RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ヒラメやマゴチ釣りでよく使われる7つのルアーアクション

ヒラメやマゴチを狙えるルアーアクション

ルアーをタダ巻く(通称、ただ巻き)だけでもヒラメやマゴチを釣ることはできる。
しかしアクションを加えることで、魚にルアーの存在をよりアピールすることができ、バイトチャンスを増やすことができる。

プロアングラーの動画を見ても、ルアーや地形に合わせてアクションを変えているのが分かる。

ここではヒラメやマゴチと呼ばれるフラットフィッシュを狙う際によく用いられるアクションについてまとめてご紹介していく。

↓登場する釣り用語

ただ巻き(ストレートリトリーブ)

ただ巻き(ストレートリトリーブ)

読んで字のごとく一定のスピードでルアーを巻き続けるアクションのことでストレートリトリーブなどと呼ばれることもある。

ヒラメやマゴチなどは様々な場所で狙うことができるが特にサーフでヒラメを狙う場合、流れに変化のある場所を攻めることが重要になってくる。そんな流れの変化を感じ取りやすいのがただ巻きだ。

ルアーが泳ぐ方向と同じ方向に潮が流れている場所では、ルアーを引く抵抗は軽くなり、ルアーの流れと逆に潮が流れている場所では、引き抵抗は重くなる。
ただ巻き続けるだけの釣り方だが、余計なアクションがない分、そう言った潮の流れの変化を感じ取りやすい。
また、ルアー本来のアクションを生かせると言ったメリットもただ巻きにはある。

フラットフィッシュはボトム(海底)付近にいる魚のため海底からルアーが離れすぎてしまっては食いついてこない。特にヒラメは頭上を通るものに良く反応する。そのためボトムをルアーがズル引いてしまえば、食ってくる可能性は低くなってしまう。ただ巻きをしっかりとできるようになることでヒラメやマゴチがいるレンジを確実に通すことができるようになる。

↓登場する釣り用語

ストップアンドゴー

ストップアンドゴー

上記で説明したただ巻きのアクションの中に止める動作を入れるのがストップアンドゴー。

海での釣りは波の影響を強く受ける。特にサーフでは障害物が比較的少ないため、沖から岸に向かって寄せてくる波が強い。
そんな中ルアーを潮の流れよりも遅く引けばルアーが潮の流れに乗ってしまいうまく動いてくれない。逆に早すぎれば、ヒラメなどのレンジを外れるばかりか、表層を飛び出してしまうこともある。

そんなときに便利なアクションがストップアンドゴー。

メタルジグやワームはもちろん、シンキングミノーなど沈んでいくルアーの特徴を生かし一瞬ルアーを止めることでレンジを一定にキープすることができる。
また、ルアーを止めることでバイトチャンスを与え食いつきやすくする効果もある。
さらに言えば、横の直線的な動きに反応してこない魚に対して、ルアーを止めることで縦の動きを与え反応させることもできる。

↓登場する釣り用語

リフトアンドフォール

リフトアンドフォール

ロッドを大きく跳ね上げることでボトムからルアーを引き離し、その後ロッドを下げルアーをフォール(沈めること)させることでルアーに縦のアクションをさせることができるリフトアンドフォール。

ストップアンドゴーよりも縦の動きが多く、緩急をつけやすいのが特徴。
ワームでの釣りに使われることが多いが、メタルジグやミノーはもちろんバイブレーションと言ったルアーでも使用される。

また、フォールする際ラインを張った状態にするテンションフォールとラインを張らずにフォールさせるフリーフォールがある。

テンションフォールはラインを張ったままにするため、自分に向かってルアーがカーブするようにフォールしてくるのでフォールの時間を長くとることができる。また、ラインが張っているのでフォール中のバイトも感じ取りやすい。

一方フリーフォールはフォール中にラインを張らないため、ルアーが海底に向けて真っすぐ落ちていく。フリーフォールは自然な動きになる反面、ラインがたるんでしまうためフォール中のバイトは感じ取りにくい。またフォール時にたるんだラインを上手に巻き取らないと、糸がリールにフカフカ巻き付いてしまいライントラブルの原因にもなりかねない。

↓登場する釣り用語

トゥイッチ

トゥイッチ

ただ巻きの中に、竿先を小刻みに振る動作を加えたのがトゥイッチ。
竿先を小刻みに振ることで、ルアーに不規則なアクションをするつけることができ、弱った小魚が泳いでいるのを演出できる。

また、水は空気よりも振動が伝わりやすい。つまり水中は地上よりも振動が伝わりやすくなるためトゥイッチによって発生する不規則なアクションは、離れたヒラメにもしっかりとアピールすることができる。

ストップアンドゴーのようにトゥイッチの合間に止める動作を追加することでヒラメにバイトチャンスを与えることもできる。

↓登場する釣り用語

ボトムバンプ

ボトムバンプ

ルアーがボトムに着底したら、ルアーをボトムから20cm前後跳ね上げ、落とす。これを繰り返したアクションがボトムバンプ。
主に海底に落ちている餌を捕食するマゴチに使われることが多いが活性の低いヒラメにも有効なアクションだ。
また、不定期に大きく跳ね上げることで、上から落ちてくるものに反応しやすいフラットフィッシュの捕食スイッチを強制的に入れることもできる。

ただし、他のアクションと比べ丁寧にボトム付近を探ることから手返しが悪くなりやすい。
日中など食いの渋い時やここ一番と言ったポイントに絞ってうまく取り入れるようにしよう。

↓登場する釣り用語

ジャーク(ワンピッチジャーク)

ジャーク(ワンピッチジャーク)

トゥイッチよりも大きく激しくロッドを煽るのがジャーク。また、ジャーク後にロッドを元の位置に戻しながらリールのハンドルを一回転させるアクションがワンピッチジャーク。

ジャークよりもルアーが激しく大きく動くのが特徴。主にメタルジグなどで使用されることが多い。

↓登場する釣り用語

ダート

ワンピッチジャークが縦に動くアクションなのに対してダート専用のルアーをワンピッチジャークと同じようにアクションさせることで縦ではなく横の動きをさせるのがダート。

特にヒラメやマゴチは下からルアーを見上げていることから縦の動きよりも横の動きであるダートアクションは効果的。

ダートの最中にバイトしてくることもあるが、ダートを止めた瞬間に食いつくことが多い。

ダート専用のルアーを使用する必要がある上に、ある程度高低差が必要なため、遠浅のサーフよりも急深サーフや漁港などの堤防の上から釣る際に主に用いられる。

ダート専用のルアーをダートさせながら行う釣りをワインド釣法と言い。ヒラメやマゴチだけでなく、シーバスや太刀魚を狙う際にもよく用いられる。

登場する釣り用語

  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • リトリーブ・・・リールを巻きルアーを泳がせること
  • サーフ・・・海岸のこと
  • レンジ・・・水深
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事