RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント

ポイントを知ればブラックバスは簡単に攻略できる

ブラックバスはダム湖や野池だけでなく川などにも生息している魚だ。そのため海水域を除けば様々な場所で釣ることができる。
しかし、適当にルアーを投げれば釣れる訳ではない。もちろん運良く釣れてしまうこともあるかもしれないが、それでは毎回狙って釣るのは難しい。バスの居ついている場所や回遊してきやすい場所にルアーを投げることで釣れる可能性は何倍にも高くなる。

また、ダム湖や野池、川などフィールド別のポイントは下記のリンク別に紹介するとしてここではどのフィールドにも当てはまりやすい攻略すべきポイントを紹介していく。

ダム湖(リザーバー)のブラックバス攻略のためのポイント

湖のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のためのポイント

↓登場する釣り用語

流れ込み(インレット)

流れ込み(インレット)

ブラックバス業界の中ではインレットと言った表現をすることが多い流れ込みはブラックバスを攻略するうえで欠かすことのできないポイントだ。

ダムなどのバックウォーター(ダムに流れ込む川の周辺部分)も流れ込みだし、川などに流れ込む農業用の排水なども流れ込みの一つだ。

インレットには小魚や虫などブラックバスの餌が流れ込んでくるため、ブラックバスはその周辺にいるだけ簡単に餌を捕食することができる。

また、餌が流れてこないような流れ込みでも流れ込みによって酸素量が多いうえに、夏は冷たい水が流れ込み、冬は暖かい水が流れ込むためブラックバスにとっては居心地の良い場所となりやすい。
そのため雨などが降った後にだけ現れる一時的な流れ込みもブラックバス攻略では有効なポイントになりやすい。

ただし、流れ込みは目に見えるポイントであると同時に多くのバスアングラーが攻めるポイントでもある。それだけ釣れやすいポイントでもあるのだが、時間の経過とともに流れ込みにいるブラックバスにかかるプレッシャーは高くなりやすい。

常時流れ込みができているポイントだけでなく、雨の日やその直後にしか現れない流れ込みのポイントを覚えておくことで他のアングラーよりも早く攻めることが可能だ。

↓登場する釣り用語

アウトレット

流れ込みであるインレットと反対の流れの出て行くアウトレットも攻略すべきポイント。水が出ていくことでその周辺には水の流れができるためブラックバスも集まりやすい。

水門はもちろん、野池などでは雨などで増水した際に自動的に排水を行うオーバーフローと呼ばれる場所などアウトレットは以外と多い。

↓登場する釣り用語

水門

水門

水門が開いていればブラックバスのつきやすい流れの変化ができるし餌などが流れてくるためバス攻略に水門はかかせない。また水質の違う水が流れてくれば小魚も集まりやすいためブラックバスもよってくる。そのため水門は数あるバス攻略の中でも高ポイント言える場所だ。また、仮に水門が閉まっていてもボトムの地形は開いている時の水流によってえぐられ地形に変化ができている。

そのため水門の開閉に関わらず、他のアングラーがいなければ必ず攻めて起きたいポイントだ。

ただし、オカッパリアングラーはもちろん、ボートアングラーも攻めることが多いため人気の場所となりやすいので、入るタイミングは常に考えておこう。

↓登場する釣り用語

倒木(レイダウン)

倒木(レイダウン)

倒木にもブラックバスはついている可能性が高い。ブラックバスは物につく習性のある魚だ。物につくことで安心し警戒心が薄れるだけでなく、小魚などが近づくまで身を隠す場所として利用している。

そのため倒木などにはブラックバスがついている可能性が高い。
長いこと倒れている倒木はもちろん、台風によって新たに倒れた倒木にもブラックバスはついている可能性が高い。
また、多数の木が同時に倒れ折り重なっているようなポイントはブラックバスがついている可能性がさらに高いポイントとなりやすいが、倒れたばかりの倒木には細かい枝などが残っていることが多いため根掛かりなどがしやすい。
そのためいきなり根掛かりしやすいルアーで攻略してしまうと釣れる前に余計なプレッシャーを与えてしまう可能性がでてくる。また、水中にある倒木は形状を把握しにくい。周辺から攻める場合でもまずはワームやスピナーベイトといった根掛かりのしにくいルアーで攻略していこう。

↓登場する釣り用語

フラットエリア

フラットエリアとはフィールド上にある平坦な場所のこと。
野池などはもちろん、リザーバーと呼ばれるダム湖などにも存在する。

特に水深が浅く平坦であるシャローフラットはブラックバスのフィーディングエリア(捕食場所)となる。フィーディングとはブラックバスが捕食状態にあることを表した言葉で、シャローフラットエリアはブラックバスにとって小魚が上下の逃げ道や隠れる場所がなくなるため追い込み捕食しやすいエリアとなる。つまりフィーディング状態に入っているブラックバスが多数いる可能性が高いためフラットエリアを攻略できればブラックバスが連発する可能性が高い。

特に朝マズメなどはシャローフラットで多数のボイルが発生することもあるので必ずチェックしてみよう。

↓登場する釣り用語

リリーパット

地上だけでなく水中にも植物は生える。そして水生植物はブラックバスが隠れている可能性が高いポイントなる。代表的なのがリリーパットと呼ばれるハスやスイレン。ハスやスイレンが光合成をすることでその周辺は酸素量が多い。また、リリーパットの中はブラックバスの隠れ場所となるうえに春や秋はもちろんの事、夏場はリリーパットの下が日陰になるためバスにとっては快適な空間となりやすい。さらに冬場は寒さによりほとんどのリリーパットが枯れてしまうが、そんな中でもリリーパットが残っているポイントは何らかの理由で周辺よりも水温が高いことが多くブラックバスがついていることがある。

↓登場する釣り用語

ウィード

ウィードとは水草のこと。リリーパット同様にウィード内は酸素量が多いだけでなく、ブラックバスの隠れ家となりやすい。また、夏場にはシェードにもなるため冬に枯れない限りは1年を通して攻略すべきポイントだ。

↓登場する釣り用語

アシ

アシの切れ目などもブラックバスの隠れ場所となりやすい。アシの中に隠れることで近くを回遊してくる小魚を捕食しやすいだけでなく、上から虫が落ちてくる可能性があるためブラックバスがいる可能性が高い。実際にYouTubeなどでプロのバスアングラーがアシ際を攻めるシーンは多い。それだけアシの際や中にはブラックバスがいると言うことになる。

↓登場する釣り用語

岬とは池や湖に突き出た地形のこと。岬の先端部分は周辺よりも水通しが良いため回遊しているブラックバスが通りやすい場所となっている。
また岬は扇状に浅くなっているおり、途中から急激に深くなるカケアガリが存在する。カケアガリについてはこの後説明するとして、そう言った地形が変わっていることの多い岬には居つきのブラックバスが必ずと言っていいほどいる。

↓登場する釣り用語

カケアガリ

カケアガリ

浅い場所から急激に深くなる場所との境目にある斜面であるカケアガリ。
岬同様カケアガリはバスが居つくこともあれば、ブラックバスの回遊ルートになっていることも多い。リザーバー(ダム湖)や野池などはもちろん、河川などにも存在している。

これまで紹介した攻略すべきポイントが地上から確認できるポイントであるため、多くのバスアングラーが攻める可能性の高いポイントであるのに対して、水中に沈んでいるカケアガリは見落とされがちなポイントだ。それだけにまだプレッシャーを受けていないブラックバスが多くいる。

カケアガリに沿ってワームやラバージグを通すことはもちろん、カケアガリの上にスピナーベイトやミノーなどを通すことで深い場所から食いあげてくることも多い。

↓登場する釣り用語

ワンド

ワンド

ワンドとは入り江状になった奥まった地形のこと。多くのワンドが浅くなっていることから「フラットエリア」で記載したシャローフラットになっていることが多く、フィーディング(捕食体制)に入っているブラックバスが入ってくる。

また、岬やバックウォーターなどと違い、水の流れが穏やかなため冬はデカバスが入ってきたり、春にはスポーニングエリア(産卵場所)となる可能性が非常に高い。

↓登場する釣り用語

浮いているゴミ

浮いているゴミ

風によって飛ばされた木や葉、ゴミなどがリザーバーや池などの一箇所に溜まっているのを目にしたことのあるバスアングラーも多いだろう。
そう言った浮いているゴミの下もリリーパットなどと同様にブラックバスが身を潜めているポイントとなる。

