RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

磯のヒラスズキ(磯ヒラ)を攻略するためのポイント

磯のヒラスズキ(磯ヒラ)を攻略するためのポイント

磯のヒラスズキ(磯ヒラ)のポイント

ヒラスズキのポイントと言えばやっぱり磯。磯いるヒラスズキのことを磯ヒラと言い、「磯で釣ってこそヒラスズキ」と考えるアングラーも多いほどだ。
それだけ磯にはヒラスズキが多く、ゲーム性としても高いため人気のあるフィールドだ。

磯ではうねりが岩に当たることでできるサラシの下にいるヒラスズキ狙うのが基本だが、サラシになげれば釣れるというわけではない。
ここでは、磯でヒラスズキを釣る際に狙うべきポイントをサラシも含めて紹介していく。

↓登場する釣り用語

磯のサラシ

磯にうねりや波があたることで砕け白泡によって海面が白く濁るサラシ。
警戒心の高いヒラスズキはこのサラシが広がったタイミングでサラシの下にいるベイトを下から食い上げる形で捕食をする。
逆に言えば、サラシがない状態ではいかにベイトがいようとも出てこないことが多く、「ヒラスズキはサラシを狙え」と言われる由縁である。

しかしサラシと言っても厚いサラシもあれば薄いサラシもある。また、すぐに消えるサラシもあれば、なかなか消えないサラシもある。
そして磯のヒラスズキが好むサラシは厚くなかなか消えないサラシだ。そう言ったサラシの下ではヒラスズキの警戒心の薄れ積極的にエサを捕食するためルアーにもバイトする可能性が高くなる。

ヒラスズキを釣るならサラシを狙え

↓登場する釣り用語

磯にある沈み根(シモリ)

では厚くて消えないサラシに投げれば、ヒラスズキが釣れるのかと言うとまだ足りない。磯ヒラを攻略するにはサラシ+αが必要になる。その代表と言えるのが沈み根。

ヒラスズキはサラシの下にある沈み根(シモリ)に身を隠し、サラシが広がったタイミングでサラシの下にいるベイトを根から飛び出し捕食する。
つまりサラシがあってもヒラスズキが身を隠す場所がなければヒラスズキのいる可能性は非常に低い。

また、どんなフィッシュイーターにも言えることだが、ヒラスズキは捕食範囲に入ってきたベイトしか捕食しない。つまり、いくらサラシの下にルアーを通してもヒラスズキが隠れている根から遠ければヒラスズキがルアーを食いに出てこない。
つまりヒラスズキの捕食範囲である根のそばのサラシの下にルアーを通してやる必要がある。もちろん、高活性な状態であれば多少根から離れたポイントにルアーを通してもバイトしてくることもあるだろうが、低活性な状態では出てこないし、警戒心が高く賢い大型の個体を釣るのは難しくなる。

サラシに向かってルアーを投げる際もどこに沈み根があり、ヒラスズキがどこに隠れているかを確認してからルアーを投げる必要がある。

↓登場する釣り用語

磯のスリット

スリットとは磯にある岩と岩の間にある深く掘れているポイントのこと。こういった場所はヒラスズキにとってベイトから身を隠せる良いポイントでもあるし、ベイトの逃げ場を限定できる格好の捕食ポイントになる。

もちろん、水面出ているスリットもあれば、水中に沈んでいるスリットもあるが、どちらのスリットでもサラシと絡めばヒラスズキがいる可能性が高い。

大きなスリットはもちろん、小さなスリットなども見逃さず必ずルアーを通すことでその日の釣果が大きく変わってくる。

↓登場する釣り用語

足元にできるサラシ

サラシは磯ヒラを狙うアングラーが立つ磯の足元にもサラシができていることがある。そういった場所は、サラシがあるだけでなく、波によって足場の根元が削られ掘れていることが多く、そういった掘れている場所にヒラスズキが隠れていることも多い。

ルアーゲームの場合、すぐに沖にキャストしてしまいがちだが、以外とランカーサイズのヒラスズキが足元に隠れていることもあるので必ず足元にもルアーを通してみよう。

また、足元はルアーのキャスト精度に自信のない方でも根掛かりの心配が少ないため攻略しやすいポイントでもある。

↓登場する釣り用語

磯で発生する離岸流(カレント)

カレントと呼ばれる離岸流。離岸流とは寄せてくる波が、一箇所に集まり沖に出ていく流れのこと。離岸流は、向かってくる波と反対の流れができていることからベイトの回遊ルートになっていることが多く、ヒラスズキがベイトが回遊してくるのを待ち構えるポイントなる。
また、ヒラスズキも離岸流を使い出入りするため出会える確率が高くなる。

磯でヒラスズキを狙う場合には単に離岸流が発生しているだけよりも近くにサラシがあり、離岸流の流れでサラシが沖へと運ばれているような場所が高ポイントとなる。
特に先程記載したような足元にできるサラシの近くには大なり小なり離岸流が発生していることが多く、そう言った場所にはヒラスズキがいる可能性も高い。

↓登場する釣り用語

磯の沖にあるブレイク(カケアガリ)

ブレイクとは水深が急激に深くなっている場所のこと。通常、磯では沖に向かうにつれて水深が深くなっているが、常に一定の角度で深くなっている訳ではなく、あるポイントから急激に深くなっていることが多い。そういった場所はブレイクやカケアガリと呼ばれている。

磯ヒラはもちろんのことベイトもブレイク沿いに沿って回遊する。ブレイクの上にサラシができるのがベストだが、ブレイクの近くにサラシができていればヒラスズキが入ってきている可能性が高いので見逃すことのできないポイントとなる。

↓登場する釣り用語

磯の先端

岬状に張り出した磯の先端は他の場所よりも潮通しがよい。潮通しの良い場所はきれいな海水を好むヒラスズキはもちろん、ベイトにとっても快適な環境となるため多くの魚が集まる。そういった場所にサラシができればベイトはもちろんヒラスズキも集まってくる。

↓登場する釣り用語

潮などが磯に当たる面

磯に対して波やうねり、潮の流れなどは必ず正面から向かってくるわけではない。斜めからくることもあるしポイントによっては真横からくることもある。
そして磯でヒラスズキを狙うのであれば潮の流れなどが正面からあたる面が釣れやすい。ヒラスズキが捕食する小魚は体が小さいことから遊泳力がなく流れに逆らえず潮などが当たる面に集まることが多く、潮などが当たる面にできるサラシの下には必然的にヒラスズキも多く集まりやすい。

磯のヒラスズキ(磯ヒラ)を攻略するためのポイント

サーフやゴロタ浜のヒラスズキ(砂ヒラ)を攻略するためのポイント

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • 沈み根・・・水中に沈んでいる岩のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • 潮通し・・・海水の流れのこと。海水の流れがある所を「潮通しが良い」という