RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

雨やくもりの日はシーバスが釣れやすい理由

晴れた日よりも雨やくもりの日はシーバスが釣れやすい

晴れた日はアングラーにとっては釣りをしやすい状況だが、晴れた日よりも雨やくもりの日の方が魚の活性は上がりやすく釣れやすい。

ここではシーバスをメインに雨やくもりの日の方が釣れやすい理由についてご紹介していくが、雨やくもりはシーバスだけの活性を上げる訳ではない。ヒラメはもちろん、チヌやブラックバスなどフィッシュイーター全般の活性を上げるので、それぞれをターゲットとしているアングラーはターゲットの魚に置き換えて読んで貰えればと思う。

↓登場する釣り用語

雨音がアングラーの存在をかき消してくれる

ご存知のようにシーバスは非常に警戒心の高い魚である。そのため、水面にアングラーの存在が見えてしまうことはもちろん、近くに車を駐車しただけでもその音で逃げてしまうシーバスも多い。
特にランカークラスのシーバスとなると警戒心は非常に高いためちょっとしたプレッシャーで口を使わなくなってしまう個体も多い。

しかし雨がふることで、アングラーの足音や車の音などをかき消してくれる上に、雨によって水面にできる波紋がアングラーの姿が見えてしまうのも防いでくれる。

↓登場する釣り用語

雨の日は鳥が少なくなる

鳥の多くは体が濡れてしまうことを嫌う。濡れてしまうことで体が重くなり普段飛ぶよりも体力を激しく消耗するからだ。
そのため、雨の日は鳥たちが活発に動き回らないため、ベイトにかかるプレッシャーが減りベイトが水面付近に上昇する上に活発に動き回ることで必然的にシーバスの活性も上がる。

くもりも雨ほどではないにしろ、鳥の視認性が悪くなるためベイトの活性は上がりやすい。

↓登場する釣り用語

水温が激しく変化しない

魚は水温が急激に変化することを嫌うため、水温が変化しすぎると、水温の安定している深場に移動してしまう上に活性も落ちてしまう。
特に夏場は日が登ると気温の上昇とともに急激に上昇し釣れにくくなるが、雨やくもりの日は雲の影響で日差しが遮られるので、急激な水温の変化が起きづらくベイトだけでなくシーバスの活性が高い時間が長く続く。

↓登場する釣り用語

ローライトによりプレッシャーがかかりにくい

晴れた日は日が昇ると日差しがさし魚の視界もよくなる。視界がよくなることでシーバスもルアーを見つけやすくなり、釣れやすそうに感じるが、シーバスの視界がよくなることで警戒心が高くなり、ストラクチャーなどの物陰に隠れたり、日の届かない深場へと移動しじっとしていることが多くなる。

もちろんそういった状況でも近くにルアーを通してやることで釣ることは可能だが、ルアーの届かない深場に移動してしまう個体が多くなったり、ルアーを積極的には追わなくなってしまうため釣りづらくなる。

雨やくもりによって日差しが遮られるローライトと呼ばれる状況になることで、警戒心が薄れ浅場に多くの個体が入ってきたり、ルアーや小魚を積極的に追い回す状況が出来上がる。警戒心の特に高いランカーシーバスもローライト化では釣れる可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

雨やくもりによるローライトによりルアーが見破られにくい

当然のことだがシーバスは餌だと勘違いするためルアーにバイトしてくる。そのためルアーが疑似餌であることがバレてしまえば反応してくることはない。

上記で記載したように晴れた日は魚の視界も良くなるため、ルアーが疑似餌であることがバレやすく、仮にチェイスなど追いかけてきても躊躇しバイトまでいたらないことも多い。

しかしローライト化では視認性が悪くなるためルアーであることがバレにくく晴れた日よりも釣りやすくなる。

↓登場する釣り用語

低気圧は魚の活性が上がる

雨やくもりの原因となる雲は低気圧によって発生する。そのため雨やくもりの日は上空に低気圧があることが多くなる。

高気圧内は上空から地上への下降気流が発生しているのに対して、低気圧内は地上から上空への上昇気流が発生している。また、言葉の通り高気圧は空気の圧力が高いため海面はもちろん水中にいる全ての生物に高い圧力がかかるのに対して、低気圧の下はかかる圧力が小さくなる。

そのため、低気圧の下では泳ぐことのできないプランクトンが水面付近に上昇する。プランクトンが水面付近に上昇し集まることで、プランクトンを餌としている小魚が水面付近に集まり活発に餌を捕食する。そのため小魚を狙ったシーバスの活性も高くなる。

