RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

泳がせ釣りの仕掛け9選

泳がせ釣りの仕掛け9選

全9の泳がせ釣り用の仕掛け

泳がせ釣りの仕掛けと言っても様々な物があり、それぞれにメリットとデメリットがある。
今回は様々な泳がせ釣りを紹介しつつそれぞれの特徴について説明していく。

↓登場する釣り用語

基本的な泳がせ釣りの仕掛け

基本的な泳がせ釣りの仕掛け

一番下にオモリを付け三叉サルカンにハリスを付けた最もオーソドックスとも言える泳がせ釣り用の仕掛け。
青物やシーバス、ヒラメなどはもちろん根魚なども狙うことができる。

  • 海底から何メートルと言った決まったレンジを泳がせることができる。
  • オモリを重くすれば仕掛けを動かさずピンポイントを狙うことができる。
  • オモリを軽くすれば生き餌を動けるためある程度広範囲のボトムを攻めることができる。
  • 根掛かりする可能性が最も高いが、三叉サルカンとオモリの間のラインを少し細くする(通称、捨て糸)ことでオモリが根掛かりしてもオモリだけを切り離すことができる。
  • ↓登場する釣り用語

    ウキ仕掛け

    ウキ仕掛け

    こちらも使用されることが多い泳がせ釣り用の仕掛けでウキを使用するため、表層付近から中層付近を攻めるの適した仕掛け。
    水深が分かっている場所であればヒラメやマゴチと言ったボトム付近にいる魚を狙うこともできるが、どちらかというとブリやカンパチと言った青物やシーバスなど水中を泳ぎ回るフィッシュイーターを狙うのに適している仕掛けだ。

  • ウキ止めの位置を変えるだけでレンジを変えられる。
  • 比較的根掛かりがしにくい。
  • アタリをウキの動きから見ることができる。
  • 潮に乗せたり、アジやイワシなどを誘導すれば遠投するよりも沖を泳がせられる。
  • ウキやウキ止めなどがあるため仕掛けを作るのに手間がかかる。
  • ウキの抵抗により生き餌が弱りやすいことがある。
  • ↓登場する釣り用語

    中通しオモリ仕掛け(ぶっこみ仕掛け)

    中通しオモリ仕掛け(ぶっこみ仕掛け)

    中通しのオモリを使用した泳がせ釣り用の仕掛け。ヒラメや根魚などを狙うのに適している。

  • 生き餌に食いついてもオモリの重さを感じないためエサを離すことが少ない。
  • 生き餌の動きに制限が少ないためエサが弱りにくい。
  • 根掛かりしやすく、根掛かりすると仕掛けを1から作り直すことが多い。
  • ラインがフリーに出てしまうためターゲットが走らないとアタリを感じにくい。
  • ↓登場する釣り用語

    エレベーター仕掛け

    エレベーター仕掛け

    最初に紹介した「基本的な泳がせ釣りの仕掛け」を三叉サルカンを使用せずにスナップサルカンなどを使用し生き餌を上下に自由に動かせるようにした仕掛け。

  • 生き餌が動かける範囲が広いため弱りにくい。
  • 泳ぎが自由なため魚に違和感を与えにくい。
  • 生き餌が上にも下にも泳げるため泳がせたいレンジを外れてしまう可能性がある
  • ↓登場する釣り用語

    完全フリーな仕掛け

    完全フリーな仕掛け

    ラインと針だけと言った最もシンプルな仕掛け。

  • 仕掛けを作るのに時間がかからない。
  • 生き餌が動かける範囲が最も広いため弱りにくい。
  • 泳ぎが自由なため魚に違和感を与えにくい。
  • 食いついた後も違和感を与えにくいので離すことが少ない。
  • 様々な魚種を狙うことができる。
  • 生き餌が上下左右自由に泳げるため泳がせたいレンジやポイントを外れてしまう可能性がある。
  • 生き餌をうまく誘導すれば沖へと泳がせることができる。
  • ↓登場する釣り用語

    アオリイカ仕掛け

    アオリイカ仕掛け

    アオリイカはもちろんコウイカやケンサキイカなどイカ全般を狙うことができるイカ専用の仕掛け。
    生き餌をつけるために鼻カンと呼ばれる生き餌の鼻に通す専用の釣具を使うこともれば通常の釣針を使うこともある。また、イカ針と呼ばれるイカ専用の釣針を使う。

  • 鼻カンを使うと生き餌が弱りにくく、フックを使えばシーバスや青物が釣れることもある。
  • ↓登場する釣り用語

    ヤエン仕掛け

    ヤエン仕掛け

    「完全フリーな仕掛け」と同じ仕掛けになるが、イカが生き餌を抱いた後にヤエンを流し入れイカをかける独特の泳がせ釣りの仕掛け。

  • 生き餌が弱りにくい。
  • イカが違和感を感じず抱きやすく、抱いた後も離しにくい。
  • イカ針が付いていないためアタリを逃すとエサだがとられてしまう。
  • また、ヤエンの使い方に多少の慣れが必要で、かからないことも多い。
  • ↓登場する釣り用語

    船の泳がせ釣り仕掛け

    船の泳がせ釣り仕掛け

    冒頭の「基本的な泳がせ釣りの仕掛け」とほぼ同様の仕掛けだが、ベイトリールを使うことが多い。
    また、水深や魚の大きさによってサイズが変わるが陸っぱりから狙うよりもオモリの重さやラインの太さが重く、太くなる。
    自作することや釣具屋で購入することもあるが釣り船屋でオリジナルのものが使いやすい。

    ↓登場する釣り用語

    アユの泳がせ釣り

    アユの泳がせ釣り

    アユは縄張り意識が強く、別のアユがテリトリーに入ると体当たりをする。その習性を利用しオトリアユに掛け針をつけ引っ掛ける鮎釣り専用の仕掛け。

    登場する釣り用語

  • レンジ・・・水深
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • フック・・・釣り針のこと。