RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

フローティングミノーでヒラメを狙うメリットとデメリット

フローティングミノーでヒラメを狙うメリットとデメリット

フローティングミノーのメリット・デメリット

ミノーには大きく分けてフローティングミノーとシンキングミノーがあり、それぞれ特徴が異なりメリットもあればデメリットもある。

ここではヒラメを狙う際、フローティングミノーを使用することのメリットとデメリットをご紹介していく。

↓登場する釣り用語

フローティングミノーとは

フローティングミノーとは

そもそもフローティングミノーとは水に浮くルアーのこと。
ルアーを泳がすことで(リールを巻くことで)ミノーについたリップと呼ばれる部分が水を掴み沈む。一方シンキングミノーは水に浮かない。何もしなければどこまででも沈んでいく。

↓登場する釣り用語

フローティングミノーのメリット

↓登場する釣り用語

決めたレンジを泳ぎやすい

決めたレンジを泳ぎやすい

フローティングミノーはルアーを泳がすことで沈むが、決められたレンジ(水深)に達するとそれ以上は潜らない。
そのため決められたレンジを泳がすことができる。

例えば海底に沈み根(岩)などが多く沈んでいる場所などはミノーを沈ませすぎると根掛かり(岩にルアーが引っかかってしますこと)してしまう。
そんな時フローティングミノーであれば、決められたレンジ以上に深く潜ることはないので根掛かりする可能性が低くなる。

もちろんフローティングミノーごとに潜る深さは変わるで、底につかないルアーを選択する必要はある。

↓登場する釣り用語

初心者で扱いやすい

ヒラメを釣るにはヒラメが食いついてくるレンジを泳がせる必要がある。
マゴチなどは小魚に加え、エビやカニと言った海底にいる甲殻類なども捕食しているため、ボトムをズルズルとルアーを引いてもバイトしてくるが、ヒラメは頭上を通る小魚しか捕食しないのでボトムをズル引いては釣れない。また、ズル引かなくても、ボトムからルアーが離れすぎてしまえば食いついてこない。

状況などによってレンジは変わるが、一般的にはボトムから50cm以上2m未満がヒラメにとって最適なレンジとなる。

しかしヒラメ釣りを始めたばかりの方にとっては、今ルアーがボトムから何センチの所を泳いでいるかと言っても分かりにくい。

しかしフローティングミノーであれば水深3mであれば表層から2m前後泳ぐタイプを、水深が2mであれば表層から1m前後を泳ぐフローティングミノーを選ぶだけでヒラメに合ったレンジにルアーを通すことが可能になる。

↓登場する釣り用語

ゆっくり引ける

シンキングミノーはリール巻くことでルアーを浮かせることができる。しかし巻くスピードが遅すぎると海底を引きずるだけで浮き上がらない。

しかし、フローティングミノーにも潜らせるために最低限必要なスピードやルアーが設計通りの泳ぎをするために最低限必要なスピードはあるが、シンキングミノーなどと比べればゆっくりと引くことが可能だ。

フローティングミノーをゆっくり引くことで、ヒラメの頭上を長く泳がせることができるだけでなく、早い動きに反応してこないヒラメを釣り上げることが可能になる。

↓登場する釣り用語

水深の浅い場所でも使用できる

水深のない場所にもヒラメはいる。特にシャローエリア(水深の浅い場所)にいるヒラメは他の場所よりも積極的に餌を探している可能性が高い。
季節や天気などにもよるが、水深が1mにも満たない場所でもヒラメを釣ることができる。

そんなシャローエリアで活躍するのがフローティングミノー。
シンキングミノーやメタルジグと言ったルアーは、基本的に浅いエリアを攻めるようには設計されていない。またシンキングミノーなどで浅いエリアを攻めるにしても多少のテクニックが必要になる。早く巻きすぎれば水面から出てしまうし、遅すぎればルアーが浮き上がらない。
しかしフローティングミノーの中でもシャロータイプ(浅い)のフローティングミノーであれば、水深30cmや水深50cmと言った決められたレンジを簡単に泳がすことができる。

↓登場する釣り用語

広範囲をアピールできる

ヒラメは頭上を通る小魚を狙っている。つまり、ヒラメとの距離が離れれば離れるほどその視界に入る可能性は高くなる。
水深や使い方によって異なるが、フローティングミノーはシンキングミノーよりも表層近くを泳ぎやすいルアーだ。つまり、ヒラメとの距離が必然的に離れやすいため、ヒラメの視界に入ることが多くなる。

もちろん。離れすぎればルアーに食いついてこないが、ヒラメの捕食範囲に入ってさえすればより多くのヒラメにアピールすることができる。

↓登場する釣り用語

アクションが大きい

フローティングミノーはアクションが大きい。正確にはシンキングミノーよりもアクションを大きく設計することができる。もちろんフローティングミノーでもあえてアクションを大人しく設計しているものもあるが、リップにあたる水圧だけでなく、シンキングミノーにはない浮力を生かしアクションさせることも可能なため、フローティングミノーはアクションを大きくすることができる。

↓登場する釣り用語

フローティングミノーのメリット

フローティングミノーにはメリットも多いがデメリットもある。ここからはフローティングミノーのデメリットについていつくか紹介していく

↓登場する釣り用語

飛距離がでにくい

シンキングミノーと同サイズ同形状のフローティングミノーの場合、ルアーが浮くように設計しなければならないため必然的にルアーが軽くなる。
そのため、シンキングミノーに比べ飛距離が出にくいと言ったデメリットもある。

↓登場する釣り用語

風に弱い

サーフはもちろん、海全般での釣りは天候との戦いでもある。風の弱い日もあれば強い日もある。上記で説明した通りフローティングミノーは比較的比重が軽くできているため、横風や向かい風と言った状況ではルアーが風に負けてしまい飛距離を出しにくい。

↓登場する釣り用語

波が強い時は使えない

フローティングミノーは主に表層付近を泳ぐように設計されている。そのため波が強い時などはルアーが波に乗ってしまい設計通りのアクションを出すことができなくなる。

↓登場する釣り用語

濁りがある時には向かない

フローティングミノーは表層を泳ぐようになっている。そのため濁りがある時はボトム付近にいるヒラメやマゴチと言った魚には気づいてもらえない可能性がある。

登場する釣り用語

  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • レンジ・・・水深
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • 沈み根・・・水中に沈んでいる岩のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。