RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

泳がせの釣り方の基本とコツ(飲ませ釣り)

泳がせ釣り・飲ませ釣りでの釣り方の基本とコツ

泳がせ釣りはルアーフィッシングのように難しいテクニックは必要ない。また、遠投する必要もないことから狙う魚の引きに負けないタックルであればどんなロッドでも釣りができてしまうのが泳がせ釣り。
さらに、エサ釣りやルアーフィッシングなどを数回やったことがある方なら誰でもすぐに始められる。
もちろん、初めて釣りをする方でも釣り方や釣りのコツを覚えてしまえばカンタンにはじめられる。

ここではそんな泳がせ釣りの釣り方の基本ともっと釣れやすくなるためのコツを紹介していく。

関西方面を中心に一部の地域では泳がせ釣りのことを飲ませ釣りと言うこともあるが意味は同じ。

↓登場する釣り用語

泳がせの釣り方

↓登場する釣り用語

生き餌をつける

泳がせ釣りはまず生き餌をつける所から始まる。詳しいつけ方やつけ方のコツは「生き餌のつけ方(泳がせ釣り)」に記載があるので合わせて読んでいただきたいが魚を弱らせないようにつけるのが最大のコツだ。

↓登場する釣り用語

キャスト

次はいよいよキャストだが泳がせ釣りの場合はルアーフィッシングのように遠投する必要がない。無理に遠投しようと強くロッドを振ると生き餌の身が切れて釣針から外れてしまう。
また、泳がせ釣りで沖を攻めたい場合は遠投するよりも潮の流れに魚を乗せたり、魚を誘導した方が効率的だ。うまく操作できるようになれば100m、150m沖へと流すことだってできる。

初めて釣りをされる方は足元に落としてもいいし、キャストを何度かしたことがある方は10m前後投げる程度で問題ない。もちろん慣れてきたら15m、20mと餌が切れないように遠投できるようにしても良いが無理をすれば遠投はできても生き餌が弱りやすくなる。

↓登場する釣り用語

ラインをフリーにする

泳がせ釣りの仕掛け9選」に記載がある内のオモリやウキを使わない方法で泳がせ釣りをする場合は、着水後にエサが自由に泳げるようにラインが自由に出るようにする必要がある。
やり方としては主に2つあり、キャストする時のようにベールをあけておきラインを出す方法とドラグを緩めてラインを出す方法がある。

ただし、ベールをあける場合には注意が必要だ。ラインが非常に出やすいため風や波に煽られただけでもラインが出てしまい根掛かりやライントラブルの原因となりやすい。
写真のようにラインを出しつつも指で軽く抑えておくとそう言ったトラブルを避けることができる。

ドラグを緩める場合は風や波に合わせてドラグの少し締めて置くだけでも良い。

一方、オモリやウキを使う場合、オモリやウキの抵抗で魚が広範囲には泳げないので糸ふけをある程度とっておくだけで良い。

↓登場する釣り用語

後は待つだけ

後はアタリを待っているだけ。時折、ラインの出具合を確認したり、エサの位置を確認する程度でアタリが出るのを待つ。
また、定期的に魚の弱り具合を確認することも重要だ。気づかずに死んでしまえば釣れる可能性は極端に低くなる。特にフグやイカなどが多いとかじられていることもあるので必ずチェックしよう。

↓登場する釣り用語

アタリが出たらアワセる

アタリがあったらアワセを入れる。アワセを入れることでしっかりと釣針が魚にかかる。逆にアワセを入れなかったり弱かったりすると針が魚の身を貫通せずバラシの原因となる。
特に沖を釣る場合には糸ふけなどが多く出るためアワセが効きにくい。2、3度連続的にアワセを入れても良い(通称、追いアワセ)

↓登場する釣り用語

後は寄せて取り込むだけ

しっかりと釣針がかかったら後は寄せて取り込む。大きな魚を狙う場合にはランディングネットやギャフを使うと良い。
泳がせ釣りで釣れる代表的なターゲットにブリやカンパチがいる。そう言った青物は群れを作っているため、素早く次の生き餌を投げると連チャンする可能性がある。
また、ヒラメや根魚などは群れはしないが、小魚を追って多数寄ってきている可能性があるし、同じように活性が上がっていることもあるのでやはり素早く次のエサを入れたい。

