RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

数釣りエギングで秋のアオリイカを攻略

秋のエギングはアオリイカの数釣りシーズン

秋はアオリイカのハイシーズンだ。ただし春の大型狙いとは異なり数釣りが楽しめるシーズンとなる。特に秋は初めてエギングをするには最適なシーズンと言われており、初めての方でもうまくすればサイズは小さいものの2桁釣果が望める時期だ。
もちろん大型のアオリイカを狙うこともできるが、それは「秋に大型アオリイカをエギングで釣る方法」に記載があるので別途閲覧していただきたい。
ここでは秋のアオリイカである子イカの攻略法として数を狙った釣り方の基本について紹介していく。

↓登場する釣り用語

秋のアオリイカは表層にいる

秋のアオリイカと言えば今年生まれたばかりの新子と呼ばれる子イカ。春に生まれた子イカは秋になるとエギを抱けるほどに成長する。また、その数もまだ多く表層付近にいることが多い。
そのため、秋の子イカを狙うのであれば、エギをボトムまで落とさず、表層をメインに落としても中層までにするのが基本だ。

↓登場する釣り用語

漁港内など流れの緩やかな場所に秋のアオリイカは多い

子イカは体が小さいため遊泳力が乏しい。そのため、外洋のような潮の流れの早い場所に出ていくことは少なく、漁港内など潮の流れが比較的緩やかな場所に群れをなして泳いでいることが多い。
特に漁港内などでは表層付近に数十匹で群れを作り泳いでいる光景を目にすることが多い。秋のアオリイカを釣るのであれば外洋に面した漁港内の堤防よりも船を係留しているような内側にいることが多い。
また、漁港だけでなく磯などにも子イカは多数いる。ただし、こちらも流れの早い場所ではなく、ワンド内など流れの緩やかなシャローエリアにいることが多い。

↓登場する釣り用語

護岸際やテトラ、根まわりに子イカはいる

秋の子イカは食物連鎖の生態ピラミッド内の底辺に近い存在である。そのため、フィッシュイーターであるものの多くの魚の餌ともなる。
そんな小さなアオリイカは身を守るため群れで護岸際やテトラといった場所に隠れ、磯などでは根と呼ばれる岩の影に隠れている。もちろん餌を求め漁港内や磯のワンド内を回遊することもあるが、見当たらない場合にはそう言った物陰に隠れていることが多いので、ストラクチャーの際にエギを通すと飛び出してくることが多い。

↓登場する釣り用語

サイトで釣れるのが秋のエギングの面白さ

サイトフィッシングとは見えるアオリイカを釣ること。アオリイカは警戒心が強く賢いためなかなかサイトで見つけても釣れないことが多い。
しかし秋の子イカはまだ警戒心が低く、襲われたり釣られた経験がない、または少ないため見える位置にいることが多く、アングラーに見られていてもエギに反応を示すことが多い。
そのためアオリイカがエギを追う瞬間から抱きつく瞬間まで見ながら釣ることができる。

上記の内容に反してしまうかもしれないが、秋は見える子イカを探すのも一つの方法だ。1つの漁港内はもちろん、その他の漁港をランガンしながら見える子イカを探すことで簡単に釣ることができる。

↓登場する釣り用語

足元まできっちりと探るのが秋の攻略の基本

上記でも記載したように小さいアオリイカは警戒心が低い。むしろ警戒心よりも好奇心の方が強くエギなどに興味を示すことが多い。そのため、沖からアングラーのいる足元までエギを追いかけてくることが多い。

エギが足元にきたからと言ってすぐにはピックアップせず、アオリイカが追ってきていないかを必ずチェックするようにしよう。

↓登場する釣り用語

エギを追っても抱かないアオリイカには焦らすのが効果的

好奇心が強い秋のアオリイカは足元までエギを追ってきても食わないことが多い。エギに近づいては離れ、離れては近づきエギを抱きそうなのに抱かないと言ったこともしばしばある。

そんな時は、エギに近づき抱こうとした瞬間にシャクリ上げエギが逃げるかのようにすると簡単に抱いてくることが多い。
アオリイカは大型も含め逃げる物に対して追いかけ抱く習性がある。足元まできたら抱かせようとするのではなく、あえて抱かせず一旦焦らすことで簡単に抱いてくることがある。

