RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

秋のシーバス攻略

最も釣りやすい秋のシーバス攻略

秋は夏のベイトであるイワシやサッパが続く地域も多いうえにサヨリやコノシロといったベイトも多くなる。また、落アユのシーズンでもあるためサーフや漁港、港湾はもちろんこと、河川などもベイトで溢れかえる。
さらにシーバスは冬の産卵にむけてベイトを荒食いしだすため1年のなかで最もシーバスが釣れやすい時期となる。

今回はそんな秋のシーバスゲームの基本的な攻略方法などをご紹介してく。

↓登場する釣り用語

秋のシーバス攻略のポイント

↓登場する釣り用語

デイゲームもナイトゲームも釣れやすい

夏よりも水温が低下し、シーバスにとっては快適な環境となるためナイトゲームはもちろん日中のデイゲームでも釣れやすい。またベイトが多いため場所を選ばず釣れる可能性が高くなるためこれからシーバスゲームをやってみようと言う方にもおすすめの季節だ。

↓登場する釣り用語

台風直後はベイトの居場所を特定しやすい

秋といえば台風。台風が接近している間は釣りをすることが難しいが、通過したあとは晴天が続くことも多くアングラー側にとっては釣りをしやすい。
また、晴天でも台風の影響で海が荒れていることも多いため、イワシやサヨリといったベイトが漁港内にとどまることが多く、シーバスも漁港内に多く入ってくる。
また、河川などでは雨による増水の影響で流れの勢いが増すため、ベイトもワンドなど流れの緩やかな所に多く集まりやすくベイトの居場所、つまりはシーバスの居場所を特定しやすくなる。

↓登場する釣り用語

秋の代表的なシーズナルパターンの落ちアユ

秋のシーバスと言えば落ちアユ。河川の中流または下流付近で産卵を終えたアユがその一生を終え弱っていく。その下流方向へ落ちていくアユをシーバスが偏食するのが落ちアユパターン。
大きいものは30cm前後まで成長するためシーバスにとっては体力をつけるためのベイトとしては申し分ない。また本来は追い回したりしなければならないアユも流れに逆らえないほど弱っているため流れのヨレなどで待っているだけで捕食できる。

アユのいる河川に限られてしまうが秋の代表的なパターンとなる

落ちアユパターンのシーバス攻略

↓登場する釣り用語

コノシロパターンにもなりやすい

港湾や河口などではコノシロパターンとなることも少なくない。コノシロパターンの本番は冬だが地域や時期によっては秋からコノシロパターンとなることも少ない。
コノシロは落ちアユよりもサイズが一回り大きい。そのためコノシロの群れについているのはコノシロを捕食できる大型のシーバスであることも事も多く、ランカーシーバスやメーターシーバスも夢ではない。

コノシロパターンのシーバス攻略

↓登場する釣り用語

秋は比較的大きなルアーに反応が良くなる

上記の落ちアユやコノシロ以外にも春には数センチだったハク(ボラの稚魚)も秋頃には20cm前後まで成長している。
そのためシーバスも大きなルアーへ良い反応を示すことが多くなる。

だからと言って大きなルアーだけを投げていれば釣れるという訳でもない。イワシが多いポイントでは10cm前後のルアーに反応が良いことが多いし、サヨリが多ければ細身のシルエットのルアーに反応が良くなりやすい。

その時いるベイトのサイズに合わせることが基本となるが、大型のルアーへの反応がよくなることは間違えないので必ずタックルボックスに大型のルアーも1つは入れておこう。

↓登場する釣り用語

遠投できるルアーで釣果がアップ

様々なベイトが接岸する秋はナブラやボイルと言ったシーバスアングラーが興奮するようなイベントが起きやすい。
しかし、いくらナブラやボイルが起きても届かなれば釣れることは少ない。
そのため遠投できるルアーを必ず1つはタックルボックスに入れておこう。

