RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ランディングネットの選び方

ランディングネットの選び方

ランディングネットの選び方の基本

ランディングネットと一言で言ってもシャフト(柄)の長さも違えばフレームの形状や大きさも違う。各メーカーから様々なランディングネットが発売されているがターゲットとしている魚種や釣り場、釣り方などに合わせて選んでいく必要がある。

ここではランディングネットの選び方について紹介していく

↓登場する釣り用語

選び方の前にランディングネットの構成パーツを知ろう

ランディングネットは主に5つのパーツから構成されている。選ぶ上でも重要となってくるのでパーツの名称や役割をしっかりと覚えておく必要がある。

↓登場する釣り用語

フレーム

ランディングネットの中でも最も重要と言っても過言ではないのがフレーム。形状は丸型、ナス型(またはひょうたん型)の2種類がある。またナス型は丸みを帯びているものと角ばっているものがある。

↓登場する釣り用語

ネット(網)

フレームに取り付けるのがネット。ネットの素材にもナイロンやラバーなど様々な種類がある。また、フレームの形状に合わせてネットの形状も変わるので別々に選ぶ際はもちろん、ネットだけ、フレームだけとカスタマイズする際にもフレームの形状に合ったものを選ぶ必要がある。

↓登場する釣り用語

シャフト

フレームに取り付けるのがシャフト(柄)。釣り場の高さに合わせてシャフトの長さを選ぶ必要がある。また、素材よって使いやすさも変わってくる。

↓登場する釣り用語

ジョイント

フレームとシャフトの間につけるジョイント。ジョイントによってランディングネットをコンパクトに折りたたむことができるようになり、ランガンなど移動がしやすくなるだけでなく、車などで移動しながら釣りをする際にも積み込みやすさが変わってくる。

ただし、折りたたむ必要がないような場合には必ずしも使用しなくても問題ない。

↓登場する釣り用語

ホルダー

フィッシングベストやフィッシュバッグなどにランディングネットを引っ掛けておくことができるパーツ。こちらもジョイント同様必要がなければついていなくも問題ない。
ただし、ランガンを主体とした釣りをするのであれば、あると非常に便利なパーツだ。

↓登場する釣り用語

ランディングネットの選び方の基準

ここからは上記で説明したそれぞれの構成パーツごとにランディングネットの選び方を紹介してく。

↓登場する釣り用語

フレームのサイズを選ぶ

ランディングネットをこれからはじめて購入しようと考えているアングラーの多くがこのフレームの大きさで悩んでいるかと思われる。
フレームのサイズはターゲットとしている魚種によって選ぶ必要がある。

一般的に言わている魚種別のフレームサイズの選び方は下記のとおりだ、

  • シーバス:60cm
  • ブラックバス:40cm
  • 青物:60cm
  • チニング:50cm
  • アジング:30cm
  • メバリング:30cm
  • 上記はあくまでも一般的に言われているフレームサイズだ。大型が出やすい地域であれば一回り大きなフレームサイズを選んだほうがいいし、足場が比較的高い場所から釣りをすることが多ければ、小さいとネットインも難しくなるので一回り大きい方が使いやすい。
    ただし、大きくなればなるほど持ち運びが不便になるし重くもなる。

    あくまでも上記のサイズを基準に自分のスタイルや環境に合わせてサイズを変えてみよう。

    ↓登場する釣り用語

    フレームの形状

    構成パーツでも説明したようにランディングネットには主に2種類がある。丸形は以前からある形状で良くも悪くも一番ベーシックな形状だ。

    ナス型は、重心が下にあるため丸型よりも使いやすい。また角ばったタイプはフレームをして立てかけやすい。また無駄な部分がカットされているので邪魔になりにくい。予算さえ合えばナス型の角ばったタイプを選ぶのがおすすめだ。

    ↓登場する釣り用語

    シャフトの長さ

    シャフトと呼ばれる柄の長さもランディングネット選ぶ上には重要となる。
    普段通っている釣り場の高さに合わせるのが基本的な選び方だ。3mの堤防であれば4mのシャフトと言ったように高さプラスαで選ぶ。

