RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

時期別のエギングの釣り方

時期別のエギングの釣り方

アオリイカを狙うのであれば知っておきたいエギングの時期別の釣り方

エギングでアオリイカを狙うのであれば時期別の釣り方を知っているかどうかで釣果が大きく変わってくる。

例えば、春は大型のアオリイカが狙えるためエギのサイズは大きくなる。一方、秋は生まれたばかりの子イカを狙う数釣りの時期になるため小さいエギが基本となる。

その他にも時期によって釣り方やアオリイカのいるポイント、状況などが変わってくる。

↓登場する釣り用語

春のアオリイカの釣り方

冒頭でも記載したように春はアオリイカの産卵の時期。そのため1年の中で最も大きなアオリイカをエギングで狙っていくことができる。運がよければ2キロ以上のアオリイカが釣れることもある。
そして大型を狙うのであれば4号以上の大型エギが有効となりやすい。
また、大型は警戒心が高いこともあり、ボトム付近の釣りが中心となる。

春にアオリイカをエギングで釣る方法

↓登場する釣り用語

夏のアオリイカの釣り方

夏は初夏、盛夏、晩夏でエギングでの釣り方が変わる時期。初夏はまだアオリイカの産卵時期であるため春と同様の釣り方が通用する。
真夏である盛夏になると多くのアオリイカが産卵を終えているため数は減ってくるもののサラシの下などを狙うことで遅れて産卵してきたアオリイカを狙うこともできる。
そして晩夏は大型のアオリイカが釣れにくくなり、地域によっては秋の数釣りの時期に入っていることも多い。

夏にアオリイカをエギングで釣る方法

↓登場する釣り用語

秋のアオリイカの釣り方

秋と言えば春同様エギングのハイシーズンで小型にはなるが数釣りが楽しめる時期。
春に生まれた新子と呼ばれる小型のアオリイカが漁港や磯に多数現れる。また、春とは違い、沖に出ることのない小型のアオリイカは非常に釣れやすい。

しかし数が釣れるだけでないのも秋の時期の特徴だ。秋に遅れて産卵するアオリイカもいるため磯や堤防などから春同様1キロ前後のアオリイカをエギングで狙うこともできる。

数釣りエギングで秋のアオリイカを攻略

秋に大型アオリイカをエギングで釣る方法

↓登場する釣り用語

冬のアオリイカの釣り方

冬はアオリイカの活性が1年で最も下がる時期。多くのアオリイカが寒さを凌ぐために沖の深場に移動してしまうためショアからエギングでは釣れにくくなるのが冬の特徴。

だからと言って全く釣れないわけではない。マズメやナイトゲームなどを主体にすることでショアからでもアオリイカを狙うことは十分にできる。

冬にアオリイカをエギングで釣る方法

登場する釣り用語

  • 数釣り・・・魚のサイズではなく数をたくさん釣る釣りのこと
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • ショア・・・岸からの釣り
  • ナイトゲーム・・・夜釣り