RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

夜のナイトゲームでのアオリイカの釣り方(エギング)

アオリイカを夜のナイトゲームにエギングで釣る方法

近年は日中でも釣り方が確立されてきたためデイゲームでもアオリイカを狙うことができる。しかし、アオリイカと言えば一昔前までは夜にしか釣れないと思われていた。それだけ夜はアオリイカが釣れやすい。それは泳がせ釣りだけでなくエギングで釣る場合も同様だ。

アオリイカは、日中、青物などに捕食される可能性が高いため沖の深場で大人しくしている個体が多い。しかし夜になると視覚を頼りに捕食活動を行う青物は餌を捕食しなくなるためアオリイカの警戒心が薄れてくる。
また、ベイトも夜になると漁港内など波のない場所で大人しくしていることが多いためアオリイカからしてみれば捕食しやすいだけでなく、居場所を特定しやすい。

今回はそんな夜のナイトゲームにエギングでアオリイカを釣る方法、釣り方を紹介していく。

↓登場する釣り用語

夜にアオリイカが釣れるポイント

↓登場する釣り用語

夜のエギングと言えば常夜灯のまわり

ナイトゲームのルアーフィッシングで定番と言える常夜灯まわりは夜のエギングでも高ポイントとなる。
常夜灯の明かりによってプランクトンが集まればアジやイワシなどプランクトンを捕食するベイトが常夜灯のまわりに集まってくる。そしてベイトが集まればアオリイカも寄ってくる。

しかし常夜灯まわりと言ってもプランクトンやベイトがいる場所とアオリイカのいる場所は大きく異なる。
プランクトンやベイトが常夜灯の明かりがあたる明るい部分にいるのに対してアオリイカは暗い場所にいる。

常夜灯まわりの明るい場所はベイトも視認性が良くなるためアオリイカが襲ってくるのが見えてしまう。そのためアオリイカは明るい場所から外れてくるベイトを暗い場所で待ち構えている。つまりエギングで狙う場合には明暗の境目にエギを通すとアオリイカが釣れやすい。

また、境目でアタリが出ない場合には暗い場所にエギをキャストし明るい場所へ向かっていくベイトを演出していくのも釣り方としてはありだ。特に常夜灯の真下から投げてしまうとアングラーのシルエットがはっきりと出てしまいアオリイカも警戒しやすくなってしまう。暗い場所に立ち明るい場所へキャストすることでエギのコースが変わるだけなく、アオリイカを警戒させにくい。

↓登場する釣り用語

常夜灯の明かりが届かないボトム付近もナイトゲームでは熱い

常夜灯の明かりが届かないのは横方向だけでなく、縦方向の深部にも出来ている。特に水深の深いポイントではボトム付近は常夜灯周辺以外と同じように暗い部分でアオリイカがベイトを狙って待ち構えていることがある。

また、ナイトゲームの常夜灯の釣り方と言えば上記で記載したような明暗の境目を狙うアングラーが多いためボトム付近は手付かずのことも多い。

↓登場する釣り用語

船道は他のアングラーが少ないエギングポイント

アオリイカは夕マズメあたりから夜にかけて漁港内などに入ってくる。そして入る際には必ずと言っていいほど船道を通ってくる。上記で記載した常夜灯は数も限られているだけなく、エギング以外にヤエンなどでアオリイカを狙う方やシーバスを狙うアングラーなどにとっても高ポイントであるためエギングをしたくても入れない事も多い。また、仮に入れても多くのアングラーが攻めるためすでにアオリイカが抜かれていたり、エギを何度も見たためアオリイカがスレてしまっている可能性もある。

船道はそう言ったポイントよりもナイトゲームにおいて認知度が低いことや暗いことから釣りをしやすいポイントではないため比較的入りやすい。
また、腹を空かせ入ってきた、エギにスレていないアオリイカに誰よりも先にアプローチすることができるためナイトゲームではアオリイカの釣れる可能性の高いポイントとなる。

