RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

川のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のポイント

バスフィッシングと言えば、ダム湖や湖、野池などを連想しやすいが川にもブラックバスはいる。
ただし全ての川にブラックバスがいるわけではなく、比較的流れの緩やかな川の方がブラックバスの個体数も多く攻略しながら狙うことができる。

大型河川はもちろん、キャストして届くような比較的小規模な川、さらには水深のない用水路などにもブラックバスはいる。

そう言った川にいるブラックバスを狙う際にもその他のフィールドと同じようにバスがつきやすい場所とそうでない場所がある。ここでは「ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント」で紹介しきれていない川独特のポイントを中心に紹介していく。

↓登場する釣り用語

川のカーブ

川のカーブ

川は直線的に流れているわけではなくクネクネと曲がりながら流れている。そしてカーブしている所は内側と外側で流れの速度も水深も異なる。内側は水深が浅く流れが緩やかなのに対して、カーブの外側は水深が深く流れ早い。

川バスは活性が高い時には内側のシャローエリアで餌を探している。一方、活性が低い時には外側の深い場所にいることが多い。そして見落としがちなのが内側と外側の流れの違う境目にできる流れのヨレやカケアガリ部分。
カケアガリにバスがついており、流れのヨレによって餌が集まってくるのを待っている。

川バスを攻略するなら状況に合わせて内側や外側、そして中央(必ずしも真ん中とは限らない)を攻略してみよう。

↓登場する釣り用語

テトラポット

テトラポット

川にはテトラポットが設置してある場所が多数ある。そしてその多くが流れがあたり侵食されるのを防ぐために設置してある。つまりテトラポットが設置してある場所は流れが当たる場所ということになる。そういった場所はベイトが集まりやすい。
また、テトラポットの隙間はブラックバスの隠れ家となりやすい。
つまり川のテトラポットは最低でも2つの要素が絡むためブラックバス釣れやすいポイントとなる。

↓登場する釣り用語

杭

テトラポットと同じように設置されているものに杭がある。特に並べて打たれている杭は流れを緩め侵食を防ぐために設置されているため、テトラポット同様にその周辺は攻略しておきたいポイントだ。

ただし、杭は根掛かりがしやすいだけでなく、ランディングの妨げにもなるので攻略する際はランディングのことも考えながらキャストしていこう。

↓登場する釣り用語

護岸

護岸

バスは護岸の壁を利用しベイトを追い込み捕食する。そのため護岸際にはブラックバスがいることが多い。護岸に沿ってルアーをキャストしながら移動していくものが良いが、ある程度水深がある場合にはテクトロも有効だ。

↓登場する釣り用語

川の合流地点

川の合流地点

2つの川が合流することで、流れのヨレが発生したり、地形が複雑に変化しているためブラックバスがいる可能性が高い。例え小さな支流の合流であってもヨレや地形の変化はできやすいので必ず攻略しておきたい。
合流地点にはベイトフィッシュなども集まりやすいので朝マヅメや夕マズメは特に攻めておきたい。

↓登場する釣り用語

川を堰き止めるための堰は上流側も下流側もブラックバスがいる可能性が高い一級ポイント。
特に高ポイントなるのが下流側。流れに負けたベイトが流されてくることはもちろん、堰から流れ落ちる水によって酸素量が多いためブラックバスにとっては快適な環境となりやすい。下流側でブラックバスがいる可能性が高いのは水が流れ出す部分と堰の真下。堰によっては魚が遡上できるように一部だけ開いた場所があればそこにバスが居る可能性が高い。そしてもう一つが堰の真下。上からの水流によって堰の真下はエグレができておりブラックバスがいる可能性も高い。

一方、上流側にもブラックバスはいる。堰によって流れが緩やかになるためベイトが集まりやすく、ブラックバスも上流部分を広範囲に回遊していることが多い。

↓登場する釣り用語

トロ場

トロ場とは流れが緩やかで、水深があり、かつ川幅が広がっている場所のこと。バスは元々流れのキツイ所を好む魚ではない。そのためトロ場は川バスが好む場所となりやすい。
そんなトロ場には回遊してくるブラックバスも多いが、水門やアシなどその他のストラクチャーが絡むようであれば居ついているブラックバスも多いため攻略しておくべきポイントだ。

↓登場する釣り用語

瀬にも色々とあるが、基本的には水深が浅く流れの早い場所のこと。ただし、上記でも説明したがブラックバスは基本的に流れの強い場所を好まない。そのため極端に活性が高くない限り瀬の中まで入ってくることは少ない。しかし瀬の下流側の流れのゆるくなった場所には流れの早い上流からベイトが流されてくるのを待っているブラックバスもいるので攻略すべきポイントだ。

↓登場する釣り用語

反転流

反転流とは川の流れがストラクチャーや突き出た地形などに当たることで反転している流れのこと。そう言った場所はベイトが流れてくるのでブラックバスがいる可能性が高い。
岬の下流側やワンドの入り口の裏などにできやすいので必ず攻略しよう。

ただし反転流は必ず流れが必要だ。流れがある程度ある場所には決まってできているが、流れが緩やかなになっている場所は下流側の水門の開閉によってできたり、消えたりするのでタイミングを変えてポイントに入ってみよう。

ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント

ダム湖(リザーバー)のブラックバス攻略のためのポイント

湖のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のためのポイント

登場する釣り用語

  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ベイトフィッシュ・・・フィッシュイーターと呼ばれる魚を食べる魚が食べる魚のこと。単にベイトということもある。
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある