RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

野池のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のポイント

ブラックバスのいる野池は主に農業のための「ため池」であることが多い。そしてため池の多くにブラックバスが生息している。また、山間に自然と水が溜まることでできた山池も野池の一種。こちらはブラックバスのいる場所といない場所があるが、ブラックバスのいる湖やダム湖が近くにあればブラックバスもいる可能性は高い。

リザーバーと呼ばれるダム湖と違い比較的規模の小さいものが多く、池の中心でない限り届かないポイントが少ないためオカッパリからでも1年中ブラックバスを狙うことができるのが特徴だ。
また、野池はベイトなどの数が少なく常にバスは餌を探していることから攻略のためのポイントさえわかれば誰でも簡単に釣ることができるポイントでもある。

ここでは「ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント」で紹介した攻略すべきポイント以外に野池特有のポイントを中心にいくつか紹介していく。

↓登場する釣り用語

堰

堰(せき)とは川などの流れを堰き止めの堤防のこと。農業用に作られたため池の多くに堰がある。
堰がある場所は比較的足場が良く釣りをしやすい。また、水を排出するための土管があったり、階段が設置してあり、そういった場所にはブラックバスがいる可能性も高い。
また、野池の多くが泥や砂地であるが、コンクリートやブロックで堰が作られている場合、堰周辺だけハードボトムとなっていることもあり見逃せないポイントだ。

↓登場する釣り用語

オーバーフロー

オーバーフローは雨などで増水した際、野池が溢れないように自然に水が排出される場所のこと。オーバーフロー自体の構造物にバスがついていることもあるし、水が排出されている際は、周辺の水がオーバーフローに集まり流れを作り出すため釣れる可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

角

野池にも様々なタイプがあるが特に平地に作られた野池の場合、ブラックバスがつきそうなポイントが少ないこともある。そんな野池でも必ずあるのが角。僅かな地形の変化であるが、ブラックバスにとっては数少ない居心地の良い場所となることが多い。

↓登場する釣り用語

野池の中央

野池の中央

上記で紹介した平地に作られた野池の場合、その多くが比較的水深がない。そのため、ブラックバスは少しでも水深のある中央へと集まりやすい。
特に周辺に交通量が多いような野池の場合には、野池にいるブラックバスのほとんどが池の中央に集まってしまっていることも少なくない。

何もないように見える中央も忘れずに攻略してみよう。

↓登場する釣り用語

対岸

対岸

野池のようなポイントは比較的アクセスが良いこともあり多くのアングラーが集まりやすい。しかし規模としてはリザーバーと呼ばれるダム湖よりも小さく、ブラックバスの個体数も決して多いとは言えない。そのため、連日多くのアングラーがルアーを投げるためアングラーが入れるポイントにバスが寄って来なくなってしまいっている野池も多い。

そんな時は多くのアングラーがルアーを投げない(または届かない)対岸にブラックバスが寄ってしまっていることも考えられるのでルアーを遠投し対岸付近も必ず攻略してみよう。

ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント

ダム湖(リザーバー)のブラックバス攻略のためのポイント

湖のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のためのポイント

登場する釣り用語

  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。