↓登場する釣り用語

それでも抱かない場合はエギのカラーやサイズを変える

どんなに焦らしても抱いてこない時はエギのカラーやサイズを変えてやると抱きやすい。

カラーを変える時は近い色を入れるのも良いが反対の色を入れると良い。また、サイズを変える時も大きなものに変えるより小さいエギに変えたほうが良い反応を示しやすい。

追ってきても抱かないアオリイカがいる場合にはエギを素早く変更し攻略してみよう。

↓登場する釣り用語

秋は2.5号エギが基本サイズ

子イカで数釣りをするのであれば小さいサイズのエギが基本となる。一般的には2.5号程度が使われることが多い。
もちろん3号や4号と言った大きなサイズにも反応を示す個体もいるが、より多くの数を釣るのであればアオリイカのサイズに合わせてやるとより良い釣果が期待できる。

↓登場する釣り用語

見えない時は大型のエギでアオリイカを誘う

小さいサイズのエギのデメリットと言えば飛距離が出にくいこと。サイズが小さくなると比重が軽くなるため遠投はしにくい。
手前にアオリイカがいてくれば良いが、いない時には岸から離れた場所にいる可能性もある。

そんな時は3号や3.5号と言った大きなサイズで手前まで寄せてくるのが有効な攻略法だ。大きく重いエギで遠投し、手前まで子イカを寄せたら素早く小さいエギに変更し釣り上げる。もちろん3号など大きなエギをそのまま抱いてくればそのまま釣り上げれば良い。
手前にいない場合のことも考えて必ず1つは大きく遠投できるエギを持っていこう。

↓登場する釣り用語

晩秋になれば持ち帰るサイズのアオリイカが増えてくる

早秋の頃は赤ちゃんの手のひらサイズだったアオリイカも晩秋なると成人男性の手よりも大きくなっている。特に早く生まれた個体はキロ近くまで成長していることもある。
そう言った比較的大きくなった個体が見えるようになったらエギのサイズを2.5号よりも1つ大きい3号または3.5号をメインに使用しよう。
うまくすれば誰が見ても持ち帰るサイズのアオリイカが釣れるようになる。

↓登場する釣り用語

日中のデイゲームでアオリイカが釣れる秋

攻略とは少し話がそれてしまうが、アオリイカは大型になると警戒心が強くなるため日中でも狙って釣ることはできるが、ナイトゲームに比べてその難易度は高くなる。
しかし好奇心旺盛な子イカは日中でも積極的にエギを追ってくる。
冒頭でも記載したように秋は初めての人におすすめシーズンと言われるのは日中に釣れることも大きな要因となる。

日中にエギングを行うことでエギの動きを確認できることはもちろん、アオリイカがどのようにエギを追い、どのように抱き、どのようにカンナ(エギについたフック)にかかるのかを見ることができる。そう言った一連の流れを目にすることでボトムを攻める場合や沖を攻める場合などもエギやアオリイカの動きをイメージしながら誘えるようになるため、楽しいだけでなくエギングのスキルアップにつながりやすい。

↓登場する釣り用語

新しいエギを試すのも秋は良い

エギングに限らずどんなルアーフィッシングでも言えることだが、ある程度釣りをしてくると好みの色が偏ってくる。一旦偏ってしまうと好みの色を中心に使うようになってしまうため、使わない色は持っているだけで出番がなくなってくる。

もちろん、好みのエギで釣りたいと言った考えであればそのままで良いがどんな状況でも釣っていきたいという方には新しいカラーを試すのには秋は良いシーズンだ。

好奇心旺盛な秋の子イカで普段使用しないカラーを試し釣れる実績を作ることで、春などその他のシーズンでも自身を持って新たなカラーを使用していける。新たなカラーが使えるようになれば釣り方の幅は広がるし、渋い状況にも対応していくことができる。

また、カラーだけでなく、メーカーやブランド、さらにはラトルの有無など様々なエギを使用することで今まで使っていなかったエギを使用した自分なりの新たな攻略法が見つかるかもしれない。

↓登場する釣り用語

その他の季節のエギング攻略法

春にアオリイカをエギングで釣る方法

夏にアオリイカをエギングで釣る方法

秋に大型アオリイカをエギングで釣る方法

秋のアオリイカの数釣りの方法

冬にアオリイカをエギングで釣る方法

登場する釣り用語

  • ボトム・・・湖沼、池、海、河川などの底のこと。
  • フィッシュイーター・・・魚を食べる魚のこと
  • ストラクチャー・・・障害物のこと。ストラクチャー岩の場合もあれば木などのこともある
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ランガン・・・次から次へと移動しながら釣りをするスタイルのこと
  • 数釣り・・・魚のサイズではなく数をたくさん釣る釣りのこと
  • ナイトゲーム・・・夜釣り
  • フック・・・釣り針のこと。
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。