RUNGUN(ランガン)
  • RUNGUNとは
  • facebook
  • twitter

ランディングネット(タモ網)の使い方

ランディングネット(タモ網)の使い方

バラさないためのランディングネット(タモ網)の正しい使い方

かかった魚が小さければそのまま抜き上げる事も可能だが、大きい場合には無理に向きあげるとラインブレイク(ラインが切れてしまうこと)してしまう可能性がでてくる。

そんな時に便利なのがランディングネット。
タモ網などとも呼ばれるランディングネット(タモ網)は大きな魚を無理なくランディングすることができるだけでなく、バラシの軽減にも繋がる。

また、リリースする際も足場が高ければ投げ落とす形になってしまうが、ランディングネットがあればネットに入れてそっとリリースすることもできるので魚へのダメージを軽減することができる。

今回はそんなランディングネットの正しい使い方について紹介していく。
シーバスやブラックバスはもちろん、メジナやチヌ、ヒラメなど魚種を問わず使い方は同じなうえに、ウェーディングと呼ばれる半分水に使った状態での釣りでランディングネットを使う場合も基本的な使い方は変わらないので参考にしていただければと思う。

↓登場する釣り用語

魚の頭からランディングネットに入れる

ランディングネット(タモ網)で最もバレる確率が高いのがネットに入れる瞬間だ。そんなバラシを軽減させるためにも魚を掬う際には必ず頭からネットに取り込もう。

魚を尾びれから取り込もうとすると、ネットや枠が魚に当たることで驚いて泳ぎだすことも多いためネットで取り込むことができない。一方、頭から取り込むことで簡単に取り込むことができるうえに、驚いて泳ぎ出してもネットの奥へと魚の方から入ってくれる。

ちなみに魚の多くは後ろ方向にも泳ぐことができるが、後ずさり程度で逃げられるほど速くは泳ぐことができないのでランディングネットを使う際は必ず頭から取り込むようにしよう。

↓登場する釣り用語

ネットの中央に入れる

ランディングネット(タモ網)の奥へと魚を入れるためにもネットの中央で掬うのが正しい使い方だ。
中央から入れないと魚の背びれなどがネットに絡まりネットの奥まで入らない。そうなるとせっかく取り込んだ魚が暴れネットから飛び出してしまうことも多い。

特にルアーフィッシングでは、魚がネットに入る前にルアーのフックがネットに絡んでしまい、ネットに入れることも仕切り直すこともできなくなり、最悪の場合にはそれが原因でバレてしまうことも多い。

ネットの中央から魚を取り込むことでそう言った現象を減らすことができる。

↓登場する釣り用語

魚を十分に弱らせてから取り込む

大物がかかったらできる限り早くネットで取り込みたいと多くのアングラーが思うはず。しかしバラシを減らすためにもネットで掬う前に十分に魚の体力を奪い弱らせてからネットで取り込もう。

魚が元気なうちに取り込もうとすると、先程紹介したようにルアーのフックがネットに絡んでしまいバラシの原因に繋がる。特にブラックバスやシーバスと言った魚は頭を大きく左右に振るため、元気なうちに取り込もうとするとネットにフックが絡みやすい。

魚の多くは体力がなくなると水面で横たわったり、腹を上にすることが多い。ランディングネットで掬う際には魚がそのような状態になり大人しくなってから掬うようにしよう。

↓登場する釣り用語

流れの下流側にランディングネットを入れる

冒頭で紹介した「魚の頭からランディングネットに入れる」と同じくらい基本的な使い方となるのが流れの下流側にネットに入れ、魚を上流から誘導し掬うことだ。

流れに魚を乗せることで魚を誘導しやすいだけでなく、上流側にネットを入れてしまうと流れによってネットが裏返しになってしまうこともある。
河川や河口など川の流れがしっかりとあるような場所はもちろん、漁港や沖堤防などでも潮の流れが必ずあるので魚を取り込む際は上流側から魚を誘導し下流側で掬うようにしよう。

↓登場する釣り用語

ランディングネットは動かさない

はじめてランディングネット(タモ網)を使う方の多くが、ネットを動かし魚を掬おうとしてしまうがこれは間違った使い方。

ランディングはアングラーと近ければ近いほど取り込みやすくなるため、ミスも少なくなる。また、ネット部分が水の抵抗を受けるため水中でネットを動かそうとしても重く片手ではうまく操作することができない。

ランディングネットで魚を掬うのではなく、魚をロッド操作で誘導しランディングネットで受けるように掬うことで、無理なく取り込むことが可能なる。

↓登場する釣り用語

できるだけ低い位置で取り込む

堤防や磯などによっては足場の高い場所からランディングネット(タモ網)を使用すること多いとは思う。しかし可能であれば、できるだけ水面に近く足場の低い位置に移動してから取り込むのもランディングネットの正しい使い方の1つだ。

足場が高ければ高いほど、操作性が悪くなるため失敗する可能性も高くなる。堤防などであれば一段低くなっている場所があれば低い位置に移動することで操作性良く簡単に取り込むことが可能になる。

↓登場する釣り用語

取り込む直前にシャフト(柄)を伸ばす

すでにランディングネット(タモ網)を使用したことがある方の中には経験したことがある方も多いと思うが、魚は一旦水面に浮上した後に再度抵抗し潜ってしまうことも多い。そのため先にシャフトを伸ばしてしまうと伸びたランディングネットを持ったまま魚とやり取りをしなければならなくなってしまう。
もちろん十分に弱ったと思ったのに再度潜ってしまいやり取りをし直すこともあるが、取り込む直前にシャフトを伸ばすことでそう言ったことを少なくすることができる。

↓登場する釣り用語

魚がランディングネット内に入ったらラインを緩めよう

魚がランディングネット(タモ網)の中に入ったにも関わらずいつまでもラインテンションを張ったままにしておくと魚がテンションを利用して呼び出してしまうことがある。
魚のサイズやネットの大きさにもよるが、魚の半分以上がネットに入ったらラインテンションを緩めることでそういったことも起きなくなる。
また、魚は弱って横たわった状態になってもゆっくりと尾びれなどを動かしているため、テンションを緩めることでむしろ魚の方からネットの奥へとスムーズに入ってきてくれる。

↓登場する釣り用語

仕切り直しも重要

取り込もうと思った魚が再度暴れだしたら落ち着いて仕切り直そう。暴れだした魚を無理に取り込もうとしてもうまくいかないことが多い。また、何度も記載しているようにルアーなどがネットに絡むといったミスも多くなる。
魚が再度暴れたら再度ランディングネットを地面に置き直すぐらい落ち着いて、仕切り直し再度魚を弱らせてから取り込むようにしよう。

↓登場する釣り用語

真上に引き抜く

小さい魚をロッドで抜き上げるようにランディングネット(タモ網)で救った魚を抜き上げてしまうと魚の重さと濡れたネットの重さで簡単にシャフト(柄)が折れてしまう。

シャフトによって異なるが、基本的にシャフトの先端は細く、少し固めのロッド程度の強度しかないため間違った使い方をするとシャフトの先端部分が折れてしまうことが多い。

魚を無事ネットの中に収めることができたならば、シャフトがしならないようにシャフトの収納しながら垂直に取り込もう。

ランディングネットの選び方

登場する釣り用語

  • ライン・・・釣り糸のこと。
  • リリース・・・釣った魚をを再度放流すること
  • フック・・・釣り針のこと。
  • ルアー・・・魚などの形をした釣具のこと。
  • アングラー・・・釣り人のこと
  • ロッド・・・釣り竿の事