飛距離の出やすいヘビーシンキングミノーやシンキングペンシルはもちろんのこと、メタルジグなども非常に有効なルアーとなる。

↓登場する釣り用語

様々なルアーに反応しやすい秋

シーバスが捕食モードに入っているためバイブレーションやミノーはもちろんトップウォーターやシンキングペンシル、ワームなど様々なルアーに反応しやすい。

そのため数やサイズを求めるのも1つの方法だが、様々なルアーを試す良い機会でもある。普段偏りがちになってしまうルアーローテーションもこれを気に色々と試すことで自分にはなかった新しいローテーションが生まれるかもしれない。

さらにルアーの形状だけでなく普段と違ったカラーも試すことでさらに釣りの幅は広がってくる。

もちろん、それでも釣れないルアーが見つかることもある。それはそれで釣れないルアーとして確固たる地位を築くことができる。

↓登場する釣り用語

ビックベイトが使える時期になる

落ちアユやコノシロと言った比較的大型のベイトを補食しだすためビックベイトが使用できるようになるも秋からだ。ビックベイトはその大きさから魚へのアピール力が高いことはもちろん、他のルアーが全て小さく見えるため「ビックベイトで釣れた」と言った他のルアーでは味わうことのできない喜びも得られる。

↓登場する釣り用語

秋はベイトの存在を探すことが一番の釣果UP

夏や冬に比べ秋は気温、水温共に変化しやすい時期でもある。北風が吹けば下がりやすいし、南風が吹けば上がりやすい。そのためベイトが動きやすく、昨日までベイトで溢れかえっていたポイントが今日になったら1匹もいなくなってしまったなんてことも珍しくはない。
もちろん、閉鎖的な空間である河川や水温の安定している港湾などではそう言ったことは少ないが漁港やサーフでも大いにありえる。

ベイトが移動すればシーバスもベイトの群れを追って大きく移動する。そのためベイトの群れをいかに探すかが釣果アップの鍵となる。

寒い時はこのポイントが釣れる、暖かい日はこのポイントにシーバスが多く回遊してくるなどランガンしながらそう言った自分の釣り場のデータをとっていくことで、自分の必勝パターンもできやすい。

↓登場する釣り用語

ベイトを探すなら鳥の動きが重要

ベイトが岸際の水面にいれば誰でも見つけることができるが、沖を回遊していることも多いため、鳥の動きも重要となってくる。鳥山ができていればその下にはベイトが必ずいるし、鳥が数話で空中を旋回していれば、水面まで浮いていなくてもその下にはベイトがいる可能性は高い。
そう言った鳥の下にはシーバスはもちろん、青物などのフィッシュイーターがいるため釣れる可能性は非常に高い。

また河川などではサギなどがいる場所には落ち鮎やハヤなどがいる可能性が高いのでシーバスもついている可能性が高い。

↓登場する釣り用語

偏光レンズのサングラスが必須

太陽の光が水面にあたるとギラつき見えにくくなるが、それを抑えてくれるのが偏光レンズ。ギラつきを抑えることでベイトの有無はもちろん、ベイトの種類やサイズなども正確に把握しやすくなるため、シーバス攻略の鍵となる。
また、夏ほどではないにしろ乱反射した日光や紫外線を長時間目に当て続けることは目の疲れに繋がる。

夢中になってしまいそう言った光を長時間浴び続けるとしばらく目が開けられなくなってしまうこともあるため偏光レンズ付きのサングラスがおすすめだ。

↓登場する釣り用語

秋のシーズナルパターン

イナッコパターンのシーバス攻略

イワシパターンのシーバス攻略

コノシロパターンのシーバス攻略

サヨリパターンのシーバス攻略

落ちアユパターンのシーバス攻略

↓登場する釣り用語

季節ごとのシーバス攻略

春のシーバス攻略

夏のシーバス攻略

秋のシーバス攻略

冬のシーバス攻略

登場する釣り用語

  • サーフ・・・海岸のこと
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • タックル・・・釣具一式のこと
  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • 鳥山・・・鳥が群れて水面近くにいる魚を捕食している状態のこと