    ただし、釣り場の高さは必ず干潮時で考えよう。満潮時で考えてしまうとシャフトの長さが足らずランディングすることができない。

    毎回釣り場が違うという方の中には一番長いのを購入しておこうと考える方もいるかと思われるが、長すぎると取り込みにくく、せっかくランディングネットを使用しているのにも関わらずバラシしてしまう可能性がでてくる。

    フレームと同様に一般的に言われている基準だがブラックバスなどであれば2、3m前後、港湾などでシーバスを狙うのであれば3m前後、一般的な堤防であれば3、4m、磯では5m前後を基準と選ぼう。
    もちろん、釣り場によって最適な長さは変わってくるので、上記を基準に普段の釣り場に合わせて長さを選ぼう。

    ↓登場する釣り用語

    シャフトの繋ぎ目の数

    意外と盲点なのが繋ぎ目の数。繋ぎ目が多ければ多いほど収納時のシャフトの長さは短くなり、少なければ収納時に長くなる。

    短ければ移動しやすいためランガンしやすい。一方繋ぎ目が少なく長ければ、出し入れが楽になる。
    基本的にランガン主体であれば繋ぎ目の多いもの、そうでなければ繋ぎ目の少ないものが良いと言われているが、なれてくれば繋ぎ目が多くてもそれほど苦はないので繋ぎ目が多くコンパクトになるものがおすすめだ。

    また、車で移動することが多い方は車に入れることも考えながら選ぶと失敗が少ない。

    ↓登場する釣り用語

    シャフトの硬さで選ぶ

    シャフトは硬ければ硬いほど扱いやすい。柔らかいシャフトはしなってしまい取り込みにくい。硬さはシャフトの素材による所が大きくグラス素材は柔らかく、カーボン素材は張りがあり硬め。ただし、カーボン素材は値段も高いので、予算に合わせて選ぼう。

    ↓登場する釣り用語

    ジョイントの選び方

    ランディングネットを折りたたむためのパーツであるジョイント。ジョイントの選び方は主に2つ。
    1つ目は開閉のしやすさ。近年発売されているものの殆どは片手で開閉することができるがその方法はジョイントごとによって異なる。また、硬さなども違うので自分の使いやすいジョイントを選ぼう。

    2つ目は素材、おすすめは軽い樹脂製。特に海で使う場合には樹脂製のものは錆びにくいので長く使用することができる。他にもステンレス性のものなどがある。これも錆びにくいが、完全に錆びないとは言い切れない。ただし、強度があるため壊れにくい。

    ↓登場する釣り用語

    種類別のネット選び方

    ネットの種類は主にナイロンとラバー素材がある。ナイロンは安い上に軽いがトレブルフックなどが絡むと外すのに時間がかかることがある。一方、ラバー素材は値段も高く比重があるもののフックがネットに絡みにくい。また、ラバー素材は水の抵抗を受けやいため取り込みが少ししにくいこともある。

    どちらにも長所と短所があるためどちらが良いとは一概には言えないが、ランガンする事が多い、トレブルフックなどを使用することが少ない、足場の良い所で使用する。といった場合にはナイロンがおすすめで、そうでない場合にはラバー素材がおすすめだ。

    特にナイトゲームでシーバスを狙ってウェーディングする場合には海上でロッドを持ったままネットに絡んだフックを外すのは大変なのでラバー素材がおすすめだ。

    ↓登場する釣り用語

    網目の大きさで選ぶ

    網目の大きさは魚種によって変える必要がある。基本的にはランディングする魚の最小サイズに合わせて選べば問題ないが、上記で紹介したナイロンネットをウェーディングで使用する場合には網目が大きいとフックに絡む数が減るので外しやすくなる。

    ランディングネット(タモ網)の使い方

    登場する釣り用語

  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • フック・・・釣り針のこと。
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • ロッド・・・釣り竿の事