RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

冬にアオリイカをエギングで釣る方法

冬のアオリイカのエギング攻略法

適水温が15℃前後であるアオリイカは冬の低水温期になると多くが深場へと移動してしまう。そのためティップランなど冬はボードエギングが人気となりやすいが、ショアからでも狙うことは十分可能だ。

また、1年の中で数は最も出にくくなるものの、秋の子イカシーズンとは違い冬は釣れれば大型のアオリイカである可能性が高い。

今回はそんな冬のアオリイカをショアから攻略していく方法について紹介していく。

↓登場する釣り用語

冬はディープエリアがアオリイカ攻略の基本

冒頭でも記載した様に冬になると多くのアオリイカが沖の深場へと移動してしまう。もちろん九州や四国など一部の地域では冬でも水温が15℃を下回らない場所も多く、そういった場所ではシャローエリアでもアオリイカを狙うことができるが、そうでない地方ではディープエリアを攻めることでショアからでもアオリイカ狙うことができる。

特に何メートル以上あれば良いと言った明確な基準がある訳ではないが、できるだけ深場があるエギングポイントに入るようにしよう。また、地域によってはそう言った深場がないこともある。そう言った時は深場に隣接するシャローエリアや少しでも水深のある場所に入ることで活性が高い個体を狙っていくことができる。

↓登場する釣り用語

日中よりもナイトゲームが主体になる冬のエギング

アオリイカは魚などよりも水分量が多い。そのため低水温の影響を魚以上に受けやすいと言われており、冬はアオリイカの動きが鈍くなる。
動きが鈍くなれば日中に動き回るとその他のフィッシュイーターに食べられてしまうことが多くなる。また、餌を取ろうとしても魚に追いつけないことも多くなりやすい。

そのため冬のアオリイカは外敵が少なくなり、餌となる小魚に気づかれずに近づける夜に捕食することが多くなる。もともと夜の方が活発的に餌を捕食する傾向にあるが、冬はさらにその傾向が強くなる。
つまり冬にアオリイカを攻略するなら日中のデイゲームよりもナイトゲームを主体とした方が釣果に結びつきやすい。
もちろん活性の高い個体がいれば日中でも狙うことは可能だが、夜の方が圧倒的に釣れやすいことは確かだ。

↓登場する釣り用語

冬こそ朝マズメ・夕マズメは外せない

朝マズメや夕マズメはアオリイカの活性が最も高くなる時間帯。アオリイカを含むフィッシュイーターに襲われるのを避けるため漁港内や浅瀬に避難していたベイトが朝マズメになるとプランクトンなどを求め一斉に沖に出るために動き回る。そして夕マズメは再び襲われないようにシャローエリアなどに避難してくる。そのため冬に限らず朝マズメや夕マズメはアオリイカがベイトを求め動き出す。
特に夜間をメインに捕食活動を行うアオリイカが朝マズメにシャローエリアに残っている事もある。

冬こそマズメの時間帯を逃さずに釣りをすることで安定した釣果を期待することができる。

↓登場する釣り用語

スローアクションが冬の低活性なアオリイカには効果的

エギングと言えばシャンシャンシャンとリズミカルな激しいシャクリでエギを動かすイメージが強いと思うが、冬はあまり激しく動かすよりもスローなアクションが有効となりやすい。
もちろん、エギが動かならければアオリイカを誘うことができないため適度なシャクリ加減が必要となるが、活性が下がることによって激しい動きについていけないことも多く、春や秋などと比べるとスローであまり激しく動かさないシャクリの方がアオリイカが追ってきやすい。また、シャクリの回数も春や秋などよりも減らしたほうがエギの移動距離が減るため追ってきやすい。

ただし、単にスローなシャクリを繰り返してしまうとアピール力が足らずアオリイカを寄せることができない。その分様々なバリエーションのシャクリを織り交ぜながら誘うことでアオリイカをスレさせず寄せてくることができる。

エギングの10のシャクリ方とやり方のコツ

↓登場する釣り用語

水温変化が安定している日は冬でもアオリイカは釣れやすい

冬の低水温はアオリイカの活性を下げるが、激しい水温変化もアオリイカの活性を下げる要因になる。そのため適水温以上であっても日毎に水温が大きく変化する日が続くような場合よりも、適水温以下でも大きく変化せず安定している日が続いた方が活性の高いアオリイカが出てくる可能性が高くなりやすい。

