RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

夜のナイトゲームでのヒラスズキの釣り方

夜のナイトゲームでのヒラスズキの釣り方

荒磯だけじゃない!夜のナイトゲームでヒラスズキを攻略する方法

ヒラスズキと言えば日中のデイゲームが現在は主体。しかし、同じシーバスの仲間であるマルスズキと同様、ナイトゲームでもヒラスズキを釣ることは可能だ。
むしろ、アングラーの少なくなるナイトゲームはヒラスズキにかかるプレッシャーも低くなるためデイゲームよりも簡単に釣ることが可能だ。
しかしデイゲームとは釣れるポイントや釣り方が異なってくる。

ここでは夜のナイトゲームでヒラスズキを釣るための基本的な釣り方を中心に紹介していく。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームでは磯以外でもヒラスズキが釣れる

日中にヒラスズキを狙うのであればやはり磯がメインとなりやすい。ゴロタ浜やサーフなどでも日中に釣れることはあるが、よほどベイトが接岸していなければヒラスズキも接岸してこないし、激流になるほど流れが効いているゴロタ浜やサーフでなければ安定した釣果は望めない。
しかしナイトゲームになれば、ゴロタ浜やサーフにもヒラスズキがベイトも求めて回遊してくる。

また、夜のゴロタ浜やサーフはヒラスズキが釣れるだけでなく磯よりも足場が良いことや波も読みやすことから安全面も考慮し釣りやすいのではじめてナイトゲームでヒラスズキを狙ってみたいという方にはおすすめだ。

↓登場する釣り用語

夜のヒラスズキ攻略にはサラシは不要

夜にヒラスズキを狙う場合、デイゲームとは違いサラシは必要ない。
警戒心の高いヒラスズキはサラシの下で捕食活動を行うことから日中にヒラスズキを狙う場合にはサラシの存在が必要不可欠となる。しかし夜は日の光がないことからヒラスズキはサラシの下でなくても警戒心が薄れやすく、様々な場所で捕食活動を行う。

↓登場する釣り用語

凪の方がナイトゲームのヒラスズキを攻略しやすい

上記で記載したようにナイトゲームではサラシが必要ないため、海が荒れている必要もない。むしろ凪、または凪に近い方がヒラスズキを釣りやすい。

夜の暗さはヒラスズキの警戒心を薄れさせてくれるが、ヒラスズキの視認性を悪くするためゆっくりとルアーを見せるように泳がせる必要がある。そうなると必然的にスローリトリーブでのアクションとなるが、磯はもちろんゴロタ浜やサーフで釣りをする場合には波が高いとラインが煽られや糸ふけが大きく出やすくなってしまう。糸ふけが多くなればヒラスズキのアタリが感じとりにくくなるため、波がない凪に近いような状況の方がヒラスズキを釣りやすい。

↓登場する釣り用語

夜は河口や漁港などにもヒラスズキが入ってくる

サーフやゴロタ浜以外にも河口や漁港などにも夜になるとヒラスズキが入ってくる。
特に外海が荒れると遊泳力の低いベイトは河口や漁港などに避難してくることが多く、ヒラスズキもベイトを追って群れで入ってくる。
さらに海の荒れた日が続けば続くほどベイトも沖には出ず常時漁港や河口にいることが多くなるためヒラスズキの数も多くなりやすい
漁港や河口にある常夜灯によってできる明暗などを攻めることでナイトゲームのヒラスズキを攻略することができる。
ただし、マルスズキほど漁港内の奥へと入ってくることは少ないため常夜灯以外では船道や外洋に面したテトラポットなどの周辺などでベイトが移動してくるのを待っていることが多い。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームは流れの効いている場所

ナイトゲームでヒラスズキを狙うのであればサラシではなく流れの効いている場所を攻める。サーフやゴロタ浜にある離岸流周辺や、磯などでは岬の先端などとにかく流れのある場所にヒラスズキがいることが多い。
また、その時いなくても回遊してくることが多いため、そういったポイントを攻略していくことでヒラスズキに出会える可能性は高くなる。

↓登場する釣り用語

サーフやゴロタ浜ではブレイクに沿って回遊している

サーフやゴロタ浜にあるカケアガリなどとも呼ばれるブレイク。急激に水深が変わるブレイクに沿ってベイトもヒラスズキも回遊しているため必ず狙いたいポイントだ。
波の立つ位置がブレイクになるため波が立つ後ろにルアーをキャストし足元まできっちりと引いてくるとヒラスズキがバイトしてくる。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームでヒラスズキを狙うのであればベイトの有無が必須

サーフやゴロタ浜はもちろん、漁港や河口などでヒラスズキを狙うのであればベイトの存在が必要不可欠。
そもそも沖の深場にいるヒラスズキが夜に接岸してくるのは捕食活動を行うためだ。つまりベイトがいなければ接岸してくることはないし、接岸してきてもすぐにベイトを探し移動してしまう。
漁港や河口であれば常夜灯により夜でもベイトの有無を確認できるがサーフやゴロタ浜でナイトゲームを行うのであれば夕マズメにベイトが接岸しているかどうかを確認しておくと釣れるポイントが見えてくる。

登場する釣り用語

  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • リトリーブ・・・リールを巻きルアーを泳がせること
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること