RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

夜のナイトゲームでのマゴチの釣り方

夜のナイトゲームでのマゴチの釣り方

日中だけじゃない!夜のナイトゲームでのマゴチの釣り方

マゴチやヒラメを狙うのであれば、マズメ以外は日中のデイゲームが中心だ。しかし夜にも釣ることができる。
しかし日中と同じような釣り方では釣れることはあっても安定した釣果は望めないが、釣り方やポイントを抑えればナイトゲームでも釣っていくことができる。
また、夜に活動するマゴチは大型であることが多く、釣れれば50アップや60アップと言ったサイズも期待することができる。

ここでは夜釣り、つまりナイトゲームでのマゴチの釣り方を紹介していく。

↓登場する釣り用語

夜に狙うのであればハイシーズン

マゴチのハイシーズンは春から秋。地域差はあるがおおよそ6月~10月になる。ハイシーズンになれば多くの個体が接岸してくるため夜でも活性が高い個体は多くなる。
もちろん、それ以外の時期にも釣れることはあるだろうが、やはりハイシーズンほど数が多くないうえに気温が下がる夜にルアーを追うことは少なくなる。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームと言えば常夜灯まわり

シーバスをナイトゲームで狙う際に高ポイントとなる常夜灯はマゴチを狙う場合も高ポイントとなる。常夜灯の明かりにプランクトンが集まりベイトが集まる。つまりそのベイトを狙ってマゴチも集まりやすい。
しかし常夜灯まわりでのシーバスの釣り方は常夜灯の明暗を狙うのがセオリーだが、マゴチの場合は明暗だけでなく、明るい場所にいることも多い。

シーバスはベイトから姿を隠すために常夜灯の明かりの届かない暗い場所にいる。しかし、マゴチはヒラメほどではないにしろ体の色をまわりの色に似せることができる。そのため暗い場所にいなくともベイトから姿を消すことができるため、明るい場所にいてもベイトを捕食することができる。

↓登場する釣り用語

夜はサーフなどよりも漁港や河口

マゴチはナイトゲームでも釣れることはできるもののデイゲームでも釣れる。つまり個体差がある。しかも目でベイトを捉えるマゴチは夜に捕食活動を行うには上記で記載した常夜灯のような明かりのある場所の方が捕食しやすい。
そのためサーフなど明かりがない場所よりも漁港や河口など方が、マゴチも捕食しやすく釣れるマゴチがいる可能性が高くなる。もちろん、サーフにもマゴチはいるが、明かりがないため捕食活動をしている個体は非常に少なくなる。
サーフでも明かりがある場所であれば常夜灯などがある漁港や河口などと同様に釣れるが比較的そういったポイントは少なくなるのでナイトゲームで狙うのであれば漁港や河口などを中心とした釣り方がおすすめだ。

↓登場する釣り用語

満月の夜はサーフでも釣れやすい

満月の夜であれば、夜でも明るいためサーフなどでも釣れやすい。一方、漁港や河口などでは満月の明かりでベイトが広範囲に散ってしまうが、ランガンしながらベイトの集まりやすい場所などを中心に広い範囲を攻めれば十分狙うことができる。

反対に満月でも雲で月が隠れている時は常夜灯まわりに絞った方が釣れやすい。

↓登場する釣り用語

ナイトゲームに入る前に夕マズメにベイトの有無をチェック

新しいポイントを探す場合や初めてナイトゲームでマゴチを狙う場合などは釣り方も重要だが夕マズメにベイトの有無をチェックしておくと良い。視認性の悪くなる夜に活動している個体は基本捕食のために動いている。つまりベイトがいない場所におらず、仮にいても夜に活動をする個体ではない可能性が高い。

日中沖に出ていたベイトも夜になると河口や漁港内に入ってくるため、夕マズメにチェックしておくとナイトゲームでマゴチの釣れるポイントを探しやすい。

↓登場する釣り用語

夜はワームのズル引きが基本

マゴチはシーバスのように素早く動ける魚ではない。またヒラメのように瞬発力がある訳でもない。つまり、視認性の悪くなる夜はルアーをゆっくりと動かしてやる必要がある。

また、マゴチはヒラメと同じフラットフィッシュではあるが、捕食レンジが異なり、ヒラメの捕食レンジが海底から2メートル前後であるのに対してマゴチは広くとも海底から1メートル前後となる。もちろん活性が高ければヒラメを狙う以上に高いレンジにルアーを通してもバイトしてくることもあるが、メインとなるのはやはりボトム周辺だ。さらにマゴチは死んだ魚や甲殻類も捕食するため海底も捕食レンジに入る。
そのため視認性の悪い夜にマゴチをメインに狙うのであればワームなどでボトムをズル引く方がバイトを得やすい。
日中でもワームのズル引く釣り方はマゴチを狙う際によく使われるテクニックだが、ナイトゲームこそズル引きで狙ったほうが釣れやすい。

ミノーなどのプラグでズル引いても釣れるが、スレ掛かりが多くなることやエイなどもひっかかる可能性があるためワームの方が使いやすい。

登場する釣り用語

  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • レンジ・・・水深
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。