表層に浮いているゴミが多ければ多いほどバスのストック量も多く釣れる可能性が高くなる。また、野池やダム湖はもちろん、自然湖なども基本的に流れが緩やかなため、一度集まったゴミは流れずに長い時間そこに蓄積されていることが多い。
そういった一時期的にたまったゴミよりも長い時間溜まっているゴミの下にはデカバスが定着していることもある。

↓登場する釣り用語

足元のエグレ

足元のエグレ

ルアーは巻くことで動き、ブラックバスのバイトを誘う。そのため多くのアングラーが遠くにキャストしたくなってしまうが足元のエグレにもブラックバスがいる可能性はある。

特に整備されていない足元は水や風の侵食により大きくエグレていることが多い。しかもエグレは誰でも簡単に攻略できるポイントでもある。正確なキャストが必要ないためキャストにまだ慣れていないアングラーでも攻略しやすいし、根掛かりしても取れる可能性が高い。

多くのアングラーが見落としがちな足元ほどブラックバスがいる可能性が高い。

↓登場する釣り用語

ハングオーバー

ハングオーバー

ハングオーバーとは岸際に生えている木が水面を覆うように生えている場所のこと。ハングオーバーの下にはシェードと呼ばれる日陰ができているため夏はバスがいることが多い。

また、夏だけでなく春や秋も木から落ちてくる虫などを捕食しようと日中には多くのブラックバスが集まるため春や秋にも攻略すべきポイントだ。

ハングオーバーしている規模が大きいほどバスがいる可能性が高いが、小さなハングオーバーにもバスがいる可能性があるため、必ずルアーを通そう。

↓登場する釣り用語

シェード

シェード

ハングオーバーで記載したがシェードと呼ばれる日陰にはブラックバスがいることが多い。
また、シェードはハングオーバーした木の下だけはなく、橋脚や桟橋、アシなどの下にもできる。そういったシェードは夏の強い日差しからブラックバスが逃れられる唯一の場所といっても良い。
また、シェードに入ることでブラックバスの天敵なる鳥はもちろんのこと、アングラーなどから身を隠せるためバスが安心できる場所でもある。

↓登場する釣り用語

湧き水

湧き水がでている場所は、夏は涼しく冬は暖かいためブラックバスにとっては流れ込み同様に快適な場所となる。また、湧き水が出る周辺にはウィードなどが生えることも多い。

また、そういった場所はブラックバスの餌となる小魚にとっても快適な場所となるため餌も集まりやすい。

湧き水がでている場所を見つけることは難しいが、見つけられれば他のアングラーが知らない自分だけのポイントとなりやすい。

↓登場する釣り用語

ハードボトム

ハードボトムとは底質が泥や砂などではなく、砂利や岩盤など硬い地質である場所のこと。そういった地質の場所には小魚もブラックバスも集まりやすいため忘れずに攻略しておくべきポイントとなる。

春に産卵を行うブラックバスはスポーニングベッドと呼ばれる産卵床をハードボトムに作ることが多い。そのためハードボトムの周辺にはブラックバスが集まりやすい。

↓登場する釣り用語

流れのヨレ

これまで紹介してきた多くが地形の変化であるのに対して、流れの変化であるヨレも立派な攻略すべきポイントとなる。

流れのヨレとは速度や向きが違う2つの流れがぶつかることでできる複雑な流れのこと。また、流れる水が突堤や橋脚などストラクチャーなどにあたることでもその周辺には流れのヨレが発生する。
流れのヨレている場所には小魚などが集まりやすいため、ブラックバスも集まりやすい。

ブラックバス攻略では地形の変化を攻めることが多いが、流れがヨレている場所にもバスが居る可能性は高いので忘れずにルアーを通してみよう。

↓登場する釣り用語

ハンプ

水中で盛り上がった地形であるハンプにもブラックバスはついている。特に大きなハンプは水中島などとも呼ばれており、多数のブラックバスがいる可能性が高い。
オカッパリから攻められる範囲にあることは少ないが、ボートからであれば簡単に攻めることができる。

ブラックバスを攻略するなら知っておくべきポイント

ダム湖(リザーバー)のブラックバス攻略のためのポイント

湖のブラックバス攻略のためのポイント

川のブラックバス攻略のためのポイント

野池のブラックバス攻略のためのポイント

登場する釣り用語

  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • 根掛かり・・・仕掛けが海底などの岩などに引っかかってしまうこと
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある