをランディングする際、引波にヒラメが乗ってしまうとヒラメの体重の何倍も重くなる。また、引波に合わせてロッドをうまく操作しないとラインテンション緩みやすくフックが外れてしまうことが多い。そのため波打ち際はラインブレイクやフックアウトといったバラシの可能性が最も高くなるのだが、波が高い日は引波がさらに強くなるため普段の日よりもさらにヒラメをバラす可能性が高くなる。

引波をうまく避け、寄せ波にヒラメを乗せるようにタイミングを計りながらランディングを行うようにしよう。また、プロのアングラーでさえも引波と寄せ波のタイミングを読み間違えることも多い。そんな時でも慌てず、強引にならず、落ち着いてタイミングを取り直そう。

↓登場する釣り用語

波が高い時は内湾や漁港が高ポイントになることも

波が高くなるとヒラメの餌となる遊泳力のないベイトは、波のない内湾や漁港内などに逃げ込むことが多い。そのためヒラメもベイトを追って内湾や漁港内に多く入ってくることがある。
さらに波の強い日が長く続き、ベイトがそういった場所に長くいるようになれば、期間やベイトの数に比例して集まってくるヒラメの個体数も多くなりやすい。

ただし、注意が必要だ。波が高くてもベイトが集まっていない場所やすぐに移動してしまうような場所にはヒラメも入ってくることが少ない。できるだけたくさんのベイトが長く集まっているような場所を探してみよう。

漁港内でのヒラメ(マゴチ)の釣り方

↓登場する釣り用語

風が強い日の遠浅サーフでは離岸流の下はさらに掘れる

急深サーフやドン深サーフと呼ばれる手前から水深のあるサーフでも同じことが言えるが、特に遠浅サーフと呼ばれる沖まで比較的水深の浅いサーフでは、波が高くなりやすく、波が高くなれば寄せてくる波のパワーも強くなる。そして寄せてくる波のパワーが強くなれば波が沖に出ていく離岸流のパワーも強くなり、離岸流の下はいつもよりもさらに深く掘れる。

また、海面の波が高くても海底付近はアングラーが思っている以上に波の影響を受けていないことが多い。そのため離岸流によって掘れている場所はいつも以上にヒラメが集まりやすい場所となる。
普段から離岸流はヒラメを狙う上での一級ポイントではあるが、波が高いとはさらに高い確率でヒラメがいる可能性があるので丹念に攻めてみよう。

↓登場する釣り用語

波が高い日は遠浅サーフよりも急深サーフがおすすめ

波が高い日は波足が長くなりやすい。特に遠浅サーフは水深が浅いことから急深サーフよりも波が高くなりやすく波足も長くなりやすい。そのためいつもよりも数十メートル以上下がって釣りをしなければならないことも多くなる。
一方、急深サーフは水深が深いため遠浅サーフよりも波が高くなりにくく波足も短くなりやすい。そのためいつもよりも下がって釣りをすることにはなるものの比較的に前に出て釣りをすることが可能だ。

また、先程も記載したように、海面に波が立ち荒れているように見えても海底付近は比較的荒れていないことが多い。そして水深が深ければ深いほど波の影響は薄れるため海面が荒れていてもヒラメが多く接岸していたり、底荒れする可能性や規模が小さくなりやすい。
急深サーフは静岡や富山、高知など限られた場所にしかないが、そう言った場所のアングラーは遠浅サーフよりも急深サーフを選択することで波が高い日でもヒラメを攻略していくことができる。

急深サーフのヒラメ攻略のポイント

↓登場する釣り用語

安全のためにも立ち込み過ぎない

波が高い日や風が強い日の攻略法でないが、波は毎回一定の高さで押し寄せてくるわけではない。そのため数回、数十回に一度他の波よりも大きな波が押し寄せてくる。
他の波から安全だと思い深く立ち込んでしまうと大きな波に足元をすくわれてしまう危険性がある。
波が高い時は安全だと思う場所よりもさらに数歩下がるぐらいの気持ちでヒラメを狙うようにしよう。

↓登場する釣り用語

ラインを細くすると波や風の影響を受けにくい

波が高い時はもちろん、風が強い時にはラインを細くすることでそう言った影響を小さくすることができる。
もちろん、風が強いから新しい細いラインに巻きかえると言ったことは難しいと思うが、替えのスプールに普段よりも細めのラインを巻きつけておくことで、1つのリールで違う太さのラインを使用することができる。

また、替えのスプールを用意しておけばライントラブルなどで大量のラインを失った場合でもスプールを変えるだけで釣りを続けることが可能となる。
もちろん、費用はかかってしまうが、せっかくの休日に釣りを楽しみたいのであれば替えのスプールを1つでいいので持っていると様々な状況に対応することができる。

登場する釣り用語

  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • オフショア・・・船釣りのこと
  • ショア・・・岸からの釣り
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • リトリーブ・・・リールを巻きルアーを泳がせること
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • フック・・・釣り針のこと。