↓登場する釣り用語

雨やくもりの日は小魚が集まりやすい

河川では雨が降ることで川が増水し流れも強くなる。そのため、体が小さく泳力の低い小魚はワンドなど流れの比較的緩やかな安全地帯へと入ってくる。
流れが多少強くなっても泳ぐことのできるシーバスにとっては小魚のいるポイントを絞りやすくなる上に、そういった場所は小魚を追い込み捕食しやすい絶好の場所となっている。

また、そう言った状況はアングラー側からしてもシーバスのいる場所を絞りやすくなるため釣りやすい状況となる。

↓登場する釣り用語

増水による濁りはローライトと同じ

雨が降り増水することで濁りも出てくる。濁りは先ほど記載したローライトと同様にシーバスの視認性を下げるためルアーを見破られやすくする上にアングラーの存在も消してくれる。
また、雨による河川の濁りは雨がやむ同時に濁りが取れるわけではなく、数日間続くためアングラー側が釣りをしやすい晴れた日でも釣れる状況が続くことも多い。

もちろん、シーバスがルアーも見つけやすくするためのカラーセレクトなどが必要となってくるが、選択さえ間違わなければ釣りやすい状況であることは間違いない。

↓登場する釣り用語

雨の日は河口付近にも活性の高いシーバスが集まる

増水の影響は河川だけでなく河口内や川が海へと流れ込む河口付近にもある。
河川の流れが強くなることで泳力の低い小魚はワンドなどの安全地帯へ避難するが、入ることができなかった小魚はもちろんのこと、シーバスなどに追われワンドなどにいれなくなった小魚が河川から河口付近まで流されてくる。そのため河口にもともといるシーバスの活性が上がるだけでなく、それを知っている外洋にいるシーバスたちも雨が降ることで河口付近に集まってくる。

また、雨により増水することで河口内の水かさも増すため、シーバスも河川へと遡上がしやすくなるため、河口付近のシーバスの個体数が増え釣れる可能性は飛躍的に高くなる。

↓登場する釣り用語

雨により増水すれば適水温になる

夏の水温上昇はシーバスの活性を著しく低下させる。
そんな時も雨が降ることで気温の低下とともに河川の水温も低下しシーバスの活性が上昇する。とくに河口や川の流れ込みのある港湾やサーフでは流れ込みを中心に水温が下がるためシーバスが集まり釣れやすくなる。
ただし、冬はもちろんのこと春や秋などシーバスにとって適水温の状況に関わらず冷たい川の水が流入すると、さらに水温が下がってしまうためシーバスの活性が下がってしまうこともある。

↓登場する釣り用語

曇りや雨の日は朝マズメの時間が長く続く

朝マズメは1日の中でシーバスが釣れる可能性が最も高い時間帯だ。
漁港を例に説明すると、夜の内に漁港内に避難していた小魚は周辺が明るくなる朝マズメになると外洋へといっせいに出て行く。そのため漁港内はもちろんのこと、漁港の出入り口には多くのシーバスが出ていく小魚を狙って集まってくる。

しかし雨やくもりの日は、日の出とともに急激に明るくなる訳ではないので漁港内に避難していた小魚がいっせいに出ず、群れ単位で徐々に出ていくため朝マズメの時間が長くなる。

朝マズメの時間帯が長くなることでシーバスの活性も高いまま長く続く。

↓登場する釣り用語

常夜灯まわりにシーバスがつきやすい

ナイトゲームと言えば常夜灯と言うくらい夜の常夜灯まわりはシーバスの高ポイントだ。常夜灯の灯りに集まる小魚を狙ってシーバスが集まるが、月明かりがある時は、小魚が常夜灯に集まらず散らばりやすいため釣れにくい。さらにアングラー側がライトなしでも釣りができる満月の夜などは常夜灯の下に小魚が集まっていないことも多い。

しかし雨やくもりの日は月の光を雲が遮っているため、常夜灯の下には小魚が集まり釣れる可能性が高くなる。

また、雲は月明かりによってアングラーの人影が海面に映ってしまうことも抑えてくれる効果もある。

↓登場する釣り用語

シーバスは塩分濃度の変化に強い

釣れる理由ではないが、雨により川が増水し河口や流れ込みのある場所の塩分濃度には変化が起きる。シーバスは名前の通り基本的に海の魚であるものの河川の上流部にもいるように塩分濃度の変化には非常に強い。そのため雨による増水で河口付近の塩分濃度が変化しても活性が下がりにくく釣れる可能性は十分にある。
一方ヒラメやイカなどは塩分濃度が下がることを嫌うため、豪雨などによって周辺の塩分濃度が大きく変わってしまうと活性が下がったり、その場から離れてしまうことが多い。

増水パターンのシーバス攻略

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • 疑似餌・・・魚などの形をした釣具のこと。ルアーやエギのこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと