RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ロングロッドのメリット

飛距離だけじゃない。ロングロッドのメリット

ロングロッドと呼ばれる長い釣竿は短い竿よりも飛距離が出しやすい。しかしロングロッドのメリットはそれだけではない。
ここでは遠投性が高いことを含め、ロングロッドのメリットについていくつか紹介していく。
もちろんショートロッドにもロングロッドにはないメリットがあるので、それについては「ショートロッドのメリット」に記載させていただいた。

↓登場する釣り用語

メリット1:ロングロッドなら飛距離を出しやすい

ロングロッドの最大のメリットとも言えるのが遠投性能が高いこと。ルアーが魚のいるポイントまで届かいことにはどんなに良い釣り場や釣れるルアーを使用しても釣れることはない。

ロッドの長さを活かしたキャストすることでショートロッドでは出すことのできない飛距離をだすことが可能なのがロングロッドの最大のメリットとも言える。

↓登場する釣り用語

メリット2:ロングロッドなら足元までしっかりとルアーを泳がせる

ソルトの世界であれば堤防や磯はもちろん、フレッシュウォーターと呼ばれる淡水域での釣りの場合でも足場の高い釣り場は多く存在する。そんな時ショートロッドでは水面までの距離が遠いため足元に近づくにつれてルアーが浮きやすいため足元まできっちりと通すことが難しい。
一方、ロングロッドであれば、長さを活かし水面近くまで竿先を近づけることが可能なため最後までしっかりとルアーを泳がせることが可能だ。

↓登場する釣り用語

メリット3:ロングロッドなら糸ふけを抑えやすい

上記で説明したようにロングロッドは足場の高い状況でも水面近くまでロッドの先端を近づけることができる。そのため、風が強い日などは糸ふけを抑えることが可能だ。

特に横風が強い日などは、風にラインが煽られてしまい必要以上に糸ふけが出てしまう。糸ふけができればアタリを感じることもできないし、ルアーのリトリーブコースも変わってきてしまう。ロングロッドであれば水面にロッドの先端を近づけることができ、風による糸ふけを抑えることができると言ったメリットがある。

↓登場する釣り用語

メリット4:フッキングが決まりやすいといったメリットもある

ロングロッドのメリットで見落としがちなのがフッキングのきまりやすさ。
釣竿が長い分ショートロッドよりもストロークが長くなるためフッキングがしっかりと決まりやすい。フッキングがしっかりと決まればバラシの確率も必然的に下げることができる。

↓登場する釣り用語

メリット5:ロングロッドにはルアーのレンジを変えやすいメリットがある

ルアーフィッシングにおいて魚のいるレンジにルアーを通すことは基本中の基本である。
また、フローティングミノーなどルアーの中にはルアーの泳ぐレンジが決まっているものがある。

もちろんルアーを変えることで通すレンジを変えることができるが、自分が通したいレンジを通せるルアーがない場合も多いだろう。
そんな時はロッドの角度でルアーのレンジを変えることが可能だが、ロングロッドであればより大きくルアーのレンジを変えられる。
ロッドを立てたままルアーを泳がせるレンジを浅くできるし、ロッドを水面近くまで近づければより深く泳がせることが可能だ。
もちろん、ショートロッドでもレンジを変えることができるが、ロングロッドの方がより広くレンジを変えることができる。

↓登場する釣り用語

メリット6:ロングロッドなら手前の障害物をかわせる

キャストしたいが手前に障害物があってルアーを最後に回収できないポイントも多いだろう。そんな時ロングロッドであれば手前の障害物を簡単にかわすことができるため、入れるポイントが増えてくるといったメリットがある。

もちろん、限界はあるが、ショートロッドよりもかわせる範囲は広くなるため必然的に釣り場が増えてくる。

ロングロッドのメリット

ショートロッドのメリット

ハイギアリールとローギアリールのメリット

登場する釣り用語

  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • リトリーブ・・・リールを巻きルアーを泳がせること
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • レンジ・・・水深