RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

秋のヒラスズキ攻略

秋のヒラスズキ攻略

ハイシーズンの秋のヒラスズキ攻略

ヒラスズキと言えば冬のイメージが強い方も多いはず。しかし秋は春同様にヒラスズキが釣れやすい時期となる。
秋は冬の産卵に絡んだ大型のヒラスズキが釣れる可能性もあるためランカーはもちろん、運が良ければメーター級の大物も夢ではない。

ここでは秋のヒラスズキ攻略の基本とシーズンの特徴などについて紹介していく。

↓登場する釣り用語

秋は産卵前の荒食いシーズン

冒頭でも記載したが秋は産卵前の荒食いのシーズン。
冬に産卵活動を行うヒラスズキは秋ごろからベイトを積極的に捕食する。そのため、数多くのヒラスズキが接岸してくるため冬とは違いショアからでも狙うことができる。

↓登場する釣り用語

秋はイワシやキビナゴなどのベイトが多数接岸する

秋はベイトが豊富になる時期だ。代表的なベイトであるイワシはもちろん、キビナゴやサッパなど様々なベイトが接岸する。
ベイトが接岸すれば荒食いをしたいヒラスズキも多数集まってくため、マズメはもちろん日中でもヒラスズキが釣れる可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

秋の台風前後のサラシを狙う

秋と言えば台風シーズン。発達した低気圧が近づくにつれ海が荒れるためヒラスズキ釣りにはかかせないサラシができる。もちろん台風が直撃すれば海が荒れすぎてしまい釣りどころではなくなってしまうが、台風の前後には良いサラシができることも多い。

↓登場する釣り用語

水温低下によりヒラスズキの活性が上がる

夏の高水温により接岸していなかったヒラスズキも秋になると水温が低下するため活性があがる。
ただし、秋になったからといってすぐに水温が低下する訳ではない。特に初秋はまだまだ日差しが強い日もあり、ヒラスズキが接岸してこないこともある。

そんな時はできるだけ潮通しの良い場所や水深のあるポイントを選ぶことでヒラスズキの釣果を伸ばすことができる。

↓登場する釣り用語

秋にヒラスズキの釣果を伸ばすならベイトのいる場所を探す

先程も記載したように秋はベイトが豊富にいる時期だ。そのためヒラスズキが釣れやすい。しかしベイトのいる場所を知っているかどうかで釣果は大きく変わってくる。
特に磯はサーフなどと違い台風などが通過した後でも地形が変化しないため、常に流れの変化が起きる場所も変わらない。
地形や流れに変化がなければ常にベイトがいる場所やヒラスズキがいる場所が一定になりやすい。

つまりベイトのつきやすいポイントを知っていれば、他のアングラーが釣れていないタフコンディションでも釣れる可能性が高くなるし、誰もが釣れている状況では他のアングラーよりも何匹も多くのヒラスズキを手にすることができるようになる。

普段からベイトの集まりやすい場所を覚えておくと秋に釣れるポイントが自然と見えてくる。また、自分が釣った場所や他のアングラーが釣った場所なども覚えておくとどんな状況であっても釣果を伸ばすことができる。

↓登場する釣り用語

秋はキビナゴやトウゴロウイワシがいるポイントであれば日中でもヒラスズキが狙える

秋の代表的なベイトであるイワシは夕マズメから夜にかけて接岸し、日の出と共に沖にでてプランクトンなどを捕食する。そのため日中には多くのイワシが沖にでると同時にヒラスズキも岸から離れてしまうが、キビナゴが多い地域では日中でもヒラスズキを狙うことができる。

キビナゴはヒラスズキ同様に関東から南の地域に生息するベイトだが、イワシほど大きくは回遊しないため、日中でも岸近くにいることが多く、キビナゴが多いポイントでは日中になってもヒラスズキが沖に出ず残っていることも多い。
また、キビナゴでなくてもトウゴロウイワシなどもカタクチイワシなど違い大きく回遊する魚ではないためトウゴロウイワシの多いポイントでもヒラスズキが日中に釣れる可能性が高い。