↓登場する釣り用語

その他にも日中と同様のポイントで釣れる

常夜灯まわりや船道以外はナイトゲームでは釣れないかと言えばそんなことはない。潮通しが良い堤防の先端などはナイトゲームでも釣れる可能性が高いし、沈み根や藻などがあればアオリイカがついていることもある。

漁港のエギングのポイント」に記載したようにその他のポイントでも夜にアオリイカが釣れる可能性は十分にある。

↓登場する釣り用語

アオリイカのナイトゲームでの釣り方

↓登場する釣り用語

ナイトゲームの基本はカーブフォール

ナイトゲームでの釣り方の基本はカーブフォール。カーブフォールの他にもフリーフォールと言ったエギの沈め方があるが、視認性の悪くなる夜は基本的にラインが見えないためフリーフォールではアタリをとることができない。

もちろん、常夜灯のまわりであれば明るいためフリーフォールでもラインでアタリをとることが可能だが、その他のポイントではラインを見ることが難しい。
夜にエギングを行う場合にはロッドやラインから伝わる振動でアタリをとっていく必要があるためカーブフォールが基本となる。

事前に用意したライトなどでラインやロッドを照らせばアタリを取ることも可能だが、海面にライトが当たればアオリイカやベイトも散ってしまうためやめたほうが無難だ。
また、夜に釣りをするのはエギングでアオリイカを狙う人だけでなくシーバスマンなどもいるため他の人にも迷惑がかかる。仮に海面を照らさなくても気を使って釣りをしているまわりのアングラーにしてみれば気持ちの良いものではない。

↓登場する釣り用語

ステイで誘うのも夜の釣り方

ステイとはシャクリ上げたエギがボトムに着底させた後に放置しておく誘い方。先ほども記載したように夜はアオリイカの視認性も悪くなるため、早くは動けない。そのためシャクリ上げた後にボトムステイを入れることでエギに追いつく時間を作ってやることができる。
特に冬は寒さからアオリイカの動きが遅くなりナイトゲームでは日中以上に動きが遅くなるためフォールだけではエギに追いつけない個体も多くなる。もちろん冬だけでなく春や秋などでもステイは有効な釣り方だ。

エギングにおける5種類のフォールテクニックとその他の誘い

↓登場する釣り用語

ナイトゲームではスローなシャクリ方でアオリイカを誘う

何度も記載しているように夜はエギングを行うアングラーだけでなくアオリイカも視認性が低くなる。そのためシャクリ方も日中よりスローにしてやる必要がある。
デイゲームのように早く激しいシャクリ方をしてしまうとエギが大きく動くためアオリイカがエギを見失うことが多くなる。
また、ベイトも夜は積極的に泳いでいるわけではないので大きなエギの動きを不自然と感じてしまう個体も多い。

ナイトゲームではエギのシャクリをスローにするのが基本的な釣り方だ。

エギングの10のシャクリ方とやり方のコツ

↓登場する釣り用語

ナイトゲームだからと言ってエギのカラーはあまり気にしない方が良い

ナイトゲームだからと言ってエギのカラーを必要以上に気にする必要はない。
そもそもアオリイカは色盲であるためエギの色を見分けることができない。そのためピンクやオレンジなどのカラーであっても昼夜関係なくアオリイカには同じ白黒に見えている。

ただし、色の濃い薄いと言った濃淡は見分けることができる。色の濃い部分は黒っぽく見え、色の薄い部分は白っぽく見える。そのため薄い色や濃い色は使い分ける必要がある。また、柄などに色の濃淡がある物を持っているのであればローテーションに入れると反応が変わってくる。

↓登場する釣り用語

夜はカラーよりもラトルの有無

夜のエギングではカラーよりもラトルの有無を気にした方が釣果が変わりやすい。ご存知の通りラトル入りのエギは音が発生するため広範囲にアピールすることができる。一方、ライトにスレてしまっているアオリイカにはラトルの入っていないエギに反応しやすい。

もちろん、どちらが良いかはその日の天候やアングラーの数など状況によって異なるが、カラーを意識するよりもラトルの有無を意識した方がアオリイカに近づける可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームでは上のレンジから誘うのが基本的な釣り方

