RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

磯ヒラゲームの安全対策と危険回避

荒磯のヒラスズキゲームを安全に釣行するための危険回避方法

サラシが必須条件になるため荒れた海での釣行となる磯のヒラスズキゲーム。そのスリリングなゲーム性も磯ヒラゲームの面白さではあるが、常に危険と隣り合わせであることは忘れてはならず、磯ヒラを狙いにいったアングラーが亡くなられたニュースを目にする機会も少なくはない。
また、磯ヒラゲームを熟知しているプロのアングラーでさえ磯で入院するほどの大怪我された経験を持つ方も多い。

今回は、そんな磯ヒラゲームの安全対策と危険回避の方法をいくつか紹介していく

↓登場する釣り用語

タイドグラフを常に確認する

磯のヒラスズキを狙うアングラーの中でタイドグラフを見ない方はいないと思うが、危険回避の面からも常にその時の潮位を確認するようにしよう。
特に干潮時にしか立つことのできないポイントも満潮に向かうにつれて水没してくる。また、ポイントによってはそのポイントに移動するルートはもっと早くに水没してしまうこともある。
水没してしまえば戻ることができなくなるまた、レスキューを呼んでもすぐに到着するとは限らない。
安全に釣行するためにもその場所にいつまでいられるのか?いつまでに戻らないと危険が及ぶのかなどを常に考えながらヒラスズキを狙おう。

↓登場する釣り用語

ポイントに入る前に波を十分に観察する

ポイントに入る前に波を観察することも安全対策の基本だ。
波やうねりは常に一定の高さや強さで押し寄せてくるわけではない。数分、時には数十分に一度大きな波やうねりが押し寄せてくる。
そのため、ポイントに入る前に波を観察しておくことも危険回避のためには重要だ。
大波が来た際にどこまで波が届くのか?などをしっかりと見極めておくことで安全に釣行することができる。

↓登場する釣り用語

安全地帯を確認しておく

水際から離れてアプローチすれば比較的安全は確保できるかもしれないが、ヒラスズキは足元にできるサラシにもついている可能性があるし、沖のシモリによってできるサラシを攻める際にも水際からアプローチした方が攻めやすい。そのためどうしても水際に立つことが多くなってしまい、常に波に拐われる危険と隣り合わせの釣りになってしまう。
そのため波が来た際の避難場所となる安全地帯は事前に確保しておく必要がある。
波のスピードは意外にも早く、大波がきてから安全場所を探しているようでは間に合わないことも多い。また、安全場所にはどういった足運びで移動するかも考えておくとスムーズに避難することができるのでより安全だ。

↓登場する釣り用語

重心を低くし大波を回避する

どんなに磯に通っても読み違えることはある。そのため波をカブることもあるだろう。そんな時はできる限り重心を低くすると波に足が救われる可能性を低くできる。
本当に危険が迫った場合などはロッドやランディングネットを捨てでも重心を低くし波にさらわれないようによう。

↓登場する釣り用語

落水した場合に這い上がれる位置も確認する

波やうねりのパワーは人が思っている以上に強い。足場にもよるが膝下の波でも足をすくわれ落水することがある。そんな時のためにも這い上がれる位置をチェックしておこう。
足場の高い位置で釣りをする場合はもちろんこと、遠浅の磯で釣りをする場合でも波で上がってこれないこともある。
岩の形状だけでなく潮の流れやうねりの向きなども考慮して這い上がれる位置を確認しておこう。

↓登場する釣り用語

海苔に注意

磯ヒラゲームで危険なのは波やうねりだけではない。移動中にも危険が潜んでいる。その代表とも言えるのが海苔だ。海苔の生えた岩を踏んで移動しようとすると足を滑らせることも多い。
足を滑らせて転ぶだけならまだしも頭をうって意識を失ってしまえば動けなくなってしまうこともある。
磯でヒラスズキを狙う場合は必ずスパイクシューズ、特にフェルト式のスパイクシューズを履いて釣行しよう。

↓登場する釣り用語

できればウェットスーツを切る

磯でヒラスズキを狙う場合にはウェーダーではなくウェットスーツを着るようにしよう。
ウェーダーに一旦水が入ると水が抜けないだけでなく、満タンまで水が入ってしまえばフローティングベストの浮力より重くなってしまうこともある。
そのためできるだけウェットスーツを着ての釣行した方が安全だ。ウェットスーツはそれ単体の浮力だけでアングラーを浮かせることができる。もちろんウェットスーツをきていてもフローティングベストの着用は必須だ。

↓登場する釣り用語

フローティングベストの股紐はしっかりと締める

フローティングベストを着ていても股紐を通していないとフローティングベストだけが浮いてしまい意味をなさない。また、股紐や脇紐が緩すぎてもフローティングベストは機能を果たさずアングラーの体を水面まで浮かせてくれない。釣行前に緩みすぎていないか必ずチェックしよう。

↓登場する釣り用語

荷物は極力少なくする

荷物が多すぎても危険に繋がる。例えばルアーを何十個も持っていくとそれだけかなりの重さになる。例えば20gのミノーを40本持っているだけでも約800gになる。時に春から秋などは青物が狙えることもあり、メタルジグなどを入れていくアングラーも多いはず。そうなればさらに重くなりルアーだけで1kg近くなってしまうこともある。もちろんその他にもタックルやストリンガー、飲み物などを加えれば荷物だけでも2kg以上の重さになることもある。
荷物が多く重くなれば、動きにくくなるし流された場合も泳ぎにくい。
危険回避のためにもできるだけ荷物を減らした方が安全だ。

↓登場する釣り用語

防水機能付きのスマホ・携帯電話がベスト

精密機械である携帯電話やスマートフォンは水に濡れるとすぐに壊れてしまう。そのため落水で怪我をして動けなくなった場合には携帯電話を持っていても助けを呼ぶことができない。そうならないためにもできるだけ防水機能付きの物を使用するようにしよう。
防水機能がついていない場合には防水ケース、特にケースに入れたまま操作できる防水ケースに入れて水没時でも使えるようにしておこう。

↓登場する釣り用語

単独釣行は避ける

単独釣行は避けるのも危険回避の方法だ。磯ヒラはサーフなどの釣りと違い入れるポイントは決して多くはない。そのため、単独で釣りをした方がより多くのポイントに入ることができる。
しかし安全対策や危険回避の面から考えると単独釣行は避けた方が良い。
落水時はもちろん、怪我をした場合でも仲間がいてくれればどうにか車まで戻ることができるし、助けを代わりに呼んでもらうこともできる。
人気のスポットでは他のアングラーがいることも多いが、常に気にかけてくれるとは限らないし、岩の裏にいれば気づかれないことも多い。
最低でも2人、可能であれば3人以上で釣行し常にお互いの安全を気にしながら釣行すると危険回避に繋がる。

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • ストリンガー・・・ロープに魚を引っ掛けておくためのフックが付いた釣具。主に魚を生かしておくために使う
  • タックル・・・釣具一式のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと