RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ばらす原因から考えるシーバスのバラシを減らす14の方法

ばらす原因から考える!シーバスのバラシを減らす方法

シーバスは他の魚よりもばらす可能性が高い魚だ。しかしせっかくかけたシーバスをできる限りものしたいと考えているアングラーや他のアングラーよりも自分はバラシが多いと悩んでいるアングラーも多いと思う。

バラシの原因はそれぞれだが、テクニックはもちろん、タックルなどを変えるだけでもバラシは減らすことができる。
ここでは原因ごとにシーバスのバラシを減らす方法について紹介していく。

↓登場する釣り用語

テクニックでバラシを減らす

↓登場する釣り用語

エラ洗いをさせない

多くのアングラーが周知のシーバスのエラ洗い。水面に飛び出し頭を左右に振ってフックを外そうと暴れるシーバスの特徴的な行動。そのド派手なエラ洗いはシーバスフィッシングの魅力でもあると同時にバラシの原因にもなる。

エラ洗いが原因のバラシを減らす最も効果的な方法は、ロッドを寝かし水面に近づけることでシーバスをジャンプさせないこと。
シーバスは水中でも空中で行うエラ洗いと同じ動作をしているが、水の抵抗があるため水中では空中よりも激しくエラ洗いをすることができない。また、シーバスがボラのように自分の体長よりも高くジャンプできるのはアングラーが張ったラインテンションを利用している所が大きい。つまりロッドを水面に近づける(場合によってはロッドの先を水中に入れる)ことでジャンプさせずエラ洗いを軽減しバラシを減らすことができる。

また、沖堤防や港湾など足場の高い場所でシーバスとやり取りをすることもあるだろう。そういった場所ではいくらロッドを下げてもロッドの先を水面に近づけることができない。そんな場所ではラインテンションを緩めると先程記載したようにシーバスはジャンプすることができず、エラ洗いを抑えることができる。

シーバスはエラ洗いのためにジャンプするが、その初期動作として水中から表層に向かって助走をつけて加速する。そのため慣れてくるとやり取りの最中に伝わるラインテンションからエラ洗いの前兆を感じ取ることができるので、タイミングを合わせてラインテンションを瞬間的に緩めることでバラシを減らすことが可能だ。

↓登場する釣り用語

魚を制御できればバラシは減る

上記のエラ洗い以外にもやり取りの最中にシーバスの制御ができていないこともバラシの原因となる。シーバスはフックがかかると岩や橋脚などの元へ走っていくことが多い。そんな時にしっかりと魚の進行方向と逆向きにロッドを倒し、動きを制御することがやり取りの基本となるが、そう言った動作がうまくできていないとラインブレイクなどによるバラシが増える。

その他にもやり取りの基本は様々あるが、基本をしっかりと覚えたうえでその場の状況に応じてやり取りをすれば、そう言ったことが原因のバラシは減らすことが可能だ。

↓登場する釣り用語

フッキングをしっかりと入れてバラシを減らす

Apiaの村岡氏が上記の動画で詳しく説明してくれているので時間があれば見ていただきたいが、アングラーの多くがフッキングをしっかりと入れたつもりでも、実際にはロッドの特性によりフックまでその力が伝わっていないことが多い。

しっかりとその力が伝わらないとフックがシーバスの口を貫通しないため、ちょっとしたシーバスの動作ですぐに外れてしまいバラシの原因となる。フッキングを入れる際には動画で出てくるようにロッドのしなりや糸ふけの量なども考えて大きく、力強くフッキングを入れることでバラシを減らすことができる。

↓登場する釣り用語

ポンピングはバラシの原因になりやすい

ポンピングとはシーバスとのやり取りをする際の動作のことで、ロッドを立ててシーバスを寄せ、ロッドを倒しながら余ったラインを回収するやり取りの方法だ。しかしうまくできないとロッドを倒した際にラインテンションが緩みバラシの原因となる。

そのためクレーン巻きやゴリ巻きなどと呼ばれる、ロッドの角度を一定に保ったまま、魚の動きに合わせリールを巻いたり止めたりする方法はラインテンションを一定に保ちやすいためバラシにくい。
近年はリールやロッドの性能も上がったためランカーサイズのシーバスでもゴリ巻きなどでも十分寄せることができる。

もちろん、ポンピングはゴリ巻きなどよりも魚を浮かせやすいため、ラインが根に当たりしそうな場所では有効となってくる。
しかしそうではない根の少ないサーフや障害物の少ない港湾などでやり取りする際は、無意味なポンピングでバラシを増やしてしまうこともある。もしやり取りの最中にバラシが多いようであれば、ポンピングが原因の可能性もあるので、ゴリ巻きなどに切り替えてみてはどうだろうか。

↓登場する釣り用語

ラインテンションをしっかりと張ることでバラシは減らせる

バラシの中でも最も多い原因がラインテンションの緩みだ。ラインテンションが緩んでしまうとシーバスの動きに合わせてフックが動いてしまうため外れやすくなる。そうならないためにも常に張り続ける必要があるのだが、ラインをしっかりと張っているつもりでも意外と多くのアングラーがそのテンションが足りていないことが多い。
先程の動画でも出てくるように、ロッドがしなっていてもフックまでは意外とその力が伝わっていない。

そうならないためにもロッドの手元に近い部分であるバット(または中間部分のベリー)と呼ばれる箇所からしっかりとロッドを曲げ、やり取りをすることでラインテンションを常に張り続けることが可能となる。

↓登場する釣り用語

口切れや身切れが原因によるバラシ

上記の逆のパターンによるバラシもある。強引すぎるやり取りはシーバスの口切れ・身切れを起こすためバラシの原因となる。
身切れとは強すぎるテンションによりフックが魚の身を裂いてしまい外れてしまうこと。また口切れとは身切れと同様に口にかかったフックが強すぎるテンションにより口を切って外れてしまうこと。
せっかくうまくフッキングしても強すぎるテンションでは魚の口や体が切れてしまいバラシの原因となるので注意が必要だ。

また、アングラーの中には一度フッキングした後に2度、3度とフッキングを追加する「追いアワセ」をする方も多い。追いアワセには賛否両論あるが、必要以上の追いアワセは口切れや身切れの原因となるので、多くとも2回または3回程度までに抑えるようにしよう。

↓登場する釣り用語

タックルやルアーでバラシを減らす方法

↓登場する釣り用語

ロッドが硬すぎる

硬すぎるロッドもバラシの原因となる。ロッドが硬すぎるとロッドがしっかりと曲がらずにラインテンションを張ることができない。
特に硬いロッドで小さいセイゴやフッコと呼ばれるサイズのシーバスがかかるとバラシやすい。

↓登場する釣り用語

ロッドが柔らか過ぎるのもバラシの原因となる

硬すぎるロッドとは反対に柔らか過ぎるロッドもバラシの原因となる。柔らかいロッドは「魚を制御できればバラシは減る」で記載したようにランカーシーバスなど大きな個体を制御することができない。また「フッキングをしっかりと入れてバラシを減らす」で記載したようにロッドが曲がっているように見えてフックまでその力が伝わっておらずフッキングできていないことが多くなる。

硬すぎるロッドと同様にシーバスに適したロッドを使用することで、そう言ったことが原因のバラシを減らすことができる。

↓登場する釣り用語

ドラグの調整が出来ていないことによるバラシ

タックルが原因のバラシはロッドだけではなく、リールが原因となることも多い。その代表的なのがドラグ調整だ。ドラグが硬すぎるためにシーバスの急激な走りに対応が出来ずにラインブレイクしてしまう、またはドラグが緩すぎるためにラインテンションまでも緩くなりバレてしまうことがある。つまりドラグ調整が出来ていないとバラシが増えてくる。

ドラグはロッドの硬さやラインの強度によって変える必要があるが、適切に調整することができればそう言ったバラシは減らすことが可能だ。

また、ファイト中にドラグを調整することも必要だ。例えばシーバスがかかった後に想定よりもドラグが強すぎると感じた場合には緩める必要があるし、緩すぎれば締める必要がある。やり取りの最中にもドラグ調整ができるようになればバラシを減らすことは可能だ。

↓登場する釣り用語

リーダーが短すぎる

リーダーは根などに触れることでメインラインであるPEラインが切れることを防ぐために取り付ける。しかし短すぎるとPEラインが根などにあたりラインブレイクしてしまう可能性が高くなる。
磯などはもちろんラインブレイクの原因となるストラクチャーが多い場所ではリーダーは長めにとろう。また牡蠣殻など特に切れやすいものが多い場所ではリーダーを太くすることでバラシを減らすことができる。

↓登場する釣り用語

小さなルアーでバラシを減らせる

小さいルアーはシーバスの口に入りやすいやすく、口の奥にかかりやすい。奥にかかれば口先にかかるだけよりも外れる可能性が減る。
ただし、ルアーが小さくなると標準装備されているフックのサイズも小さくなるため注意は必要だ。

↓登場する釣り用語

軽いルアーでバラシを減らせる

小さいルアーに加えて軽いルアーもバラシの軽減に繋がる。シーバスはルアーにバイトする際、ルアーはもちろんまわりの海水も一緒に吸い込む。この吸い込む際に比重の重いルアーではうまく口に吸い込まれず口先や口のまわりにかかってしまうことが多くなる。
軽いルアーを使用することで口の中にうまく吸い込まれしっかりと針掛かりをすることができる。

また、重いルアーはシーバスの抵抗に対してテコの原理が強くなるため外れやすくなる。

↓登場する釣り用語

ルアーのアクションやレンジが合っていないこともバラシの原因となる

シーバスは非常にセレクティブな魚だ。ルアーアクションやレンジが少し違うだけでまったく反応を示さないことも多い。仮に反応してくれてもしっかりとバイトしてくれない。この際、口のまわりに外がかりすることが多く、外がかりは非常にバレやすい。

外がかりが多く、バレやすいと感じる時にはルアーのアクションやレンジを変えることでしっかりとしたバイトをさせることができるのでバラシを減らすことできる。

↓登場する釣り用語

クローズゲイブのフックを使用する

フックにはオープンゲイブとストレートゲイブ、さらにクローズゲイブの3種類がある。その中でもクローズゲイブはフックの先が内側に向いているため、かかれば他のフックよりもバラシを減らしやすい。バーブと呼ばれるカエシの有無だけではなくクローズゲイブのフックを使用することでバラシをさらに減らすことが可能だ。

ルアーフックの基礎(種類・サイズ表・向き)

登場する釣り用語

  • アングラー・・・釣り人のこと
  • タックル・・・釣具一式のこと
  • フック・・・釣り針のこと。
  • ロッド・・・釣り竿の事
  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • サーフ・・・海岸のこと
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • レンジ・・・水深