海水温は様々な要素によって変化するが気温の変化によることが大きい。気温が大きく変化しない日が続くような場合には冬でもアオリイカが釣れる可能性が高くなる。

さらに晴れやくもりなど天気の変化しない日が重なると水温変化も小さくなりやすいので釣れる可能性はさらに高くなる。

↓登場する釣り用語

3.5号のディープタイプか4号サイズでのエギングが基本

先程も記載したように冬はディープエリアを狙うことでアオリイカを釣ることができる。その為少しでも遠投し沖の深場を探りやすい4号サイズなどの大きめのエギが有効となりやすい。

しかしエギが大きくなれば反応を示しやすいアオリイカも必然的に大きいものに限定されやすくなってしまう。また、エギンガーの中にはあまり大きなエギを好まない方もいるだろう。そう言った方でも標準的に使われることの多い3.5号サイズのディープタイプをメインに使用することで遠投しつつ沖の深場を探ることができる。

↓登場する釣り用語

ボトム付近を攻めるのが冬のエギング攻略の基本

もともと大型の個体は秋の子イカのように表層付近まで出てくることは少ない。そのためボトム付近を攻めることで効率よく探ることができるのだが、冬は低活性であるためよりボトムにいる可能性が高くなる。

攻め方は人それぞれだが、ボトムからあまり離さない方が冬は攻略しやすい。
そのため基本的にはボトムから2m程度までにシャクリ幅を抑えたほうが良いことも多い。もちろん冬でも活性が高ければボトムから3m、4mと言ったシャクリ幅に変えても追ってくることもあるが基本的にはボトムからあまり離さない方が釣果を得やすい。

↓登場する釣り用語

ボトムステイを長く取り入れるのも冬のエギング攻略のカギ

エギは見ての通りエビや小魚などをイメージし作られている。そしてアオリイカはエギがフォールしている最中かボトムについた瞬間に抱きついてくる。アオリイカがエギに抱きつく瞬間を見たことがある方ならご存知かもしれないが、アオリイカは意外と泳ぐスピードが早い。しかし冬の低水温は上記で記載したようにアオリイカの動きを遅くしてしまう。そのため追ってきても普段のように早くエギに追いつくことができずフォール中に抱くことができない。

できるだけ長めにボトムにステイさせることでエギを追ってきたアオリイカにエギを抱かせる間を持たせることができる。

何分と言ったステイの時間に決まりはないが、活性が低そうであればより長く、活性が高ければ短めにするのが基本だ。
特に長くステイさせる方は5分、10分とロングステイさせる方もいる。

↓登場する釣り用語

冬こそフォール姿勢に注意が必要

エギングで最も重要と言えるのがフォール姿勢。どんなにうまくシャクってもフォール姿勢が悪いとアオリイカはエギを抱いてくれず釣り上げることはできない。
エギが前のめりなる姿勢が最もアオリイカが抱いてくれる可能性が高く、その次に可能性が高いのが水辺姿勢でのフォールになる。
そして最も釣れないのは頭が上がった状態でのフォール。

特に冬はプランクトンなどの減少で濁りがなくなり、透明度が高くなることからアオリイカの水中の視認性が高くなる。そのためデイゲーム、ナイトゲーム共にフォール姿勢がより重要となってくることが多い。

フォール姿勢は季節を問わず注意すべき点だが、冬こそさらに姿勢に注意が必要だ。

↓登場する釣り用語

トレースコースを細かく変えると抱いてくることがある

ルアーフィッシング全般に言えることだが、同じポイントを攻める場合でもトレースコースを少し変えただけで魚からの反応が変わることがある。
それはエギングでも同じ事が言える。

同じシモリ(海底の岩)に対して何度キャストしても反応がなかったのに、アングラーの立ち位置を少し変えトレースコースが変わっただけで反応してくることがある。
アオリイカに限らずフィッシュイーターは捕食範囲にルアーが通るだけでなく、自分の捕食しやすい方向から餌が泳いでくると捕食すると言われている。
もちろん高活性の時は捕食範囲が広がるだけでなく方向も気にせず反応してくるが、冬の低活性はさらに範囲を狭め、通る方向をシビアに選んでいる。

同じポイントで粘るにしてもキャストごとの少しずつ立ち位置を変えトレースコースを変えることも冬の釣り方の1つだ。

↓登場する釣り用語

その他の季節のエギング攻略法

春にアオリイカをエギングで釣る方法

夏にアオリイカをエギングで釣る方法

秋に大型アオリイカをエギングで釣る方法

秋のアオリイカの数釣りの方法

冬にアオリイカをエギングで釣る方法

登場する釣り用語

  • ショア・・・岸からの釣り
  • ポイント・・・魚のいる場所。または釣り場のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。