ランディングネット(タモ網)の使い方

ランディングネットの選び方

↓登場する釣り用語

泳がせ釣りのコツ

上記で説明したように泳がせの釣り方は難しくないので数回繰り返せば誰でもできるようになるだろう。しかし釣れるかどうかは別だ。
ただしコツを覚えるだけでも釣果は大きく変わってくる。ここからは泳がせ釣りのコツを何点が紹介していく。

↓登場する釣り用語

生き餌を弱らせないのが最大のコツ

生き餌を弱らせてしまえばアピール力が弱くなってしまう。魚は側線と呼ばれる器官から水中に伝わる振動を感じ取りエサとなる魚の位置や方向を知ることができる。しかし、エサが弱ってしまえば振動が小さくなり魚を寄せることができない。また、目の前の魚が必死に逃げようとすれば捕食スイッチも入りやすい。
むしろ死んでしまえば普通のエサ釣りと変わらなくなってしまう。特にヒラメなどは生きているエサしか食べないので釣れなくなってしまう。

生き餌のつけ方(泳がせ釣り)」に記載してあるつけ方のコツなどを実践するだけも魚の弱りは大きく変わってくるが、弱ってしまった場合には新しい生き餌さに交換しよう。

↓登場する釣り用語

ラインを張りすぎない

泳がせ釣り全般にいることだがラインを張りすぎないのもコツの1つ。ラインを張りすぎると生き餌を逃げようと常にがんばり弱りやすくなってしまう。
ラインを少し緩めるぐらいにしておくと魚は適度に泳ぐため長持ちする。

↓登場する釣り用語

潮に乗せて沖へと泳がせる

海には波とは別に潮の流れがある。満潮時に上がった潮位が干潮に向かうにつれて下がっていく。その時、岸から沖方向へと潮は流れる。通常、漁港などは出入り口が狭くなっているため潮位が下がると漁港内の水が勢いよく外洋へと潮が流れる。この流れに生き餌を乗せれば潮の流れでエサを弱らせずに沖へと運ぶことができる。
もちろん磯など他の場所でもこういった沖への流れはできるのでうまく見極められれば100m以上沖を泳がせることも可能だ。

↓登場する釣り用語

ロッド操作で魚を誘導する

ロッド操作でも生き餌を操作することができる。右へとロッドを引っ張れば生き餌は抵抗しようと反対の左に泳ぐ。左に倒せば右と泳ぐ。そしてまっすぐ引けば沖へと逃げようとする。
うまく誘導できるようになれば潮の流れがなくても沖を泳がせることもできるし、魚がいそうなポイントに誘導することもできる。多少な慣れが必要な部分もあるが、コツを掴めば無意識に誘導することができる。

ただし、「ラインを張りすぎない」でも記載したようにあまり誘導しすぎると魚は弱ってしまうので使い分けは重要だ。

↓登場する釣り用語

横風を避ける

泳がせ釣りのコツは横風を避けること。横風を受けるとラインが煽られる。左からの風に煽られれば上記で記載したように生き餌は右へと泳ぐ。また、風が弱ければ右へと泳いでしまい、風が強かれば、ラインが煽られ方も強くなり生き餌さも逆らえず左へと流されてしまう。
どちらにしても誘導しづらくなるし生き餌も弱りやすい。

泳がせ釣りをする時は追い風、または向かい風となるポイントに入ると釣りがしやすくなる。

↓登場する釣り用語

朝マズメ・夕マズメの時合いを逃さない

ヒラメやシーバス、根魚など多くのフィッシュイーターは日の出前後の朝マズメと日没前後の夕マズメに捕食活動を行うことが多い。特にブリやカンパチなどの青物はその時間帯に接岸しエサを捕食する。
また、満潮と干潮の前後は潮止まり前後と言われ魚の活性が上がりやすい。マズメほど大きな期待はできないが、日中でも釣れる可能性がある。
そう言った時間に泳がせ釣りをすることで良い釣果を期待することができる。

↓登場する釣り用語

アタリが出てもすぐに合わせない

ルアーフィッシングはトレブルフックと呼ばれる1つに3つのフックが付いた釣針を使うことや釣針がむき出しになっていることからアタリがあった場合にすぐに合わせるのが原則だ。
しかし、泳がせ釣りは、アタリが出ても釣針がある場所まで飲み込んでおらず、くわえているだけの場合がある。そのためアタリに対してすぐに合わせると釣針がかからずスッポ抜けることが多い。
しっかりと飲み込む、またはくわえこむまで待ってからアワセるようにしよう。サワラ(サゴシ)などのように刃が鋭い魚でなければ胃の中まで飲み込ませてからアワセても問題ない。
さらにヒラメはくわえた後すぐに飲み込まず魚が弱るまでくわえていることが多い。そのため「ヒラメ40」と言われるようにアタリがあってから40秒後にアワセた方がのりやすい。ただしエサが大きい時はもっと待つ必要があり、1分以上待った方が良いこともある。
青物などの場合はそこまで待つ必要はないが、やはり即アワセは厳禁だ。

↓登場する釣り用語

状況に応じて生き餌のサイズを変える

大きな生き餌を使えば大きな魚が釣れそうに思われるが、その場で釣れる魚が小さければアタリもないまま終わってしまう。一方、生き餌が小さければ小さい魚はもちろん大きい魚も捕食する。そのため、とりあえず釣りたいという方は少し小さめの生き餌を使うのがコツだ。

ただし、小さい生き餌にもデメリットはある。
大小様々な魚がいる場合、小さい魚が先にアタリにきてしまい大きい魚が釣れないこともある。また、体が小さければそれだけ体力もないため弱りやすい。

なかなか最適なサイズを判断するのは難しいが、SNSや釣具店で事前に釣れている魚種だけでなくサイズなども調べておくと完璧とはいかないまでも最適なサイズに近いサイズの生き餌を選択することが可能になる。

↓登場する釣り用語

生き餌が暴れるのを感じ取る

生き餌さは捕食されそうになると暴れだす。そのため捕食のタイミングを事前に感じ取ることができる。感じ取ることができれば、ラインを送り出しより自然に近い形で泳がせることができるので違和感を与えないようにすることができる。

↓登場する釣り用語

魚のいるレンジを泳がせる

根魚はもちろんヒラメなども基本海底付近を泳ぐ魚を捕食している。また、青物などは表層から海底まで様々なレンジにいるが、朝マズメや夕マズメは表層付近、日中はボトム付近にいることが多い。もちろん必ずしもそう言った時間帯に決まってレンジを泳いでいる訳ではないが、比較的そうなる可能性が高い。そのため泳がせるレンジを間違えると活性の高い魚がいても釣れなくなってしまう。しっかりと魚のいるレンジに生き餌を泳がせるのは泳がせ釣りの基本だ。

↓登場する釣り用語

根掛かりが頻発する時はネムリ針

ネムリ針とは針先が内側に向いている釣針のこと。内側に向いているため岩や海藻にかかりにくい。ただし、かかりは悪くなる傾向にあるが、まったくかからなくなるわけではない。また、一度かかればバレにくいと言った特徴もある。
もちろん、根(岩)などを避けることや生き餌を泳がせないなどの作業も同時に行っていく必要があるがネムリ針をに変えるだけでも根掛かりは減らせる。

↓登場する釣り用語

釣れているポイントで釣りをする

コツというよりも基本的なことだが、魚がいない場所でいくら生き餌を泳がせて釣れることはない。そのため泳がせ釣りをする場合、魚のいる場所で釣りをする必要がある。
そう言った情報はネットなどでも探すことができるが、釣具店でも情報を仕入れることができる。特に後者では釣れているサイズや釣れる時間帯、その時期のアタリの出やすい生き餌の種類などその時に合った情報などが集まるので精度が高いことが多い。
もちろん、ネットの情報がアテにならないと言っている訳ではないが、必ず実釣前に聞くようにしてみよう。

↓登場する釣り用語

初めての方はウキを使用した泳がせ釣りがおすすめ

泳がせ釣りの仕掛けは「泳がせ釣りの仕掛け9選」で紹介したように様々な物がある。しかし慣れないと根掛かりが多く釣りにならなかったり、魚を自由に泳がせすぎて隣の釣り人の迷惑になってしまうこともある。
その点ウキ仕掛けは決めた水深以上潜らないことや、ウキが目印になるため生き餌の位置を把握しやすい。また、ウキの動きでアタリはもちろん、生き餌の弱り具合も把握することができる。はじめて泳がせ釣りをする方はウキ仕掛けがおすすめだ。

登場する釣り用語

  • タックル・・・釣具一式のこと
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • フック・・・釣り針のこと。
  • レンジ・・・水深
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。