キビナゴにしろ、トウゴロウイワシにしろ、ベイトの集まっているポイントを見つけることができればマズメ以外でも爆釣する可能性が高くなる。

↓登場する釣り用語

日中にヒラスズキを狙うなら潮止まり前後

キビナゴやトウゴロウイワシがいるからと言って常に釣れる訳ではない。他の釣り同様に日中にヒラスズキを狙うのであればやはり潮止まり前後が狙い目となる。

潮は一日の内に3、4回、満潮と干潮を迎える。満潮と干潮は潮止まりと呼ばれ潮が動かないため釣れにくい。しかし潮止まりの前後、つまり満潮と干潮の前後である潮が動き出すタイミングと止まる寸前のタイミングはベイトの動きが活発になるためヒラスズキが釣れやすい時間帯となりやすい。
場合よっては何度キャストしてもアタリ一つなかったのに上記のタイミングになったら、爆釣することだってありえる。

正確な時間がある訳ではないが満潮と干潮になる2、3時間前後が釣れる可能性が高い。

↓登場する釣り用語

秋はとにかくランガン

春のヒラスズキ攻略」でも記載したがヒラスズキの活性が高い秋の時期はとにかくランガンした方が釣果を伸ばしやすい。

もともとヒラスズキはいれば数投以内に決着がつくことが多いため、粘っても釣果を伸ばすことは難しい。特に活性の高い時期は多少ポイントからずれてしまってもヒラスズキが遠くからルアーを追いかけバイトしてくるため、ポイントを丹念に攻めるよりも、次々に新しいポイントを攻めたほうが釣果を伸ばすことができる。

それには釣れるポイントを多数知っておく必要がある。
普段から自分の釣れたポイントだけでなく、他のアングラーが釣れたポイントなどを覚えておくと秋のハイシーズンに誰よりも多くのヒラスズキをキャッチすることができるはずだ。

↓登場する釣り用語

秋の落ちアユシーズンは河口にヒラスズキも集まる

シーバスマンなら誰も知っている落ちアユ。産卵を終えたアユがその一生を終えるに向かい徐々に弱り川の流れに逆らえず流されてくる。流されてくる落ちアユは遊泳力がないため捕食がしやすいだけでなく、ボリュームもあるため産卵のための体力をつけるにはもってこいのベイトになる。そのためマルスズキはもちろん普段は磯にいるヒラスズキも河口付近に集まってくる。
その年に水温などによっても変わるが概ね10月か11月ごろに落ちアユがピークを迎える。

↓登場する釣り用語

活性が高い秋はシャローにもヒラスズキが多数入ってくる

夏や冬などはディープエリアの攻略がカギとなるが秋は高活性なヒラスズキが多いためシャローにも多くの個体が入ってくる。
シャローエリアはベイトの逃げ道が少ないためヒラスズキにとって捕食しやすい場所となる。シャローエリアにあるサラシに絡んだカレント(離岸流)やスリットまわりにいることが多いのでそう言ったポイントにルアーを通してみよう。

ただし、海が比較的大きく荒れた時はシャローにヒラスズキが定位できないこともあり、ディープエリアを攻略した方が釣果を得やすい時もある。

↓登場する釣り用語

濁りが多い場所や切れ藻の多い場所は避ける

ヒラスズキは濁りを嫌う傾向ある。特に磯にいるヒラスズキは濁りあるだけで接岸しなかったり、いても口を使わないことが多い。
特に海底の砂が巻き上げられて濁る底荒れと呼ばれる現象が起きればヒラスズキを手にすることは難しい。濁り出ている場合には濁りのない、または少ないポイントに移動した方がヒラスズキが釣れる可能性は高くなる。

また、秋は台風シーズンと言うこともあり、切れ藻と呼ばれる切れた海藻が海に漂っている日も多い。そう言った切れもが多い場所もヒラスズキは好まない。もちろん絶対に釣れないというわけではないが、ヒラスズキは潮通しが良い場所を好むことからも切れ藻が溜まるような流れのない場所にはいることは少ない。
切れ藻が多い場合には濁り同様に別のポイントへ移動したほうが無難だ。

↓登場する釣り用語

季節別のヒラスズキ攻略

春のヒラスズキ攻略

夏のヒラスズキ攻略

秋のヒラスズキ攻略

冬のヒラスズキ攻略

登場する釣り用語

  • ショア・・・岸からの釣り
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • 潮通し・・・海水の流れのこと。海水の流れがある所を「潮通しが良い」という
  • サーフ・・・海岸のこと
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • バイト・・・ルアーなどに魚が食いついてくること
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。