RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

生き餌のつけ方(泳がせ釣り)

生き餌のつけ方(泳がせ釣り)

泳がせ釣りの生き餌のつけ方とコツ

泳がせ釣りは生き餌を使うためルアーフィッシングのように見切られることも少なく、オキアミや切り身などと違いエサが動くため魚を誘いやすい。そのため泳がせ釣りはカンタンではあるものの大型の魚を狙うことができる釣りだ。

しかし、生き餌が死んでしまえば釣れにくくなるし、弱ってしまえばアピール力も低くなってしまう。つまり泳がせ釣りでは生き餌が全てと言っても過言ではない。

生き餌のつけ方一つで弱り方は分かるし、かかりやすさも変わる。
ここでは泳がせ釣りで使う生き餌のつけ方やつける際のコツについて紹介していく。

↓登場する釣り用語

5つの生き餌のつけ方

5つの生き餌のつけ方

生き餌のつけ方はいくつかあり、生き餌が泳ぎやすいつけ方や弱りにくいつけ方など様々ある。

↓登場する釣り用語

鼻掛け

魚には人間同様鼻がある。また、口から取り込んだ海水中に溶けている溶存酸素をエラから吸収し呼吸している。そのため鼻にかけても呼吸ができるため弱りにくい。また、この後紹介する方法と違い身を気づけないことも弱りにくい理由だ。
尾骨があるため身切れなどはしにくいが、生き餌が小さい時は身切れしてしまうこともある。
鼻カンと呼ばれる泳がせ専用の釣具を使い2本針にしても良い。

↓登場する釣り用語

目通し

目通しは目のフチに釣針をかけるつけ方。鼻がけよりも取れにくくなるため生き餌が小さい時などに効果的。
また、鼻掛け同様、生き餌の動きを抑制しないので餌がよく動く。
ただし目を気づけてしまうと、泳ぎが悪くなってリ弱りやすくなるため多少の慣れが必要だ。

↓登場する釣り用語

上アゴ掛け

口の中から上アゴに向けて釣針を通すつけ方。口から上に向かって通すだけなので比較的カンタンなつけ方。
コツはあまり奥に刺しすぎないこと。奥に刺せば取れにくくはなるが脳を気づけてしまい即死してしまうこともある。

↓登場する釣り用語

口掛け

最も取れにくい掛け方である口掛け。上アゴ掛けに似ているが、下顎から上顎に通す。
下アゴから上アゴに通すため口から海水が入りにくくなり弱りやすい。船釣りなど生き餌が多数あり頻繁に交換できる時はそこまで気にする必要はない。

↓登場する釣り用語

背掛け

背掛けは泳がせ釣りで最も使われるつけ方。取れにくく強く投げられるので、遠投する場合などに適している。
背びれ付近にある硬い場所にかけるのがコツだ。
ほとんどの魚はヒレやウロコが引っかからないように生き餌の頭から捕食する傾向にあるため背掛け以外の方法の方がかかりやすいことが多いが、マゴチなど後ろから捕食することが多い魚の場合は背掛けの方がかかりが良くなる。

↓登場する釣り用語

1本針と2本針

親針だけの1本針と親針と孫針の2つの釣針を使用した2本針。

↓登場する釣り用語

1本針

上記のつけ方で親針のみ使用し泳がせる方法。かかりは2本針よりも悪くなるが生き餌につける針の数が少ないことやかける箇所が少ないため生き餌が弱りにくい。

↓登場する釣り用語

2本針(孫鈎仕掛)

針が2つになるため非常にかかりやすい。1本針とは反対に生き餌が弱りやすいがかかりやすい。また、2本同時にかかればバレにくくもなる。

↓登場する釣り用語

2本針のつけ方

2本針(孫鈎仕掛)

親針と孫針の2本を使う2本針。親針は「5つの生き餌のつけ方」で紹介した掛け方のどれかになるが、孫針特有のつけ方にも「背掛け」「腹掛け」「尾びれ掛け」「チラシ」ある。

↓登場する釣り用語

生き餌のつけ方のコツ

泳がせ釣りでは餌が生きているからこそ、魚を誘いやすくなる。そのため投げる前から弱らせてしまうとすぐに死んでしまう。ここからは生き餌をつける際のコツをいくつか紹介していく。

↓登場する釣り用語

素早くつける

素早くつけることで生き餌は弱りにくい。慣れてすれば自然とできるようになるが、まだ慣れていない時もできるだけ素早く釣針をつけるように気をつけたい。

↓登場する釣り用語

水の中でつける

水の中で釣針を生き餌にかけるのもコツの1つだ。水の中であれ魚は呼吸ができるため弱りにくい。少しつけにくくなるが上記で記載したように素早くつけるのが苦手な人におすすめだ。

↓登場する釣り用語

手を濡らす

手を濡らすことで魚へのダメージを減らす。また、魚にとって人間の体温は非常に高温でやけどしてしまう。体温を下げるためにも生き餌を触る前は手を濡らすのがコツだ。

↓登場する釣り用語

強く握らない

泳がせ釣りを始めたばかりの方がやってしまいがちなのが生き餌を強く握ってしまうこと。生き餌はオキアミなどと違い動くので非常につけにいため強く握ってしまいがちだ。しかし強く握ってしまえばあっという間に弱ってしまう。イワシなど特に弱りやすい魚は投げる前から死んでしまうことさえある。

↓登場する釣り用語

目を隠す

手で強く押さえつけるよりも目を隠すと魚は大人しくなりやすい。大人しくなればつけやすくなるし素早くつけやすくなる。

↓登場する釣り用語

フィッシュグリップやタオルを使う

フィッシュグリップやタオルを使えば手を濡らす必要がなくなる。また、魚は表面にヌメリがあるため抜け落ちやすい。フィッシュグリップやタオルを使うことで魚をしっかりと固定しやすくなるので釣針もつけやすくなる。

↓登場する釣り用語

大きく太い釣針は使わない

泳がせ釣りは大型の魚を狙えるため大きく太い釣針を使いたくなってしまう。しかし大きくなれば重くなり小さな生き餌には大きな負担になる。また、太くなれば大きく身を傷つけるため弱りやすい。
もちろん、釣針を小さく細くしすぎれば釣針が伸びる可能性もでてきてしまうが、必要以上に大きい釣針や太い釣針を使わないのがコツだ。

↓登場する釣り用語

釣針をつけた後はすぐに投げ入れる

釣針をつけたらできるだけすぐに投げ入れる。いつまでも陸地に上げておくとすぐに死んでしまう。特に夏場などは堤防や磯場も熱くなっているため弱りやすい。
すぐに投げられない場合はバケツやバッカンなどに水を張っておき入れておくと良い。

↓登場する釣り用語

エラとお腹を傷つけない

魚にとってエラは人間の肺のようなものそのためエラを気づけてしまうと呼吸ができなくなってしまう。また、エラには多数の血管が通っていることからも傷をつけると血が出てしまい弱りやすい。
そしてエラと同じように傷つけてはいけないのがお腹。腹には心臓を含む内臓があるため気づけるとすぐに弱る。「強く握らない」でも記載したように外傷がなくても強く握り内蔵を潰してしまうとものの数分で死んでしまうこともある。

とにかく生き餌をつける時はエラとお腹を傷つけないようにつけるのが魚を弱らせないコツだ。

登場する釣り用語

  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。