ナイトゲームでは上のレンジから誘うのが基本的なエギングでの釣り方だ。警戒心の薄れた夜のアオリイカはボトムから離れ中層や条件次第では表層付近まで浮いてくることがある。
ボトムにいることもあるが、いきなりボトム付近を狙ってエギを根掛かりさせてしまえばその場にいる全てのアオリイカが警戒してしまう。また、最悪の場合にはいなくなってしまうことだってある。

上のレンジから攻める釣り方をすることで、根掛かりの可能性を減らすことができるうえに上のレンジにいる高活性なアオリイカから順に釣っていくことができる。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームでも大型を狙うのであればやっぱりボトム

上記の内容に反した内容に聞こえてしまうが、大型を狙うのであればやっぱりボトムが基本。大型を狙う際にデイゲームではボトムを狙うのが基本的な釣り方と言われるように、夜も同じように大型はボトムにいることが多い。
そして大きくなればなるほど警戒心が高いため上へは浮きにくい。

もちろん、上記で記載したように上のレンジを攻める必要はあるものの、ボトムを中心として釣り方をした方が大型は出やすい。

↓登場する釣り用語

夜光虫が多いポイントは避ける

夜光虫は刺激を受けると光る性質があるプランクトンだ。そのためナイトゲームで夜光虫の多いポイントでエギをシャクってしまうとラインで夜光虫を刺激してしまいラインがアオリイカに見えてしまう。
そしてラインの存在をアオリイカに気づかれてしまえばアオリイカは警戒し釣れなくなる。

夜光虫が大量に発生していなければさほど気にする必要はないが、大量に発生しているようなエギングポイントは避けた方が無難なことが多い。

↓登場する釣り用語

新月と満月では夜のポイントが変わる

新月と満月では夜のポイントが大きく変わる。満月の日は月の明かりでポイント全体が明るくなるためアオリイカの視認性も良くなる。また、全体が明るくなるため常夜灯にプランクトンが集まらずベイトも広範囲に散ってしまう。

そのためどちらからと言うと日中のエギングに近い釣り方をした方が釣果が上がりやすい。また、ポイントはもちろんこと、先程紹介したフォールの仕方やシャクリ方なども日中と同様にした方が良い釣果を得やすい。

一方、新月は月の明かりが全くないため常夜灯まわりなどにベイトやアオリイカも集まりやすい。もちろん満月でも雲が厚く暗い場合には新月同様に夜の釣り方をした方がハマりやすい。

↓登場する釣り用語

ナイトゲーム前に日中の下見が大切

ナイトゲームに入る前に日中の下見も大切だ。夜になれば墨跡なども見つけにくくなるため釣り場を探しにくい。また、釣り場についても沈み根やロープなどの位置が分からずポイントを絞りにくくなる。さらに、そう言った沈み根やロープの位置を知らずにエギングをしていれば根掛かりの可能性も高くなる。

下見をすることでそう言ったことも少なくなるので必ず下見をしておくことが大切だ。

↓登場する釣り用語

夜は上げ潮のタイミングでアオリイカを狙う

アオリイカは夜になると上げ潮に乗って接岸し、下げ潮のタイミングで出ていく。もちろん全てのアオリイカがそう言った行動をとるわけでないが多くのアオリイカはそう言った行動を取りやすい。

そのためナイトゲームでアオリイカを狙うのであれば日没後の最初の上げ潮のタイミングは外せない。
上げ潮に乗って入ってきたばかりのアオリイカはエギにスレていないし、餌を積極的に捕食するため釣れやすい。

また、上げ潮の直後は船道からエギングを始め、タイミングをみて漁港内の奥へとポイントをずらすと言った釣り方をすることでさらに多くの釣果が期待できる。

登場する釣り用語

  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • 沈み根・・・水中に沈んでいる岩のこと。
  • 潮通し・・・海水の流れのこと。海水の流れがある所を「潮通しが良い」という
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • レンジ・・・水深
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと